> 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
本ページは下記に移動しました。


本ブログの利用方法

プライバシーポリシー




2022/12/30 21:29 お知らせ TB(-) CM(0)
かなり古い問題。
歯科でも出る領域だろうか?
正答率は8割以下。

100G39

血管の構造で正しいのはどれか。

a 動脈壁は4層からなる。
b 動脈では外膜が最も厚い層である。
c 外膜は平滑筋細胞からなる。
d 中膜と外膜とは内弾性板で区切られている。
e 血管壁の内腔側は単層の内皮細胞からなる。


解答:MOREへ







2019/10/20 22:48 組織学 TB(-) CM(0)
前回の113回医師国試でも出た頸椎の偽痛風
いわゆる crowned dens syndrome (CDS)

113D40

本ブログでも、何回か扱っています。

外来で思いのほか、よく見かける。

ここ2年で、6例ほど経験した。
しかも、全例が70歳以上の女性であった。

通常の頸椎症だと思い、頸椎の単純写真しか撮られていないcaseが多いため、
CTを撮ればさらに多いのだろう。

70歳以上の高齢者で、誘因なく急に頸部痛が出現。
首を回すのもつらい。
初回のアセトアミノフェン投与で軽快しない。

などの症状がある場合は、頸椎CTを撮るべきだろう。

NSAIDsの投与のみで、痛みは劇的に軽快する。

20171009113453.png
CDSのCT像:crowned dens syndromeの見方 から

このCPPD沈着性関節炎は、
肩、膝、手関節、足関節にも生じえる。

前回の医師国試では頸椎が出たので、
今後は、足関節、手関節などの症例が出されるかも。

wrist CPPD
手関節の結晶誘発性関節炎 結晶誘発性関節炎



2019/10/17 18:50 整形外科 TB(-) CM(0)
台風19号は各地で被害を起こし、大変でした。
ということと、本ブログは関係ありませんが、
久々の記事up.

Congenital anomalies

humangenetics2019.blogspot.com/2018/12/congenital-anomalies.html から



出典:medu4:109B21


109B21

新生児期に死亡率が最も高い先天性疾患はどれか。

a 口蓋裂
b 頸部リンパ管腫
c 臍帯ヘルニア
d 尿道下裂
e 鎖肛



解答:MOREへ




2019/10/14 11:15 小児・発達 TB(-) CM(0)
よく出る眼底写真だが、この問題の正解率は低いようだ。


106D11

左眼底写真を別に示す。右眼も同様の所見を認める。
この疾患で認められる可能性が高いのはどれか。

出典:medu4:106D11

thumb_106D-11.jpg

a 夜盲
b 高眼圧
c 低血圧
d 視野異常
e 色覚障害


解答:MOREへ



2019/10/09 21:07 眼科 TB(-) CM(0)
何度も似た形で出ている問題

出典:medu4:107F22

107F22

2歳の女児。発熱、咳嗽および呼吸困難を主訴に来院した。
前日から発熱し、当日朝から咳嗽が出現した。
夕方から嗄声が出現した。
夜になって犬が吠えるような咳がみられるようになり、
呼吸が苦しそうだったため、母親に連れられて受診した。
意識は清明だが、顔色はやや不良である。呼吸数30/分。
軽度の陥没呼吸を認める。SpO2 94%(room air)。
胸部の聴診で聴取される可能性が最も高いのはどれか。

a 吸気性喘鳴
b 呼気性喘鳴
c 胸膜摩擦音
d fine crackles
e coarse crackles


解答:MOREへ



2019/10/06 14:54 小児・発達 TB(-) CM(0)

img6.jpg
320列CTによる冠動脈検査 関西ろうさい病院 から引用



出典:medu4:113D21

113D21
45歳の男性。膵腫瘍の精査のため来院した。
15年前から2型糖尿病で自宅近くの診療所で内服治療を受けている。
3か月前から急激に血糖コントロールが悪化したため腹部超音波検査を受けたところ、
膵腫瘍が認められ紹介受診となった。eGFR 48mL/分/1.73m2。

腹部造影CTを計画する際に検査前後数日間の休薬を検討すべき薬剤はどれか。

a DPP-4阻害薬
b SGLT2阻害薬
c ビグアナイド薬
d スルホニル尿素薬
e α-グルコシダーゼ阻害薬


解答:MOREへ


2019/10/01 17:31 代謝・内分泌 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: