スポンサーリンク お知らせ - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
問題演習には、PCサイトが便利です。

本ページは下記に移動しました。


本ブログの利用方法

プライバシーポリシー



スポンサーリンク




2030/12/30 21:29 お知らせ TB(-) CM(0)
内科専門医問題集が、最近刊行され、
アマゾンでもベストセラーの一つのようである。




この問題集の基本的コンセプトは、

MKSAP
(Medical Knowledge Self-Assessment Program)

のエッセンスを盛り込み、
編集しているようである。

20190327172921.jpg
画像:MKSAP 18について から


MKSAPとは、
米国アメリカ内科学会が3年毎に発行する、
自己学習用の内科学テキストと問題集


1967年に初版が発行されて以来、
内科各領域における知識を確認・
アップデートするための最良の
教材として、世界中で利用される
ベストセラーの教科書・問題集
だそうです。

独協医大の総合診療科などでも、
スタンダードな知識の習得には最適
ということで採用され、
研修医には好評な問題集のようです。

医学生には、少し難しいかもしれませんが、
挑戦してもいいかもしれません。





スポンサーサイト



2021/06/06 14:10 お知らせ TB(-) CM(0)
2021年度の専門医希望動向はまだですが、
2018年から2020年までの専門医採用動向は
以下のようです。

shin-senmon-youseisuu.png
表:GemMed:「内科専門医」と「総合診療専門医」のダブルボード取得を推進―日本専門医機構
より


スポンサーサイト





2020年度における希望が多い科の順位

1位:内科
2位:外科
3位:整形外科

4位:小児科
5位:精神科

6位:産婦人科
7位:麻酔科
8位:眼科
9位:泌尿器科
10位:皮膚科

11位:救急科
12位:耳鼻科
13位:脳外科、放射線科
15位:総合診療
16位:形成外科
17位:病理
18位:リハビリ科
19位:臨床検査

という傾向のようです。

内科の新専門医資格取得者が、
内科基本領域で学べなかった
「救急科領域の一部」や
「小児科領域の一部」などを
履修することで、
総合診療専門医の資格を
得ることが可能となるようです。

整形とリハ科もダブルボードが取得可能となるようです。

いずれも、詳細は不明ですが。


スポンサーサイト



2021/05/15 19:54 お知らせ TB(-) CM(0)
young-doctor-studying-medical-education_85869-2250.jpg


 世の中、若いドクター向きに

様々な

〇〇レジデントマニュアル

なる本が発売されている。


小生も久しぶりに、
以下のようなマニュアルを購入してみた。





いずれも、ざー と眺めてみた。
知りたい情報がコンパクトに詰め込まれて
いるが、やはり、各情報には奥が深いため、
本当の成書を読まなければ分からない
というのが本音である。

シニアでも、専門外の領域を学び直すという
意味では意義があるのかもしれない。


それにしても、
このような薄い本が4000円から5000円
近くする。
医学書ってなんでこんなに高いのだろうか?

よく吟味して購入する必要がある。

しかしながら、
購入前に学会場や医学書専門店に
足を運んで、吟味したいところであるが、
このコロナ禍では、そうもいかない。


ところで、
マニュアル系で、売れ筋の本は?



後半は、 Moreへ


スポンサーサイト








2021/04/29 16:17 お知らせ TB(-) CM(0)
先日、発表された113回医師国試の結果です。
TECOM情報から改編

第113回医師国家試験合格基準

(1)必修問題は,一般問題を1問1点,臨床実地問題を1問3点とし,
    総得点が,160点以上/200点

(2)必修問題を除いた一般問題及び臨床実地問題については,各々1問1点とし,
    総得点が,209点以上/296点(7.6%)

(3)禁忌肢問題選択数は,3問以下

とする。

採点除外等の取扱いとした問題が4問あります。


第113回医師国家試験合格状況
 受験者数:10,146人
 合格者数:9,029人
 合格率 :89.0%

大学別の合格状況に関しては、

姉妹ブログである
誰でも受かる医学部入試の極意 

113回 医師国試合格率

を参照してください。
2019/03/20 11:50 お知らせ TB(-) CM(0)
先日も、このブログで

m3com など医療従事者専用サイト

でも、紹介した記事に関係した情報。


今日、たまたま見つけた面白いサイト


医者税

医師が簡単にできる小銭稼ぎの方法


ishazei.com/



このサイトでは、

ケアネット
MedPeer
Medical Tribune
プラメド

など、

各医療サイトでの、具体的な小遣い稼ぎのコツ
が述べられています。

ただ、
このブロガーのやり方を真似できるマメな先生
がどれだけいらっしゃるか。

が問題でしょうがーーーーーー



2019/03/15 22:07 お知らせ TB(-) CM(0)
医師や歯科医なら、
当然ご存知だろうと思うが、

医療関係の最新ニュース、ライフスタイルや
求人情報などを掲載しているサイト
がいくつかあります。

私も利用していますが、
有名なものとして、


m3com

20170529194121.jpg


sagitta.hatenablog.com/entry/2017/05/29/195010から



日経メディカル

nikkei medical
medical.nikkeibp.co.jp/ から


CareNet


02_carenet.gif



MedPeer


medpeer-530x331.jpg
biemed-doctors-life.com/medpeer/ から



MEDY


MEDY logo


news2.medy-id.jp/top/ から


プラメド

18157968_213939545762253_8719980345589213708_n.png





など6つのサイトでしょうか?

それぞれのサイトでポイントを集めると、
アマゾンギフト券や、その他の商品など優待が受けれます。

医師、歯科医などに晴れてなられた暁には
是非、上記サイトに登録することを
お勧めいたします。

m3comの概略については、


総合診療科の某医師が開設しているブログ:
僻地で陸マイラーの忘備録 
の記事で

m3.comでポイントを貯めるための4つの基本

などによく書かれているので、
参照してください。

今日は、ちょっとしたお知らせ記事でした。



2019/02/28 00:03 お知らせ TB(-) CM(0)
明日は、いよいよ医師国試です。

やってきたことに自信を持って、
力を出し切ってください。

また、
関東以北や北陸地方は
⛄の予報ですので、
早めに行動しましょう。
帰りも大変でしょう。
万全の準備を怠りなく。

では、お休みなさい。



2019/02/08 23:12 お知らせ TB(-) CM(0)
いよいよ、
明日は歯科国試の本番です。

今まで積み重ねたことに
自信をもって
実力を出し切ってください。

健闘を祈ります。



2019/02/01 20:58 お知らせ TB(-) CM(0)
たまたま見つけた 

DENTAL YOUTH SHARE 

というサイト。

URL:https://dentalyouth.blog/


過去問が分野別になっていたり、
必修のみ選択できたりと
最後の確認には使えそうです。


解答は表示をクリックすれば、いいだけです。

PC版での右コラム内のリンクに加えておきます。


wp用アイキャッチ_001 

https://dentalyouth.blog/2018/08/








2018/12/23 21:58 お知らせ TB(-) CM(0)
本ブログのFB版を開設しました。


 cb7f3d722c50ac2c64d42c3024539c7f.jpg
https://wrightlevelup.wordpress.com/2017/03/20/study-life/ から


左のコラムにプラグインが設置されています。

最新記事だけでなく、
昔の記事でも重要と思われるもの、
さらには医歯学生や医療関係の学部生にとっても
有意義な情報を発信できればと、
思っています。

2018/11/30 21:05 お知らせ TB(-) CM(0)
111回歯科国試BCDの必修のみ解いてみました。

結果:

111B 1-20:13/20 (55%)
111C 1-20:14/20 (70%)
111D 1-20:12/20 (60%)

間違えていてはまずい問題は

111B2:受精部位
111B9:高齢者の循環
111B17:メタボ
111B20:AED

111D9:ペリオ関係
111D16:必須脂肪酸
111D17:TDM

などなど。


A-Dの必修全体を集計するとーーー


続き:MOREへ
2018/03/18 19:36 お知らせ TB(-) CM(0)
111Aの61から90まで解いてみました。

30問中25問が臨床問題でしたので、
かなりの苦戦。

A65:セファログラムも読めないにも関わらず、
なんとか、常識的な選択の仕方で正解というのもあり。

結果:12/30 40%

A全体では、41/90: 45.5%

まあ、確実に落第点であることに変わりはないですが。


03c03.gif 



2018/03/09 17:31 お知らせ TB(-) CM(0)
なかなか、暇が取れず、
先週やっと111Aの31から60まで解いてみました。

結果は惨憺たるもので、

正解率は14/30; 46%

写真付きの臨床実地問題は、
2/8 25%とさらに酷い結果でした。

A51のCT, PETなどの読影は間違えてはいかんですな。

少々の付け焼刃の学習では、
歯が立たない感じでした。




publicdomainq-0009206xqa.jpg


2018/02/25 12:49 お知らせ TB(-) CM(0)
医科の小生、一応ガチで解いてみました。

夜も遅かったので、
とりあえず今回の歯科国試Aの30まで解いてみた。

結果

必修:65%
全体で5割。


完全に落ちますな。

A11:大動脈;解剖
何やってんだろうね。
腕頭動脈選んでしまった。
これは、大動脈弓からの分岐ですな。
恥ずかしい。

A21:腫瘍細胞の免疫機構
natural killer cell選んでしまいました。

A23: シックハウス症候群の原因
イエダニ 選んでしまった。
ホルムアルデヒドだったんですね。

などなど、お恥ずかしい限り。



yareyare.png 
       呆れ顔ですな



続きは、また暇見つけて解いてみましょう。

受験生の諸君は自信を持って頑張ってください。

2018/02/15 00:16 お知らせ TB(-) CM(0)
おかげさまで、
このブログ記事のコンテンツ量もかなりのものになってきました。

ところで、
時々、写真が消えていたり
問題の解答が消去されてしまっていたりと、
不具合があることがあるようです。

その折は、遠慮なく
コメントや
右下コラムのメールフォームでお知らせください。

よろしくお願いいたします。

2018/02/14 01:16 お知らせ TB(-) CM(0)
昨日の記事で、111回歯科国試のupはまだと書きましたが、
2/10から、
日本医歯薬研修協会のHPにてupされ始めたようです。


C、Dの写真以外はすべてupされています。


AからCすべて90問ずつで

111回歯科国試について

における掲載記事通り、
ABCDすべて最初の20問が必修のようです。


私も、Aから順に見て、また報告したり 問題をupしたいと思います。

といっても、歯科専門分野について怪しいので、
解説できないものは、問題と解答だけかもしれませんので、
あしからず。


来年受験予定の方は、早めに解いて傾向を知るべきでしょう。

下のサイトで111回の問題を確かめてください。

https://www.ishiyaku-dental.jp/information/

2018/02/13 19:50 お知らせ TB(-) CM(0)
先週の歯科国試に続き、

2018年2月10日(土曜日)と11日(日曜日)の2日間にわたり、
第112回医師国家試験が施行されました。

お疲れさまでした。

歯科は、
まだ問題の全容は分かりませんが、
医師国試ではすでに、medu 4にて問題がupされたようです。

以下は、

医師国家試験過去問データベース
https://medu4.com/general/112 

からの情報です。

詳細は、上記サイトにアクセスしてください。

続きは、MOREへ

2018/02/12 18:50 お知らせ TB(-) CM(0)
112回医師国家試験もあと2日。

医大生の方は、最後の確認作業をしていることでしょう。

これは、知人の女子医大生の実話。

彼女は、
多浪の末 苦労して某私立医大に入学したのだが、
6年の9月頃に、

風邪をこじらせた後に、
急にペンが持ちにくくなり、
さらに歩くことも出来なくなったとのこと。

というわけで、彼女の通う大学附属病院を受診。

診断は、
この病歴で明らかなように、

ギランバレー症候群 (GBS) !

入院後に、血漿交換治療まで行われ、
なんとか歩行可能にはなるものの、
しばらく、思うようにペンも所持出来ない状態
がしばらく続いたそうです。

それでも、彼女は必死に勉強を続け、
無事に卒業試験を乗り切り、
さらに、浪人もせずに医師国試にも合格したそうです。

研修医2年目の方に聞くと、
2日目の試験が終わり、
3日目には空席がちらほらあるとのこと。
(今年からは2日間ですが)

ということで、
みなさんも、簡単に諦めずに頑張ってください。


2018/02/08 19:46 お知らせ TB(-) CM(0)
ロムニーさんや、dentalkokushiさんのブログを見た限りでは
今回の歯科国試は、かなり傾向が変わったようです。

今まで以上に良く考えて、
合理的に勉強する必要があるようです。

必修はABCDの最初の20問だったようです。
割れ問もあるかもとのこと。

試験委員の本気度が感じられると、
どちらかのブログにも書いてありました。

2月7日辺りには医歯薬研修会のサイトからも
問題が掲載されるでしょう。

分かり次第、医師でも分かる問題を
中心に考察しようと思います。

一方、医師国試は今週末のようです。
今年から3日間の日程から2日間に変わります。
こちらも、これまでの傾向と変わるかもしれません。

分かり次第、情報について述べようと思います。

2018/02/05 16:02 お知らせ TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: