様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
青色強膜を生ずる疾患について:
総合診療関係の問題ですが、口腔外科分野でも出そうな問題。


4205_02.gif

http://www.igaku-shoin.co.jp/misc/medicina/seminar4205/ 



問題

青色強膜を生ずる疾患はどれか。
すべて選べ。

a マルファン症候群
b 骨粗鬆症
c 骨形成不全症
d Ehlers-Danlos症候群
e 鉄欠乏性貧血



解答:MOREへ



2018/05/18 22:35 口腔外科 TB(-) CM(0)
東京デンタルスクール:
定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジン から
口腔外科のみを拝借、再編集
http://archives.mag2.com/0001494170/

image-oral-surgery.jpg

https://www.oacds.com/course/oral-surgery/


1)一時止血法はどれか。すべて選べ。(口腔外科学)

a 縫合法
b 圧迫法
c 緊縛法
d 挫滅法
e 塞栓法


2)症候群とその症状の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。(口腔外科学)

a Apert症候群――――下顎過成長
b Gardner症候群―――口腔粘膜への色素沈着
c Klinefelter症候群―翼状頸
d Marfan症候群――――心奇形
e Sturge-Weber症候群―てんかん


3)多発性骨髄腫で正しいのはどれか。4つ選べ。(口腔外科学)

a 造影CTが原則禁忌となる。
b 尿中にMタンパクが認められる。
c アミロイドーシスが起こることがある。
d 腫瘍細胞にRussell小体が認められる。
e エックス線写真で打ち抜き像が認められる。


4)正中が右側に偏位するのはどれか。すべて選べ。(口腔外科学)

a 右側関節突起骨折
b 左側顎関節強直症
c 右側顎関節片側脱臼
d 左側顎関節骨軟骨腫
e 右側化膿性顎関節炎


5)急性壊死性潰瘍性歯肉炎のリスクファクターはどれか。すべて選べ。(口腔外科学)

a 喫 煙
b 疲 労
c 低栄養
d ストレス
e 後天性免疫不全症候群


6)歯原性上皮のみからなるのはどれか。すべて選べ。(口腔外科学)

a 歯牙腫
b 歯原性粘液腫
c エナメル上皮腫
d 腺腫様歯原性腫瘍
e 石灰化上皮性歯原性腫瘍


7)骨折について正しいのはどれか。すべて選べ。(口腔外科学)

a 若木骨折は高齢者に多い。
b 介達骨折は関節突起部に多い。
c 複雑骨折では骨折端が外界と交通する。
d 下顎正中骨折は気道閉塞の危険性がある。
e Le Fort I型骨折では上顎の異常可動性がみられる。


解答:MOREへ

2018/04/04 06:36 口腔外科 TB(-) CM(0)
歯科でも、よく問われるパターンです。
今回は、口腔外科のカテゴリーに
医師国家試験過去問データベース から引用改編

108I74
48歳の女性。前頸部腫瘤を自覚し来院した。
昨日、鏡を見ていて見つけ、触ってみてしこりがあることに初めて気付き、
心配になって受診したという。その他の症状はない。
身長161cm、体重52kg。
脈拍72/分、整。血圧128/76mmHg。
頸部気管の右側に3cm大の腫瘤があり、嚥下運動とともに上下する。
腫瘤は弾性硬で気管に対して可動制限がある。
右の側頸部に径1.5cmのリンパ節を2個触れる。

まず行うべき検査はどれか。

a 放射性ヨード(123I)シンチグラフィ
b ガリウム(67Ga)シンチグラフィ
c 頸部超音波検査
d 頸部MRI
e 頸部CT



関係問題:

嗄声と喘鳴とを主訴に来院した3歳児:108医H23

1歳8カ月男児。左頸部の腫瘤。





解答:MOREへ

2018/01/19 06:10 口腔外科 TB(-) CM(0)
医師国家試験過去問データベース から


108医A56
21歳の女性。
5日前から持続する咽頭痛を主訴に来院した。
開口は25mmで嚥下困難を認めた。呼吸困難はない。
体温38.0℃。脈拍92/分、整。血圧120/80mmHg。
血液所見:赤血球353万、Hb 10.9g/dL、Ht 33%、
白血球17,400(桿状核好中球15%、分葉核好中球72%、単球4%、リンパ球9%)、
血小板33万。CRP 15mg/dL。
口腔内の写真(A)と頸部造影CT(B、C)とを別に示す。
対応として適切なのはどれか。2つ選べ。


108A-56A.jpg 
A

108A-56B.jpg
B

108A-56C.jpg
C

a 気管挿管
b 抗菌薬投与
c 咽頭切開排膿
d 抗ウイルス薬投与
e 経皮的頸部穿刺排膿


解答:MOREへ
2018/01/17 22:37 口腔外科 TB(-) CM(0)
医師国家試験過去問データベース から


103E32
末梢性顔面神経麻痺を生じないのはどれか。

a  帯状疱疹
b  耳下腺癌
c  側頭骨骨折
d  真珠腫性中耳炎
e  頸静脈孔症候群


解答:MOREへ


2018/01/17 06:06 口腔外科 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: