様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
小児薬用量の算定について

pediatric doze 
https://www.youtube.com/watch?v=AQaeAON4GUM から


以前のロムニーでも扱っていました。
公式解答出ていますが、やや疑問。


111B36
小児薬用量の算定で年齢を用いるのはどれか。2つ選べ。

a Ausbergerの式
b Clarkの式
c Crawfordの式
d von Harnackの換算表
e Youngの式



解答:MOREへ



2018/04/15 14:08 薬理:歯科 TB(-) CM(0)
東京デンタルスクール:
定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジン から
薬理学のみを拝借、再編集
http://archives.mag2.com/0001494170/

dp_2ed.jpg 
http://gopalbookshop.com/dental-pharmacology-2-ed-1969.html から



1)薬物の生物学的半減期が延長するのはどれか。1つ選べ。(薬理学)

a 腎機能の亢進
b 肝機能の亢進
c 結合型薬物の増加
d 薬物代謝酵素の誘導
e クレアチニンクリアランスの増大



2)臓器移植の既往がある患者が歯肉肥大を訴えた。
  原因として最も考えられるのはどれか。1つ選べ。(薬理学)

a べラパミル
b フェニトイン
c ニフェジピン
d シクロスポリン
e テトラサイクリン



3)白金化合物はどれか。1つ選べ。(薬理学)

a シスプラチン
b セツキシマブ
c ブレオマイシン 
d シクロフォスファミド
e 5-フルオロウラシル 


4) リドカイン塩酸塩で正しいのはどれか。1つ選べ。(薬理学)

a イオン型が細胞膜を通過する。
b 強い末梢血管収縮作用を持つ。
c イオン型がNa+チャネルを阻害する。
d 血漿の偽コリンエステラーゼによって代謝される。
e 血管収縮薬を添加しない場合の基準最高用量は500mgである。



5)βラクタマーゼにより阻害されるのはどれか。2つ選べ。(薬理学)
 
a セファクロル
b オフロキサシン
c アモキシシリン
d ゲンタマイシン
e クロラムフェニコール


6)アンジオテンシンIをアンジオテンシンIIに変換する酵素を阻害するのはどれか。1つ選べ。(薬理学)

a フロセミド
b ロサルタン
c ニフェジピン
d カプトプリル
e プロプラノロール



解答:MOREへ

2018/04/04 06:00 薬理:歯科 TB(-) CM(0)
医師国家試験過去問データベース から


108医A19
Parkinson病の治療に用いられるのはどれか。2つ選べ。

a ドパミン
b ドパミン受容体遮断薬
c ドパ脱炭酸酵素阻害薬
d アセチルコリン分解酵素阻害薬
e モノアミンオキシダーゼB阻害薬


解答:MOREへ
2018/01/17 21:24 薬理:歯科 TB(-) CM(0)
1st Aid Q&A NBDE Part 1: Biochemistry and Physiologyから

久しぶりのNBDEですが、簡単!


Q36

Which of the following have been implicated
in osteonecrosis of the jaws ?

A Pamidronate
B Zolendonate
C Aledoronate
D All of the above
E None of the above


Answer: Moreへ

2018/01/15 00:01 薬理:歯科 TB(-) CM(0)
これは簡単です。

101薬32 
高血圧症治療薬の作用機序でないのはどれか。
1つ選べ。

1 レニン阻害
2 アンギオテンシン変換酵素阻害
3 アルドステロン受容体遮断
4 アドレナリン α1 受容体刺激
5 アドレナリン α2 受容体刺激


解答:MOREへ


2018/01/07 13:29 薬理:歯科 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: