FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
東京デンタルスクール:
定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジン から
生化学のみを拝借、再編集
http://archives.mag2.com/0001494170/

D biochemist 

https://edulanche.com/book/48777/MCQS-Biochemistry-Explanations-PG-Dental-Entrance-Examinations-1st-edition





1)コラーゲンに含まれるアミノ酸の割合で最も多いのはどれか。1つ選べ。

a プロリン
b グリシン
c アラニン
d トリプトファン
e ヒドロキシリシン



2)軟骨に多く存在するプロテオグリカンはどれか。1つ選べ。

a デコリン
b シンデカン
c アグリカン
d パールカン
e ビグリカン


解答:MOREへ


2018/09/07 19:31 生化:歯科 TB(-) CM(0)

amino_acid.jpg 
https://www.toho-u.ac.jp/sci/chem/column/amino_acids/amino_acids_2.html


111B6
111b6.png

解答:MORE へ

2018/08/01 06:00 生化:歯科 TB(-) CM(0)
fatacidex.gif 
http://hyperphysics.phy-astr.gsu.edu/hbase/Organic/fataci.html



111D16
111d16必須脂肪酸


関係記事:

歯科国試で出そうな脂質・アラキドン酸代謝( 医師国試予備試験)




解答:MOREへ



2018/06/24 12:55 生化:歯科 TB(-) CM(0)
今年の歯科国試問題から


111A38
抗菌作用を有するものはどれか。2つ選べ。

a リパーゼ
b アルブミン
c ヒスタチン
d カリクレイン
e ディフェンシン



解答:MOREへ



2018/04/22 22:24 生化:歯科 TB(-) CM(0)
かなり細かく聞いてきます。
医学部の基礎医学の試験ではないかと思う問題。
歯科で使う知識とは思えないが。

生化学のテキストでよく調べてみてください。


111B45
インテグリンと結合するのはどれか。
2つ選べ。

a ケラチン
b エナメリン
c アメロゲニン
d オステオポンチン
e フィブロネクチン


解答:MOREへ



2018/04/15 19:35 生化:歯科 TB(-) CM(0)
107A33 でも似たような問題が既出。

でも、ひっかりそうな問題ですな。
しっかり理解していないと間違えそう。

14431_5161_0951.jpg 
http://www.koreaittimes.com/news/articleView.html?idxno=14431 から



111B27
遺伝子検査はどれか。3つ選べ。

a サザンブロット法
b ウエスタンブロット法
c ガスクロマトグラフィー検査
d in situ ハイブリダイゼション法
e PCR法


解答:MOREへ


2018/04/15 14:58 生化:歯科 TB(-) CM(0)
東京デンタルスクール:
定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジン から
生化学のみを拝借、再編集
http://archives.mag2.com/0001494170/

 
51YFL3FqkhL__SX376_BO1,204,203,200_ 

https://www.amazon.com/Textbook-Biochemistry-Nursing-Pharmacy-Students/dp/818448531X



1)エナメル質で正しいのはどれか。1つ選べ。(生化学)

a エナメル質にはコラーゲンが存在する。
b エナメル質の石灰化は一段階で行われる。
c エナメリンは成熟エナメル質には存在しない。
d アメロゲニンはエナメライシン(MMP-20)により分解される。
e ハイドロキシアパタイトの化学式はCa2(PO4)6(OH)10である。


2)細菌のペプチドグリカンを分解するのはどれか。1つ選べ。(生化学)

a ムチン
b シスチジン
c スタテリン
d リゾチーム
e ラクトフェリン


3)軟骨に存在するプロテオグリカンはどれか。1つ選べ。(生化学)

a デコリン
b ルミカン
c アグリカン
d パールカン
e ビグリカン


4)生体内でコレステロールから合成されるのはどれか。2つ選べ。(生化学)

a セロトニン
b ブラジキニン
c アラキドン酸
d アルドステロン
e 活性型ビタミンD3



解答:MOREへ

2018/04/01 06:09 生化:歯科 TB(-) CM(0)
1st Aid Q&A NBDE Part 1: Biochemistry and Physiologyから改題

Q70改

Ⅰ型コラーゲンで通常最も多いアミノ酸は以下のうちどれか?

A アスパラギン酸
B プロリン
C グリシン
D リジン
E グルタミン酸


解答:MOREへ

2018/01/15 00:03 生化:歯科 TB(-) CM(0)
PCR法の原理を問う問題
歯科大の卒試などでは出るパターンか?


100薬117

ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 法により図の破線で囲んだ塩基配列を増幅したい。
適切なプライマーの組合せはどれか。
1つ選べ。

100-117.png

なお、プライマーの塩基数は簡素化して始めの 6 塩基のみを記している。
また、本法において用いる DNA ポリメラーゼは
5’ → 3’ の方向に DNA 鎖を伸長する。


1
5’- CTAGTT -3’
5' - ATCGGC -3’

2
5’ -AAGGAT -3’
5’ -CCCGTT -3’

3
5’- TAGGAA -3’
5’- GGGCAA -3’

4
5’ -AAGGAT -3’
5’- TTGATC -3’

5
5’- CGGCTA -3’
5’ -CCCGTT -3’


解答:MOREへ


2018/01/07 17:42 生化:歯科 TB(-) CM(0)
 歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ から


基本的な事項の質問をしてみる その1-4
111回国試で出そうなところ~その1-4
から項目別に編集改編

PCR法の原理を説明しろ!

ヒトゲノムの場合、約30億塩基対もの長さとなるDNAで構成されていると言われている。
この中から自分のほしい塩基配列だけを取り出して、増幅させたいとする。
このとき必要な操作がPCR法である。

 PCR(Polymerase Chain Reaction)法ではDNAのある一部分だけを選択的に増幅させることができる。
これには、DNAポリメラーゼによる酵素反応を利用する。
なお、実際にPCRを行う場合、試薬を混ぜて機械にセットしてスイッチを押すだけであるため、誰にでも可能である。

 

DNAの増幅

①DNAを増幅させるため、まず最初にしないといけないのはDNAの二本鎖を一本鎖にすることである。
 DNAを入れた反応液を約94℃にし、熱変性させる。
 これにより、二本鎖DNAが一本鎖DNAに変性する。

 

 DNAの変性

 

②一本鎖DNAにDNAポリメラーゼを作用させるためには、予めプライマーをDNAに結合させる必要がある。
 このように、プライマーがDNAと結合することをアニーリングという。
 アニーリングは約55~60℃で行うが、プライマーによって温度が異なってくる。

 

 アニーリング

 

③最後にDNAポリメラーゼを反応させ、DNAを伸長させる。
 耐熱性DNAポリメラーゼ(Taq polymerase)で行う場合、約72℃で行う。

 

 DNAポリメラーゼによる伸長反応

 

④、①~③を繰り返してDNAを増幅させる。

 

・Tm(melting temperature)
プライマーの設計にはTm値の計算が不可欠である。
Tm値とは二本鎖DNAの50%が一本鎖DNAに分かれるときの温度である。

 そして、このTm値をもとにしてアニーリングするときの温度を決めるのである。


PCR産物の生成
PCR法では1サイクル目で2分子、2サイクル目で4分子、3サイクル目で8分子のDNA断片ができる。

 

 

 PCR産物の生成

 

このとき、3サイクル目で初めて目的の長さのPCR産物を生成することができる。
後は、PCRの工程を続ければ続けるほど目的のPCR産物を得ることができる。

 

https://kusuri-jouhou.com/creature2/pcr.html から転用改編



************************************

PCR(polymerase chain reaction)
DNAを増幅するための原理またはそれを用いた手法

Western blot
電気泳動によって分離したタンパク質を膜に転写し、
任意のタンパク質に対する抗体でそのタンパク質の存在を検出する手法

Sothern blot
Edwin Southern が考案した、DNAを同定するための手法である。

Northern blotting
分子生物学研究において用いられる、RNAを検出する手法

Southwestern blot
プローブにDNA断片やオリゴヌクレオチドを用い、
塩基配列特異的にDNAに結合するタンパク質(主に転写調節因子)を検出する手法

************************************


関係記事:

遺伝子解析技術 (NBDE Part 1)

生化学:歯科 練習問題

歯科国試:予想英語問題9 遺伝子解析技術


2018/01/05 06:02 生化:歯科 TB(-) CM(0)
 歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ から


基本的な事項の質問をしてみる その1-4
111回国試で出そうなところ~その1-4
から項目別に編集改編


赤血球におけるATP産生について説明しろ!



赤血球には、ミトコンドリアは存在しない。
よって、赤血球のATPは、解糖系のみによって産生される。
解糖系では、グルコース1分子からATP2分子がつくられる。

代謝の詳細は下記サイト参照:
http://www.nutri.co.jp/nutrition/keywords/ch3-2/



2018/01/05 06:00 生化:歯科 TB(-) CM(0)
リポ蛋白 lipoproteinに関して


classification-of-lipoproteins.gif 

https://ipfs.io/ipfs/QmXoypizjW3WknFiJnKLwHCnL72vedxjQkDDP1mXWo6uco/wiki/Lipoprotein.html

医師国試ですが、歯科生化学に入れておきます。


110B16

血液中の脂質変動について正しいのはどれか。

A 食後はカイロミクロンが増加する
B 飢餓時はLDLコレステロールが上昇する
C 閉経後はHDLコレステロールが上昇する
D LDLコレステロールの著増は乳び血清をきたす
E 動物性蛋白をとらないとLDLコレステロールが異常低値を示す


関係問題:

メタボリックシンドロームの診断基準

必修・総合医学 実力テスト

生化学:歯科 練習問題

生化学 直前歯科国試対策問題(ロムニーハウス から)

特定健康検査:基本項目

DM、メタボ関係の問題

歯科国試で出そうな脂質・アラキドン酸代謝( 医師国試予備試験)

歯科国試で役立つ肝臓関係の問題

栄養評価



解答:MOREへ



2017/12/03 12:26 生化:歯科 TB(-) CM(0)
歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ

基本的な事項の質問をしてみる
2017年10月15日(日) 配信

から、1つ。

今日は当直明けで疲れたので、とりあえず1項目のみ。
歯科の生化学で、頻出事項。


旨味の成分は何か?

Oral Biochemistry 1

105A-34 生化学 参照



解説:MOREへ

2017/10/17 21:14 生化:歯科 TB(-) CM(0)
1st Aid Q&A NBDE Part 1: Biochemistry and PHysiologyから

Q17 (改題)
骨軟骨に豊富なグリコサミノグリカンはどれか。

a Keratan sulfate
b Heparan sulfate
c Chondritin sulfate
d Dermatan sulfate
e Hyaruronic acid



解答:MOREへ





2017/10/08 20:44 生化:歯科 TB(-) CM(0)
日経メディカル:1日1問薬剤師国試問題 から

問題

骨代謝に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 骨芽細胞は、コラーゲンを細胞外へ分泌する。
2 骨細胞は未分化細胞であり、増殖能を有する。
3 破骨細胞は、アルカリ性ホスファターゼを細胞外へ分泌する。
4 副甲状腺(上皮小体)ホルモンは、破骨細胞の働きを減弱させる。
5 1α,25-ジヒドロキシビタミンD3(活性型ビタミンD3)は、
  小腸からのCa2+の吸収を促進する。


解答:MOREへ


2017/09/23 14:06 生化:歯科 TB(-) CM(0)
生化学(歯科)関係の練習問題

東京デンタルスクール:
定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジン
から抜粋改編したものです。

http://archives.mag2.com/0001494170/20170608205142000.html?l=pxc0dc99f7 から


1) テロメアが関与するのはどれか。1つ選べ。(生化学)

a 転 写
b 翻 訳
c 物質の透過
d 細胞の寿命
e エネルギー産生


2) DNAの合成で正しいのはどれか。すべて選べ。(生化学)

a DNAの複製は3‘から5’の方向へ進む。
b DNAポリメラーゼはDNAの二本鎖をほどく。
c 岡崎フラグメントはリーディング鎖に存在する。
d DNAリガーゼは岡崎フラグメントをつなぎ合わせる。
e 制限酵素はDNAの塩基配列を非特異的に認識し切断する。


3)遺伝子に関して正しいのを1つ選べ。

a.すべての細胞で発現する遺伝情報は同じである。
b. 遺伝情報を含まない部分をエキソンという。
c. 染色体は細胞分裂間期に出現する。
d.タンパク質の合成は遺伝情報に基づいてリボゾームで行われる。
e. 卵子にはY 染色体がある。



4) ATPの構造で正しいのはどれか。1つ選べ。(生化学)

a  アデニン
b  アデニン+リボース
c  アデニン+リボース+リン酸
d  アデニン+リボース+リン酸+リン酸
e  アデニン+リボース+リン酸+リン酸+リン酸



5)ある生物のDNA のアデニンの含有量は20%であった。
  グアニンの含有量として正しいのを1つ選べ。

a.15%
b.25%
c.30%
d.40%
e.60%


6)コラーゲンの生合成で必須なのはどれか。1つ選べ。(生化学)

a.ビタミンA
b.ビタミンB
c.ビタミンC
d.ビタミンD
e.ビタミンE


7)歯根膜の線維について正しいのはどれか。1つ選べ。(生化学)

a. IV型コラーゲンが多い。
b. 脈管・神経は線維間を通らない。
c. コラーゲンの半減期は歯肉より長い。
d. 架橋形成の度合いは歯の動揺に関係しない。
e. 還元性架橋結合の割合は加齢で変化しない。


8)オステオカルシンと血液第X凝固因子の生成において共通に必要となるのはどれか。
  1つ選べ。(生化学)

a ビタミンA
b ビタミンC
c ビタミンD
d ビタミンE
e ビタミンK


9)脂質に由来するのはどれか。すべて選べ。(生化学)

a ヒスタミン
b セロトニン
c ブラジキニン
d ロイコトリエン
e プロスタグランジン 


解答:MOREへ
2017/06/11 12:35 生化:歯科 TB(-) CM(0)

DES模試改編

象牙質と歯根膜に共通してみられるものはどれか。1つ選べ

a アメロゲニン
b ペリオスチン
c ホスホホリン
d オステオカルシン
e Ⅲ型コラーゲン



参考:

歯根膜の collagen type (NBDE Part 1)

オステオカルシンの特徴

歯科 生化学のミニマムポイント

コラーゲン関係

幼若エナメル質の有機成分




解答:MOREへ



2017/05/30 21:07 生化:歯科 TB(-) CM(0)
これも医師国試問題ですが、
このレベルであれば歯科でも十分出る可能性あり。


108医B32
ホルモンとその生理作用の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

a グルカゴン ←→ 糖新生の促進
b インスリン ←→ グリコーゲン分解の促進
c バソプレシン ←→ 腎における水再吸収の促進
d アルドステロン ←→ 腎におけるNa再吸収の抑制
e 副甲状腺ホルモン ←→ 腎におけるP再吸収の促進


解答:MOREへ


2017/05/22 21:49 生化:歯科 TB(-) CM(0)
問題

オステオカルシンの特徴として正しいのはどれか。
すべて選べ。

a 骨芽細胞が産生
b 非コラーゲン性蛋白質
c RGD配列を含む。
d インスリン分泌を促進
e Gla残基質を含む



解答:MOREへ

2017/04/23 21:46 生化:歯科 TB(-) CM(0)
歯根膜の collagen type ? (NBDE Part 1)

introduction-to-periodontics-14-728.jpg 
https://www.slideshare.net/uqudent/introduction-to-periodontics


1st Aid Q&A NBDE Part 1: Anatomic Sciences から

Q51

歯根膜 (peridontal ligament: PDL)の基本的collagen typeは以下のうちのどれか?
1つ選べ。

a Type I only
b Type II only
c Type III only
d Type I and III
e Type II and Ⅲ


解答:MOREへ

2017/04/10 22:11 生化:歯科 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: