様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
高齢者のポリファーマシーを意識した問題。
これからの医療では問題となる重要な分野です。

poripha_001.jpg 
https://photo-pharmacy.com/pharmacy/poripharmacy.html


112F82改題

73歳の女性。
右股関節を人工関節に置き換える手術が予定された。
入院時のシステムレビューで、夜間のトイレ歩行時に
軽いふらつきを自覚していることが分かった。
神経学的所見では、右下肢の筋力低下以外に、
ふらつきの原因となる異常は認めなかった。

処方されている薬剤で、ふらつきの原因となる可能性があるのはどれか。
3つ選べ。

a 非ステロイド性抗炎症薬〈NSAIDs〉
b 降圧薬
c 睡眠薬
d 整腸薬
e 点眼薬




解答:MOREへ



2018/06/01 06:00 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
標準問題でしょう。


2016-06-21_02h02_19-300x117.png

http://アナフィラキシーショック.jp/anaphylaxis-shock-2-69/


112A51
16歳の男子。呼吸困難のため救急車で搬入された。
本日、昼食にパンを食べた後、体育の授業で長距離走をしている
最中に全身の痒み、蕁麻疹と呼吸困難が出現したため、
養護教諭が救急車を要請した。
学校の部活動でサッカーをしているが、
練習中や試合中に同様の症状を呈したことはない。
また昼食で食べたバンはこれまでにも頻繁に食べているが、
同様の症状を呈したことはない。
意識は清明。心拍数102/分、整。血圧92/62mmHg。
呼吸数24/分。SpO2 99%(マスク5L/分酸素投与下)。
前胸部に膨疹を認める。喘鳴を聴取する。
適切な治療の後、症状は改善した。

この患者の今後の生活指導として適切なのはどれか。

a サッカーの禁止
b 長距離走の禁止
c パンの摂取禁止
d 宿泊を伴う校外活動の禁止
e 小麦製品の摂取後2時間の運動禁止


解答:MOREへ

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: