FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
111D21
111D21疾患とパノラマ

解答:MOREへ

2018/06/25 21:34 歯科放射線 TB(-) CM(0)
時々見かける感染症です。
ホームレス患者さんに生じたもの。
やはり、DMなども持っているのでしょうか?

研修医の時に、ある有名なプロ野球の大監督も
この病気に罹り、治療チームに加わり
印象深いものがあります。




111A50
42歳の男性。
自力で動けなくなったため救急車で搬入された。
2週間前から腰痛が増悪し、今朝から動けなくなった。
2年前から定職に就かず路上生活を送っているという。
意識は清明。体温37.2℃。心拍数88/分、整。
血圧130/78mmHg。呼吸数20/分。SpO2 98 %(room air)。
疼痛のため、左股関節を伸展できず、仰臥位になることもできない。
両下肢に明らかな筋力低下を認めない。腱反射に異常を認めない。
赤沈45 mm/1時間。
血液所見:Hb 13.2g/dL、白血球9,000。CRP 3.4mg/dL。
搬入時の腰椎エックス線写真(A)と右半側臥位での腰椎造影MR(B)
及び入院3日目の仰臥位での腰椎MRIのT2強調像(C)とを別に示す。
治療方針を決定するために有用なのはどれか。


thumb_111A-50A.jpg
A

thumb_111A-50B.jpg
B

thumb_111A-50C.jpg
C

a 尿培養
b FDG-PET
c 腸腰筋穿刺
d 腫瘍マーカー測定
e 骨シンチグラフィ



解答:MORE へ


2018/06/25 19:11 整形外科 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: