FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
e-001-1202.jpg 
http://www.tukaikata-labo.com/content/2309


110H23
指導医、研修医および看護師の3人が救急外来で夜間当直中に、
胸痛と呼吸困難とを訴える50歳の男性が搬入されてきた。
研修医が心電図モニターの装着、静脈路確保などの処置を行っていたところ、
患者が心肺停止状態となり、指導医が胸骨圧迫を開始した。
心電図モニター上、心室細動を認めた。
一時的な胸骨圧迫の中断のもと、研修医が150Jで電気的除細動を行った直後、
患者の傍らにいた看護師が突然、意識を消失して倒れた。
研修医が確認したところ看護師の呼吸は停止し、脈を触知しなかった。
この看護師の病態として、まず想起すべきなのはどれか。

A 心室細動
B 房室ブロック
C くも膜下出血
D 急性冠症候群
E 神経失調性失神



解答:MORE へ

2018/06/28 19:45 総合診療・救急・症候学 TB(-) CM(0)
111歯D36を参考に、新しい問題を作成してみました。

kenkyu dezain 
https://www.slideshare.net/takashifujiwara71/140115-grade



新作

70歳以上の日本の地域在宅高齢者810例を対象に、
2012年から追跡調査を行い
牛乳の摂取頻度とサルコペニアの有無との関連を検討した。

牛乳の摂取状況は、普通乳あるいは低脂肪乳について、
摂取頻度ごとに3群に分けて評価し、
サルコペニアの発生の有無を調査した。

牛乳の摂取頻度とサルコペニアの有無との関連性は、
多重ロジスティックモデルを用いて解析し、
性、年齢、対象地域、総エネルギー摂取量に加え、
BMI(21.5未満、21.5以上25.0未満、25.0以上)、
生活習慣(飲酒、喫煙および運動の習慣)、
食品摂取の多様性スコア(牛乳の摂取頻度以外)
および既往症(脊椎系疾患、骨粗鬆症の有無)について調整した。

この研究の方法はどれか。1つ選べ。

a メタアナライシス
b ランダム化比較試験
c 非ランダム化比較試験
d 前向きコホート研究
e 後ろ向きコホート研究


解答:MOREへ


2018/06/28 00:01 疫学・統計 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: