FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
死亡診断書、死体検案書関係の問題:医師国試から
法医関係にて、歯科でも出されています。

https://medu4.com/ にて”死体検案”
というkey wordで検索したものの一部です。
各自、検索してみてください。


sitai kenan# 
JFKの死体検案  http://www.securico.co.jp/blog/blog21-5.html


1)111G29
死亡診断書および死体検案書について誤っているのはどれか。

a 死因統計の資料となる。
b 死亡を医学的、法律的に証明する。
c 死体を検案したときは保健所に届け出る。
d 診療継続中の患者以外の者が死亡した場合、死体検案を行った上で死体検案書を交付する。
e 診療継続中の患者が診療に係る傷病と関連しない原因で死亡した場合、死体検案を行った上で死体検案書を交付する。


2)109G18
死亡診断書について正しいのはどれか。

a 病院が届け出る。
b 剖検所見は記載しない。
c 署名と押印とが必要である。
d 主治医以外は記載できない。
e 死因として老衰と記載できる。


3)109C3
正しいのはどれか。

a 死産証書には父の氏名を記載する。
b 死亡診断書は死因統計の資料となる。
c 出生証明書は双生児の場合一枚に記載する。
d 死体検案書は診療継続中の患者に対して交付する。
e 診断書は自ら診察しないで交付することができる。


4)106H10
死体検案書について正しいのはどれか。

a 死因統計の資料となる。
b 歯科医師も交付できる。
c 死亡診断書と同時に交付できる。
d 検案をした医師以外の医師も交付できる。
e 検案日と検案書交付日とは同一でなくてはならない。


5)104H12
医師のみが交付できるのはどれか。

a 診断書
b 死産証書
c 出生証明書
d 死亡診断書
e 死体検案書


6)104G22
医師法に規定されているのはどれか。3つ選べ。

a 守秘義務
b 堕胎の禁止
c 無資格診療の禁止
d 無診察治療の禁止
e 死体検案書の交付


解答:MOREへ

2018/09/13 21:01 社会医/歯学・公衆衛生 TB(-) CM(0)
  医科、歯科ともに頻出のWHO

https://medu4.com/112C2 から

WHO.jpg
https://www.newsclick.in/who-needs-agenda-global-south



112C2
WHOの活動について正しいのはどれか。

a 識字率を向上させる。
b たばこ規制を推進する。
c 食糧を安定的に供給する。
d 温室効果ガスの削減を行う。
e 労働者の作業環境を改善させる。


関連記事:

国際機関と事業内容の組合せ:111医E30

WHOの任務:110歯C41

どこかで見たことある英文:107医E5

歯科衛生(予防戦略) 107, 108AC

109歯科:社会歯科(健康増進、国際医療協力)

社会歯科学特集 1



解答:MOREへ


2018/09/13 06:00 社会医/歯学・公衆衛生 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: