FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
またもや、malignant lymphomaの問題。
これぐらいだと、歯科の病理でも出されますか?

Malignant_Lymphoma-732x549-thumbnail.jpg
www.healthline.com/health/malignant-lymphoma から



107G21

悪性リンパ腫のリンパ節の所見として典型的なのはどれか。

a 圧痛
b 自発痛
c 弾性硬
d 熱感
e 癒着



類題:
リンパ節腫脹の性状:111医G50


解答:MOREへ

2019/03/23 00:02 血液・凝固系 TB(-) CM(0)

bimanseiakusei.jpg
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の組織像
pathology.or.jp/corepictures2010/02/c06/02.html から


まあ、常識的に解けるか。


109A7
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の予後因子でないのはどれか。

a 年齢
b 病期
c 血清CRP
d 節外病変数
e パフォーマンスステイタス〈PS〉



解答:MOREへ

2019/03/22 00:02 血液・凝固系 TB(-) CM(0)
NEJM Image Challenge (March 21, 2019配信)からの問題。
サイト:www.nejm.org/image-challenge
先ほど、FBページからもupしたものです。

見たことがない脳MRIです。
かなり珍しいので医師国試に出ることはないでしょうが。

歯科国試関係の方はあまり関係ないですが、
解答部分で復習すべき問題を提示したので、
軽く見ておいてください。


問題は和訳して出しましょう。

問題

18歳の男性。
全身の強直間代性けいれんを主訴に救急科に来院。
理学的は意識混迷、右眼全体の腫脹と右精巣に圧痛を認めた。
脳MRIで皮質全体に多発する境界明瞭なcystic lesinを認めた。


めずらしい脳MRI


診断はどれか?

a Cerebral metastases
b Progressive multifocal leukoencephalopathy
c Cerebral vasculitis
d Neurosyphilis
e Neurocysticercosis



解答:MOREへ


2019/03/21 14:28 脳・神経 TB(-) CM(0)
先日、発表された113回医師国試の結果です。
TECOM情報から改編

第113回医師国家試験合格基準

(1)必修問題は,一般問題を1問1点,臨床実地問題を1問3点とし,
    総得点が,160点以上/200点

(2)必修問題を除いた一般問題及び臨床実地問題については,各々1問1点とし,
    総得点が,209点以上/296点(7.6%)

(3)禁忌肢問題選択数は,3問以下

とする。

採点除外等の取扱いとした問題が4問あります。


第113回医師国家試験合格状況
 受験者数:10,146人
 合格者数:9,029人
 合格率 :89.0%

大学別の合格状況に関しては、

姉妹ブログである
誰でも受かる医学部入試の極意 

113回 医師国試合格率

を参照してください。
2019/03/20 11:50 お知らせ TB(-) CM(0)
疾患はすぐに分るでしょう。
でも、油断すると間違えますね。
小生も間違えてしまいました。


113A33


38歳の女性。前胸部のつかえ感を主訴に来院した。
2年前から食事摂取時に前胸部のつかえ感を自覚していたが、
1か月前から症状が増悪し十分な食事摂取が困難になったため受診した。
既往歴に特記すべきことはない。
意識は清明。身長155cm、体重44kg。
血液所見:赤血球398万、Hb l2.9g/dL、白血球6,300、血小板19万。
血液生化学所見:総蛋白7.1g/dL、アルブミン4.2g/dL、総ビリルビン0.9mg/dL、
AST 22U/L、ALT 19U/L、LD 195U/L(基準176~353)、
クレアチニン0.8mg/dL、血糖88mg/dL、
Na 140mEq/L、K 4.3mEq/L、Cl 100mEq/L。

上部消化管内視鏡像(A)及び食道造影像(B)を別に示す。


113A-33A.jpg
A

113A-33B.jpg
B


この患者でみられる可能性が低いのはどれか。

a 誤嚥
b 胸痛
c 咳漱
d 呑酸
e 体重減少


解答:MOREへ



2019/03/19 00:02 消化管・肝胆膵 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: