FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
Friedewaldの式を知っているか否か?という問題。
正答率は低かったようです。
私も当然知りませんでした。


rectangle_large_type_2_e6b3eb6b541882f2b29134b328283734.png

血清LDLの算出:Friedewald推定式 から


113A75
前夜から12時間絶食して早朝空腹時に採血した検査で、
総コレステロール250mg/dL、トリグリセリド120mg/dL、
HDLコレステロール80mg/dLであった。
Friedewaldの式を用いてLDLコレステロール値の推測値を求めよ。
ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、
小数第1位を四捨五入すること。

解答:①②③mg/dL



解答:MOREへ



2019/05/31 20:00 代謝・内分泌 TB(-) CM(0)

Papanicolaou染色標本:99医F46改題

歯科国試験でも役立つ喀痰細胞診の問題:108医G48

でも扱ってきた問題です。
今年も、また出されたようです。

この染色関係の問題でも、歯科でもよく出されてはいますが、
詳しい内容までは問われてはいないようです。


113A40

78歳の男性。血痰を主訴に来院した。
1か月前から1日数回の血痰が出現したため受診した。
発熱や咳嗽は自覚していない。
6か月前の健診では特に異常を指摘されていない。
喫煙歴は20本/日を58年間。体温36.7℃。脈拍64/分、整。
血圧122/78mmHg。呼吸数16/分。 SpO2 97%(room air)。
眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。
心音と呼吸音とに異常を認めない。
血液検査および胸部単純CTで異常を認めない。
喀痰細胞診のPapanicolaou染色標本を別に示す。


thumb_113A-40.jpg


次に行うべき検査はどれか。

a 気管支内視鏡検査
b 胸腔鏡検査
c 縦隔鏡検査
d 胸部MRI
e PET/CT



解答:MOREへ



2019/05/29 06:00 呼吸器 TB(-) CM(0)
間違えようがない問題!


113E40

45歳の男性。
3か月前から倦怠感と息切れを自覚するようになった。
頸部にしこりを触れることに気が付き、心配になって受診した。
既往歴と家族歴に特記すべきことはない。職業は会社員。
妻と子ども2人と同居している。
精査の結果、悪性リンパ腫と診断し、抗癌化学療法が必要と判断した。
患者は「最近転職したばかりで、今後の仕事や会社との関係について
とても不安なので、利用できる支援制度について相談したい」と言う。
患者への説明にあたり他の職員の同席を求めることにした。
同席者として最も適切なのはどれか。

a 看護師
b 薬剤師
c 事務職員
d 同僚の医師
e 医療ソーシャルワーカー



解答:MOREへ

2019/05/28 22:13 医療面接・医療安全 TB(-) CM(0)
今日も非常に基本的な問題。
この類の問題は歯科でもよく出されますね。


web2017081401.jpg
midori-hp.or.jp/radiology-blog/contrast_enhanced_mri/ から


113E16
MRIでガドリニウム造影剤を使用する際に、
最も注意すべき患者背景はどれか。

a 脳卒中
b 心房細動
c 間質性肺炎
d 頭蓋内圧亢進症
e 人工透析中の慢性腎不全



解答:MOREへ


2019/05/27 21:21 放射線 TB(-) CM(0)
古い問題ですが。


Hematuria.jpg 
https://www.assignmentpoint.com/science/medical/hematuria.html から


97D35
12歳の男児。学校の腎臓病検診で血尿を指摘され来院した。
自覚症状はなく、身体所見も異常はない。
血圧106/64mmHg。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、
沈渣に赤血球10~15/1視野、白血球2~3/1視野、円柱なし。
血液所見:赤沈6mm/1時間、赤血球420万、Hb14g/dl。
血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、ァルブミン4.9g/dl、
尿素窒素8mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、
総コレステロール170mg/dl。
血清補体値正常。
今後の管理として適切なのはどれか。

a. 普通の生活をさせる。
b. 軽い運動だけさせる。
c. 教室内学習だけさせる。
d. 家庭で安静を守らせる。
e. 入院させて加療する。


解答:MOREへ

2019/05/25 06:34 小児・発達 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: