FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
今日も非常に基本的な問題。
この類の問題は歯科でもよく出されますね。


web2017081401.jpg
midori-hp.or.jp/radiology-blog/contrast_enhanced_mri/ から


113E16
MRIでガドリニウム造影剤を使用する際に、
最も注意すべき患者背景はどれか。

a 脳卒中
b 心房細動
c 間質性肺炎
d 頭蓋内圧亢進症
e 人工透析中の慢性腎不全



解答:MOREへ


2019/05/27 21:21 放射線 TB(-) CM(0)
古い問題ですが。


Hematuria.jpg 
https://www.assignmentpoint.com/science/medical/hematuria.html から


97D35
12歳の男児。学校の腎臓病検診で血尿を指摘され来院した。
自覚症状はなく、身体所見も異常はない。
血圧106/64mmHg。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、
沈渣に赤血球10~15/1視野、白血球2~3/1視野、円柱なし。
血液所見:赤沈6mm/1時間、赤血球420万、Hb14g/dl。
血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、ァルブミン4.9g/dl、
尿素窒素8mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、
総コレステロール170mg/dl。
血清補体値正常。
今後の管理として適切なのはどれか。

a. 普通の生活をさせる。
b. 軽い運動だけさせる。
c. 教室内学習だけさせる。
d. 家庭で安静を守らせる。
e. 入院させて加療する。


解答:MOREへ

2019/05/25 06:34 小児・発達 TB(-) CM(0)
SBAR(エスバー)に関する問題。
私はよく知りませんでした。
歯科でも出そうな問題でしょう。


113E7
コミュニケーションツールの一つであるSBAR
(Situation, Background, Assessment, Recommendation)に基づいて、
研修医が指導医に担当患者の病状を報告している。

 研修医「担当の患者さんの状態について報告と相談をさせてください」

 指導医「どうぞ」

 研修医「78歳の女性で、①昨日大腿骨頸部骨折に対する手術を行い、維持輸液を継続しています。
②本日明け方から息苦しさを訴えています」

 指導医「患者さんの状態はどうですか」

 研修医「③SpO2はルームエアーで92%、両側でcoarse cracklesを聴取し、心不全発症の可能性を疑います。
④まずは酸素投与を開始すべきと考えます」

 指導医「分かりました。⑤今から私と一緒に患者さんの病状を確認しましょう」

SBARの「R」に相当するのは下線のうちどれか。

a ①
b ②
c ③
d ④
e ⑤


解答:MOREへ




2019/05/24 22:54 医療面接・医療安全 TB(-) CM(0)
比較的簡単ですが、正解率は8割強。

304788-001-569f20f53df78cafda9de747.jpg 
www.verywellhealth.com/is-early-treatment-for-rheumatoid-arthritis-recommended-190331 から



113B20

関節リウマチの関節外病変はどれか。

a 外陰部潰瘍
b 間質性肺炎
c 後腹膜線維症
d 虚血性視神経症
e 大動脈弁閉鎖不全症


解答:MOREへ

今日は当直明けで疲労気味。
ということで簡単なところで。
ただ、思いのほか9割以上の正解率ではないのが不思議。

106I45

68歳の女性。皮膚の出血斑を主訴に来院した。
打撲した記憶がないにもかかわらず、
数か月前から両側の手背と前腕とに出血斑が
見られることが気になっていたという。
鼻出血と歯肉出血とを認めない。
口腔粘膜に点状出血を認めない。
両側の手背と前腕とに径3~5cmの紫斑を3個認める。
血液所見:赤血球468万、Hb 13.9g/dL、Ht 42%、白血球6,300、
血小板20万、PT 98%(基準80~120)、APTT 33秒(基準対照32)。

対応として適切なのはどれか。

a 経過観察
b 骨髄穿刺
c 血清免疫電気泳動
d 血小板凝集能測定
e 凝固因子活性測定


解答:MOREへ



2019/05/21 20:41 血液・凝固系 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: