> 2019年05月01日 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
令和元年ですが、特に変わらずというのが本音でしょうか。
変わらずに淡々と記事up。

falls.jpg
Falls から


108F22

88歳の女性。肺炎のため入院中である。
もともと認知症があり要介護3であったが、食事は自力摂取できていた。
2日前に肺炎のため入院となり治療を行った。
本日朝には平熱となり、介助によって経口摂取も可能となった。
同日深夜、物音に気付いて看護師が訪室すると、
患者がベッド脇の床に倒れていた。
当直医が呼ばれて診察したところ、出血や裂創はみられないが、
患者は「いたい、いたい」とうめくように繰り返していた。
意識レベルはJCS I-2。身長148cm、体重44kg。
体温35.8℃。脈拍84/分、整。血圧132/80mmHg。
頭部に皮下血腫を認めない。対光反射は正常。
眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。
上肢に麻痺を認めない。
心音と呼吸音とに異常を認めない。
腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腹部に圧痛を認めない。
左下肢を動かすと疼痛が増強する。
両足背に軽度の圧痕を残す浮腫を認める。
下肢の色素沈着や紫斑を認めない。
痛みの原因を明らかにするために必要な検査はどれか。

a 胸部造影CT
b 腹部超音波検査
c 下肢静脈超音波検査
d 胸部エックス線撮影
e 股関節エックス線撮影


解答:MOREへ

2019/05/01 12:08 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: