> 2019年07月20日 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1

3509-Emergency_Room-1296x728-header.jpg
Why Do So Many People Still Go to the Emergency Room?
から引用


医師国試験ではよく出るパターン。
必修長文のようです。


出典:
medu4:114B44
medu4:113B45



次の文を読み、44、45の問いに答えよ。

113B44

67歳の男性。心停止の状態で救急車で搬入された。
現病歴:今朝6時頃、妻が寝室に起こしに行った際には返答があったが、
1時間経っても起きて来なかった。
再度呼びに行くと目を閉じたままで反応がないため、午前7時に救急車を要請した。
5分後に救急隊が到着し、心停止と判断した。
かかりつけ医には連絡せず、心肺蘇生を行いながら救命救急センターに搬送した。
救命救急センターでpulseless electrical activity〈PEA〉と判断し、
心肺蘇生を継続した。研修医が胸骨圧迫を継続する傍ら、
指導医が薬物投与のため静脈路の確保を行うこととした。

静脈路確保で第一選択となる部位はどこか。

a 大腿静脈
b 内頸静脈
c 鎖骨下静脈
d 大伏在静脈
e 肘正中皮静脈


13B45

既往歴:20年前から糖尿病、高血圧症と診断され、内服治療を続けていた。
生活歴:喫煙歴は65歳まで20本/日を45年間。飲酒は焼酎2合/日を週3日。
搬入時に行った静脈採血の結果は以下のとおりであった。
検査所見:血液所見:赤血球322万、Hb 10.1g/dL、Ht 31%、白血球8,800、血小板11万。
血液生化学所見:AST 92U/L、ALT 78U/L、尿素窒素82mg/dL、クレアチニン9.8mg/dL、
血糖228mg/dL、Na 142mEq/L、K 9.8mEq/L、Cl 112mEq/L、Ca 8.6mg/dL。CRP 2.3mg/dL。
院内救急コールで駆け付けた内科および外科病棟当直医が、
救命救急センターの研修医、指導医とともに心肺蘇生を継続した。
その後も心拍は再開せず、患者の死亡が確認された。
かかりつけ医に連絡をとると、この患者は糖尿病腎症による慢性腎不全のため、
近々人工透析の導入予定で、最終受診は1週間前であった。

死亡診断書を交付できないのはどれか。

a 死亡確認を行った内科病棟当直医
b 救命処置を補助した外科病棟当直医
c 電話で死亡報告を受けたかかりつけ医
d 救命処置を行った救命救急センターの指導医
e 救命処置を行った救命救急センターの研修医


解答:MORE



2019/07/20 23:55 総合診療・救急・症候学 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: