> 2019年11月 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1

main_doctor-x_S6.jpg
web.videopass.auone.jp/navi/article/45153 から


昨日のドクターXで、話の中心になった疾患。
ドラマを観ていれば、それだけで分かってしまうでしょう。

非常に非現実ではあるドクターXだが、
それなりに、勉強になるドラマです。

出典:medu4:113F56


113F56

1歳の男児。停留精巣の手術のため手術室に入室した。
麻酔はマスクで酸素と揮発性吸入麻酔薬を投与し、
ゆっくりと入眠させる緩徐導入で行った。
静脈路を確保し、気管挿管のため筋弛緩薬を静注したところ、
突然心拍数が120/分から160/分に増加した。
気管挿管時に開口障害があり、気管チューブの挿入に難渋した。
人工呼吸開始後に尿道カテーテルを挿入したところ、赤褐色の尿が排出された。
その後体温は急上昇し37.0℃から40.0℃になった。
動脈血ガス分析で代謝性アシドーシスを認めた。
最も考えられるのはどれか。

a 敗血症
b 尿路出血
c 腎盂腎炎
d 悪性高熱症
e 悪性症候群


解答:MOREへ




2019/11/29 22:30 麻酔 TB(-) CM(0)
非常に正答率が低かった問題。
少し改編してみました。

出典:medu4:104A45

104A45

8か月の乳児。発達の遅れを主訴に来院した。
4か月健診で肝・脾の腫大を指摘され経過観察されていた。
2か月前から全身の筋緊張亢進が著明になった。
首はすわっているが、寝返りとお座りとはできない。
身長64.1cm(-2.3SD)、体重6.9kg(-2.2SD)。
顔貌に異常を認めない。
腹部は膨隆し、右肋骨弓下に肝を5cm、左肋骨弓下に脾を7cm触知する。
ある疾患も疑い、骨髄穿刺を行ったところ、以下のような細胞が認められた。


self4_q9_04.jpg

本疾患と関係のあるものを3つ選べ。

a 常染色体優性遺伝
b 常染色体劣性遺伝
c 骨クリーゼ
d スフィンゴミエリン
e グルコセレブロシド


解答:MOREへ





2019/11/26 23:06 小児・発達 TB(-) CM(0)
久々の更新。

今回は頻出の内容です。

出典:medu4:113D73


113D73

44歳の男性。過活動を心配した妻に連れられて受診した。
3か月前から疲れがとれないと訴え、朝は起床が困難で、会社に遅刻するようになった。
2週間前から、特にきっかけなく急に元気になった。
「体調が最高なので、眠らなくても全く疲労を感じない」と言い、
夜中に欧州支社の担当者と国際電話で話し続け、
ほとんど眠らずに出勤するようになったため、妻に連れられ受診した。
早口・多弁で、よく話すが話題が転々と変わりやすい。
妻が家における患者の状態について話すと、些細なことで不機嫌になった。
意識は清明であり、身体所見に異常を認めない。
治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。

a バルプロ酸
b ジアゼパム
c 炭酸リチウム
d イミプラミン
e パロキセチン


解答:MOREへ


2019/11/23 21:42 精神・心療内科 TB(-) CM(0)
いや、これは難しいかも?
私もできませんでした。
超割れ問!

出典:medu4:113D61


113D61

52歳の男性。発熱を主訴に来院した。
3日前に発熱と咳嗽および膿性痰が出現し、改善しないため来院した。
5年前から糖尿病で内服治療中である。
食事は普通に摂取でき、飲水もできている。
意識は清明。体温39.1℃。脈拍112/分、整。血圧140/86mmHg。
呼吸数18/分。SpO2 97%(room air)。
左下胸部でcoarse cracklesを聴取する。
血液所見:白血球17,900(桿状核好中球4%、分葉核好中球84%、単球2%、リンパ球10%)。
血液生化学所見:AST 62U/L、ALT 54U/L、尿素窒素16mg/dL、クレアチニン0.8mg/dL、
血糖150mg/dL。CRP 10.6mg/dL。
喀痰Gram染色でGram陽性双球菌を認める。
尿中肺炎球菌迅速抗原検査が陽性である。
胸部エックス線写真を下に示す。

thumb_113D-61.jpg

患者への説明として適切なのはどれか。


a 「肺炎ですが重症ではないので外来で治療しましょう」
b 「炎症反応が高く重症化しやすいので入院して治療しましょう」
c 「肺炎球菌性肺炎は死亡率が高いので集中治療室に入室しましょう」
d 「肝機能障害があり、重症化しやすいので入院して治療しましょう」
e 「糖尿病を合併しており、重症化しやすいので入院して治療しましょう」


解答:MOREへ




2019/11/10 18:04 呼吸器 TB(-) CM(0)
時々、出る感染症関係の問題。

出典:medu4:113D57


tsu-ph.jpg
www.pref.toyama.jp/branches/1279/kansen/tsutsuga/tsutsuga1.htm から



113D57

61歳の男性。発熱と皮疹を主訴に来院した。
一昨日から発熱があり、昨日から体幹に紅斑が出現した。
本日になり紅斑が四肢にも広がってきたため来院した。
発熱は持続し、頭痛を伴っている。紅斑に痒みは伴っていない。
腹痛や下痢を認めない。
1週間前に山に入り、伐採作業をした。同様の症状を訴える家族はいない。
意識は清明。身長162cm、体重62kg。体温38.8℃。脈拍96/分、整。
血圧146/88mmHg。呼吸数20/分。SpO2 97%(room air)。
体幹・四肢に径2~3cmの紅斑が散在する。
右鼠径部に、周囲に発赤を伴った直径5mmの痂皮を認める。
眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。咽頭の発赤や扁桃の腫大を認めない。
心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
神経診察に異常を認めない。関節の腫脹を認めない。
尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。
血液所見:赤血球488万、Hb 14.1g/dL、Ht 42%、
白血球4,300(桿状核好中球12%、分葉核好中球55%、好酸球1%、
好塩基球1%、単球15%、リンパ球16%)、血小板9万。
血液生化学所見:総蛋白7.5g/dL、アルブミン3.9g/dL、総ビリルビン0.9mg/dL、
AST 76U/L、ALT 46U/L、LD 356U/L(基準176~353)、γ-GTP 45U/L(基準8~50)、
CK 46U/L(基準30~140)、尿素窒素22mg/dL、クレアチニン0.9mg/dL、血糖96mg/dL、
Na 134mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 98mEq/L。CRP 7.4mg/dL。
適切な治療薬はどれか。

a ペニシリン
b アシクロビル
c アミノグリコシド
d アムホテリシンB
e テトラサイクリン



解答:MOREへ




2019/11/07 19:43 感染症・微生物学 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: