> 2020年05月 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
本当に久々のブログ更新。

心房細動(AF)患者における骨粗鬆症性骨折リスクは、
使用する抗凝固薬の種類によってどう違うのか?
についての問題ですが、あくまでも普遍、決定的なものではないことを
断っておきましょう。
ある研究結果による結果からの問題と理解ください。

fracture risk
New genetics findings unravel key components of fracture risk in osteoporosis


問題

以下のうち正しいのは?

a ワルファリンおよび直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の骨折リスクは同等である。
b ワルファリンの骨折リスクは、DOACのそれよりも高い。
c DOACの骨折リスクは、ワルファリンのそれよりも高い。


解答などは、MOREへ

2020/05/31 14:39 整形外科 TB(-) CM(0)
コロナ肺炎がらみというわけでもないですが、
現在、入院している患者さんに本問題と同じ疾患を持っていたので、
確認という意味で出題。

来年の国試ではコロナ関係の問題が出題されるかもしれませんね。


出典:medu4:101A14
解説は一部、参考にしています。


101A14

45歳の男性。息切れを主訴に来院した。
30歳ころから咳嗽、粘膿性痰および喘鳴を自覚していた。
1年前から坂道と階段とでの息切れを自覚するようになった。
小学生時から慢性副鼻腔炎があり、2回の手術歴がある。
喫煙歴はない。
身長171cm、体重56kg。体温37.1℃。脈拍76/分、整。血圧112/74mmHg。
手指に軽度のバチ指を認める。
両側胸部に吸気時のcoarse cracklesと呼気時のwheezesとを聴取する。
血液所見:赤沈37mm/1時間、白血球9,600。
血清生化学所見:IgG1,850mg/dL(基準960~1,960)、
IgA620mg/dL(基準110~410)、IgM280mg/dL(基準65~350)。
免疫学所見:CRP8.3mg/dL、寒冷凝集反応512倍(基準128以下)。
喀痰からムコイド型の緑膿菌が検出された。
動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.42、PaO2 64Torr、PaCO2 42Torr。
胸部エックス線写真(A)と胸部単純CT(B)とを別に示す。


thumb_101A-14A.jpg
A

thumb_101A-14B.jpg
B

治療として適切なのはどれか。

a シクロスポリン内服
b エリスロマイシン内服
c シクロホスファミド内服
d 副腎皮質ステロイド薬内服
e 副腎皮質ステロイド薬吸入


解答:MOREへ




2020/05/08 22:47 呼吸器 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: