> 介入研究 108医H7、106医G31 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
介入研究 108医H7、106医G31

医師国家試験過去問データベース から

kainyu.gif
http://sugp.wakasato.jp/Material/Medicine/cai/text/subject14/no4/html/section1.html




この手の問題、来年の歯科国試でも出そう。



108医H7

108h7.jpg



106医G31

106g31.jpg 


解答:MOREへ


スポンサーリンク


解答


108医H7

108h7.jpg

正解  d

theme: 介入研究

comment:
被験者をグループ分けして片方に投薬し片方にプラセボを与える、
といった積極的に研究者が介入していく研究を介入研究と呼ぶ。

一方、すでにある事象を介入することなく記録・分析する研究が観察研究である。

a~c・e これらはすべて観察研究に分類される。

d 正しい。介入研究である。


106医G31

106g31.jpg 

正解 a

theme: コホート研究

comments:
a 正しい。要因の有無により2群に分けて追跡するのがコホート研究である。
b 過去から現在であっても、追跡調査であればコホート研究となる(後向きコホートと呼ばれる)。
c まれな疾患の研究に適しているのは症例対照研究。
d コホート研究は観察研究に位置づけられる。介入研究ではない。
e 相対危険度・寄与危険度ともに計算可能。



補足
 

・臨床研究には、横断的研究と縦断的研究があります。

横断的研究として横断研究ではある一時点における、要因への曝露率や、有病率を調査します。
 継時的な要素はないので、要因への曝露の有無と、疾患の有無は対等な関係です。
 追跡しないため、一定期間の発症率である罹患率は調査できません。

縦断的研究としては、罹患や治療の前から対象集団を要因への曝露や治療法で分けておいてから追跡する前向き研究と、
 罹患者とそれに対応した対照者を集めてから以前の要因への曝露を調査する後向き研究があります。

 

コホート研究介入研究は、どちらも原則的には前向き研究であり、まず対象集団を決めることから始まります。

コホート研究は、
 介入せずに要因への曝露群と対照群(非曝露群)に分けて、
 それぞれの罹患率や死亡率などに差異がないかを追跡します。

介入研究では、
 介入により治療群と対照群(非治療群)に分けて、
 それぞれの治癒率、有害事象の発生率や死亡率などに差異がないかを追跡します。

・なお、症例対象研究は、後向き研究であり、まずは発症者を対象集団として決め、
 それに対応する非発症者を対照集団として選択し、
 それぞれにおける要因への曝露群と対照群(非曝露群)を調査します。


・大きな違いとして、
 コホート研究と介入研究は最初の対象集団を全体(母集団)として罹患率や死亡率が計算できますが、
 症例対象研究では発症者も対照集団も全体から作為的に選択されているため、
 発症者が全体に占める割合がわからず、罹患率や死亡率を直接計算できません。

・そのため、コホート研究と介入研究ではオッズ比やリスク比を計算できるのに対して、
 症例対照研究ではオッズ比しか計算できません

・なお、横断研究では、全体に対する有病率を計算できるため、オッズ比もリスク比も計算できます。

・また、前向き研究では継時的(経時的)な追跡を行うため、
 要因と罹患との間に因果関係がありますが、
一時点の調査である横断研究では、要因と罹患との間の因果関係は判定できません

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n188562?__ysp=5LuL5YWl56CU56m2IOaUueWWhOeOhw%3D%3D から



kainu# 
臨床医学研究はランダム化比較試験のように、何らかの介入Interventionが行われて、
アウトカムの率の差の変化を統計学的に証明することによって、介入のアウトカムへの効果を証明するものである。

これ以外に、観察研究として、症例対照研究、コホート研究、横断研究がある。

これら4つが主要な臨床医学研究である。


http://tmomed.info/dh/8/8-4-r1.htm

関連記事
2016/12/15 22:37 疫学・統計 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: