> 高齢者の生理学(歯科国試) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
高齢者の生理学

physiological-changes-09-1-638.jpg
http://www.slideshare.net/kalaiarassi/physiological-changes-09

歯科国試問題から


1)105C-69 生理学
高齢者の生理的変化で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 機能的残気量が減少する。
b 圧受容体反射機能が亢進する。
c 血清アルブミン濃度が減少する。
d クレアチニンクリアランスが上昇する。
e 脳血流量の自動調節能が右方移動する。



2)106A-66
高齢者で低下するのはどれか。2つ選べ。

a 脈圧
b 耐糖能
c 糸球体濾過率
d 機能的残気量
e 肺胞気-動脈血酸素分圧較差(A-aDO)



3)107A-35
老化に伴って低下するのはどれか。 1 つ選べ。

a 食後血糖
b 収縮期血圧
c 末血管抵抗
d 動脈圧受容器反射機能
e 血清総コレステロール


4)107C-73
老化に伴う呼吸器系の変化はどれか。 1 つ選べ。

a 残気量の増加
b 肺活量の増加
c 咳嗽反射の亢進
d ガス拡散能の上昇
e 胸郭コンプライアンスの上昇




5)108A-54 
高齢者の生理的特徴で正しいのはどれか。2 つ選べ。

a 呼吸数は増加する。
b 肺残気量は低下する。
c 収縮期血圧は上昇する。
d 動脈血酸素分圧は低下する。
e 姿勢変化による血圧変動は小さい。




6)108A-16 
老化に伴う口腔機能の変化で正しいのはどれか。1 つ選べ。

a 刺激唾液の増加
b 咀嚼時間の短縮
c 味覚閾値の低下
d 最大咬合力の低下
e 喉頭侵入頻度の減少





解答はMOREをクリック

スポンサーリンク


解説、解答


1)105C-69 生理学

高齢者の生理的変化で正しいのはどれか。2つ選べ。

a 機能的残気量が減少する。           ×
b 圧受容体反射機能が亢進する。        ×
c 血清アルブミン濃度が減少する。        ○
d クレアチニンクリアランスが上昇する。   
    老人では腎機能低下にてろ過率低下   ×
e 脳血流量の自動調節能が右方移動する。 ○

慢性高血圧の患者になると、脳灌流圧と脳血流のカーブは右へシフトするため、
自動調節能が働く範囲は、100~120mgHgとなる。
そのため、慢性高血圧の患者においては、
正常血圧者にとっては安全な血圧の範囲でも、
急激な平均血圧や脳灌流圧低下が、脳虚血を惹起する可能性がある。


 745a90c1.jpg
http://blog.livedoor.jp/thnkks0304/archives/cat_50047873.html?p=2



解答 c e



2)106A-66

高齢者で低下するのはどれか。2つ選べ。

a 脈圧
    低下もありえるが? ×?

b 耐糖能
    明らかに低下 ○

c 糸球体濾過率
    これも低下  ○

d 機能的残気量
    逆に増大  ×

1.gif 

機能的残気量⇒残気量+予備呼気量
スパイログラムで直接測定できるもの
⇒肺活量(VC)、1回換気量(TV)、吸気予備量(IRV),呼気予備量(ERV)、最大吸気量(IC)
*残気量(RV)を成分として含むものはスパイログラムで直接測定できない。
          (残気量・機能的残気量・前胚活量)
残気量は最大呼気位における肺気量。正常値は約1.2 l
若年健康者では全肺気量の20%ぐらいであるが、加齢とともに増加し70歳代には50%ぐらいになる。

http://www.geocities.jp/study_nasubi/i/i6.html


e 肺胞気-動脈血酸素分圧較差(A-aDO)  ×

A-aDO2の増大の原因として次の3つの病態が重要!!

換気血流比の不均等(肺梗塞)
拡散障害(肺気腫・肺線維症)
シャントの増大(Fallot四徴症・肺動静脈瘻・無気肺)

老人でCOPDなどの合併があれば低下するが、
一般に老化により低下はしないということか?



解答 bc




3)107A-35
老化に伴って低下するのはどれか。 1 つ選べ。

a 食後血糖
    上昇にて×

b 収縮期血圧
    BP↑にて×

c 末血管抵抗
    当然、上昇 ×

d 動脈圧受容器反射機能
    これは低下 ○

e 血清総コレステロール
    上昇 ×

解答d


4)107C-73
老化に伴う呼吸器系の変化はどれか。 1 つ選べ。

a 残気量の増加  ○

b 肺活量の増加
   低下 ×

c 咳嗽反射の亢進
   低下 ×

d ガス拡散能の上昇
  低下傾向 ×

e 胸郭コンプライアンスの上昇:言い換えると 肺の膨らみやすさ 上昇
  肺伸縮性低下にて×

高齢者の呼吸器の特徴 http://sekitann.com/kisochishiki_koureishanotokuchou.html

•背筋力が低下すると姿勢が悪化し、肺を圧迫しやすい
•呼吸にかかわる筋力が低下する
•肺が縮まる力が低下する
•肺活量、1秒量(深く息を吸い込んで、最初の1秒間に吐き出された空気量)が低下する
•運動時の最大酸素摂取量(1分間に身体に取り込める最大限の酸素量)が低下する
•嚥下反射が低下し、異物が気道に入りやすくなる
•せき反射が起こりにくくなり、異物の排除機能が低下する
•白血球などによる免疫(ウイルスや細菌などが体内に侵入した際に、
 排除して自分の身体を守ろうとする働き)
•機能が低下し抵抗力が弱まる
  

解答 a

5)108A-54 

高齢者の生理的特徴で正しいのはどれか。2 つ選べ。

a 呼吸数は増加する。
b 肺残気量は低下する。
c 収縮期血圧は上昇する。
d 動脈血酸素分圧は低下する。

e 姿勢変化による血圧変動は小さい。

解答 c d

6)108A-16 

老化に伴う口腔機能の変化で正しいのはどれか。1 つ選べ。

a 刺激唾液の増加
    むしろ低下 ×

b 咀嚼時間の短縮
    延長でしょう ×

c 味覚閾値の低下
    感じにくくなるので、閾値上昇 ×

d 最大咬合力の低下
    当然 咬む力は低下 ○

e 喉頭侵入頻度の減少
    逆に増大して、誤嚥肺炎が起きやすい ×


解答 d





関連記事
2015/06/25 17:32 高齢歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: