FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
ブロとも申請フォーム
google+1
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

薬物動態練習問題集

前回のNBDEの問題に類似した計算問題。
これはかなり難しい。

薬剤師国試レベルでしょう。
歯科国試レベルは超えるのではないでしょうか?



http://kusuri-jouhou.com/pharmacokinetics/mondai.html
から転用




問題1
体重60kgの患者に薬物Aを点滴静注し、血中濃度を10μg/mLに保ちたい。
薬物Aの半減期が3時間、分布容積が0.5L/kgのとき、点滴速度を計算せよ。
ただし、ln2=0.693とする。

問題2
抗てんかん薬フェニトインを服用している患者に対し、血中濃度を15μg/mLに保ちたい。
定常状態において、フェニトインの体内消失速度はMichaelis-Menten式で表わすことができ、
この患者のVmax(最大消失速度)は400mg/day、Kmは5μg/mLであった。

①.フェニトインのF(バイオアベイラビリティ)が1のとき、フェニトインの投与量を計算せよ。
②.この患者に負荷投与をしたい。フェニトインのVd(分布容積)を40Lとするとき、負荷投与量を計算せよ。
③.肝機能障害が起き、Vmaxが320mg/dayに落ちたとする。
  同じ量を投与し続けた場合、予想される血中濃度を計算せよ。

問題3
体重60kgの患者に薬物B100mgをリンゲル液250mLに溶かし、点滴静注させた。
5μg/mLの血中濃度を保ちたい。
薬物BのCLtotが10mL/min/kgのとき、点滴速度を計算せよ。

問題4
肝で代謝を受けず、未変化体として尿中排泄される薬物Cを
CLcr(クレアチニンクリアランス)が40mL/minの腎機能が低下している患者に投与したい。
ただし、腎機能が正常な患者のCLcrは120mL/minであり、
薬物Bを100mg静脈内投与したときのAUCは5.0mg・min/mL、
生物学的半減期は7時間であった。
なお、この二人の患者の体重・分布容積は等しいものとする。

①.腎機能正常患者での血中濃度を10μg/mLにするとき、維持投与速度を計算せよ。
②.腎機能低下患者での血中濃度を10μg/mLにするとき、維持投与速度を計算せよ。
③.腎機能が低下した患者に負荷投与をしたい。負荷投与量を計算せよ。
ただし、ln2=0.7とする。


解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)


解答

解答1
k=ln2/t1/2=0.693/3=0.231hr-1 、 Vd=0.5L/kg×60kg=30L

 定常状態では「投与速度=消失速度」となるので、
消失速度=C・CLtot=C・Vd・k=10μg/mL・30L・0.231hr-1=10mg/L・30L・0.231hr-169.3mg/hr ←投与速度

 

解答2
①.
フェニトインの消失速度はMichaelis-Menten式で表わすことができるので、下の式のようになる。

 

 ミカエリス・メンテン式

 

F=1 、 τ=1day 、 Vmax=400mg/day 、 Km=5μg/mL 、 Cp=15μg/mL

 

これらの値を代入して、D=300mg/day

 

②.
目標血中濃度Cp=15μg/mL、分布容積Vd=40L

 CpとVdの積を取ることで、定常状態のときに体の中に存在する総薬物量を出すことができる。

つまり、このとき計算した総薬物量を投与してやれば、体の中では定常状態のときと同じ量の薬物が流れるようになり、

いきなり定常状態にもってくることができる。

 

負荷投与量=Cp・Vd=15μg/mL×40L=15mg/L×40L=600mg

 

③.Vmaxが変化しただけなので、比で求めることができる。

 

 400mg/day : 15μg/mL = 320mg/day : C

 

C = 12μg/mL

 

 

 解答3
CLtot=10mL/min/kg×60kg=600mL/min

 

投与速度=消失速度=C・CLtot=5μg/mL×600mL/min=3000μg/min=3.0mg/min

 

ただし、今回はリンゲル液に溶かしているので、単位はmL/minで出さないといけない。

 

 100mg : 250mL = 3.0mg : XmL

 

 X=7.5mL

 

よって、3.0mgの薬物Bは7.5mLのリンゲル液に溶けていることが分かる。つまり、投与速度は7.5mL/minとなる。

 

 

 解答4
①.
AUC=5.0mg・min/mL 、 D=100mg なので、

 

 CLtot=D/AUC=100mg/5.0mg・min/mL=20mL/min

 

維持投与速度=消失速度=C・CLtot=10μg/mL・20mL/min=200μg/min=12mg/hr

 

②.
CLcr(クレアチニンクリアランス)は腎機能の指標である。薬物Cは肝で代謝を受けないので、ほとんどが腎によって排泄される。つまり、CLtot(全身クリアランス)はCLcr(クレアチニンクリアランス)に比例すると考えればよい。

 

 120mL/min : 200μg/min = 40mL/min(腎機能低下患者) : 維持投与速度(腎機能低下患者)

 

維持投与速度(腎機能低下患者)=50μg/min=3.0mg/hr

 

③.
腎機能が正常な患者での半減期が7hrである。そのため、分布容積Vdは正常患者をもとに計算しなければならない。計算した分布容積は正常患者も腎機能低下患者も等しいとしているので、そのまま使用することができる。

 

CLtot(正常患者)=20mL/min=1.2L/hr 、 k=ln2/t1/2=0.7/7=0.1hr-1

 

CLtot=Vd・kより

 

 Vd=CLtot/k=1.2L/hr÷0.1hr-1=12L

 

負荷投与量=C・Vd=10μg/mL・12L=10mg/L・12L=120mg



関連記事
2017/01/04 16:12 薬理学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど