> 矯正 国試ポイント4 (ロムニーハウスから) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
矯正 国試ポイント4 (ロムニーハウスから)

歯科医師国家試験対策サイト! DCロムニーハウスがお手伝い
December 18, 2016)からほぼ拝借です。

さらに、コンパクトにまとまっているようです。

1 歯の移動における「トルク」

・トルクの回転中心は「歯冠」!

・トルク移動させるには「歯冠にブラケット」を貼り、その溝に長方形のワイヤー(レクタンギュラ―ワイヤー)を入れる。
その際、ねじっていれる(専門用語で「トルクを付与」する)ことにより、力が作用し、歯根が動く。



★ちなみに、マルチブラケットには「エッジワイズ法」と「ライトワイヤー法」があり、
前者が一般的で「レクタンギュラ―ワイヤー」を用い、後者は「細いワイヤー」を用いる。

★なお、歯の移動で最も起こりやすいのは「挺出」

移動のしやすさランキング!

1位:挺出(重力)

2位:近心傾斜

3位:遠心傾斜

4位:近心歯体移動

5位:遠心歯体移動

6位:圧下



2 固定の様式

・「単純固定」というのは、固定源の歯が動くときに傾斜移動するもの。

・「不動固定」というのは、固定源の歯が動くときに歯体移動するもの。

・「準備固定」というのは固定源の歯が近心移動したとしても大丈夫なように、予め遠心に移動させておくこと。



3 固定の強さ

「最小の固定」は、抜歯空隙の1/2以上、大臼歯が近心移動してよい時。

「中等度の固定」は、抜歯空隙の1/41/2の範囲なら大臼歯が近心移動して良い時。

「最大の固定」は、抜歯空隙の1/4以下しか大臼歯が近心移動してはいけない時。



4 連続抜去法

CD4の順番で抜歯する方法!

注意点:アングル1級にしか行えない!(連続抜去法は大臼歯関係は改善できない)

   :過蓋咬合には行えない!(リスクとして「過蓋咬合」「前歯の舌側傾斜」)のため。


参考サイト:http://www.oralstudio.net/stepup/jisho/sakuin/E383AC/01619_01.php

5 保定

自然保定と器械保定がある。

・自然保定:咬合調整やセプトトミーなど

・器械保定:保定装置!



★保定装置による保定のポイント!

可撤式保定装置

Beggタイプリテーナー(ラップアラウンドリテーナー)

歯列を取り囲むもの

マルチブラケット装置の後の保定はこれが最も多用される!

Hawleyタイプリテーナー

ワイヤーが前歯部のみを取り囲むもの

前歯部のみを動かしたときに用いられる保定装置

・トゥースポジショナー

上下顎に装着される

最終微調整に用いられる

注意:口呼吸は用いることはできない



など


 



固定式保定装置

・犬歯間保定装置

下顎に用いる!

見分け方は簡単で、両側下顎犬歯間の「舌側」にワイヤーが貼られている

・舌側弧線装置(リンガルアーチ)



など


 




6 咬合挙上板と咬合斜面板

・ともに起こることは「臼歯部の挺出」と、「下顎前歯の圧下」

なお、咬合斜面板は「下顎前方移動」と、その反作用で「上顎前歯の舌側移動」が起こる。




7 舌側弧線装置(リンガルアーチ)

役割

・混合歯列期の「反対咬合」「歯の唇側移動」「歯の近遠心移動」

・永久歯列期の加強固定、保隙装置、保定装置



構造について

・主線(0.9mm)

・補助弾線(0.5mm)

・脚部

・維持装置

・バンド(維持帯環)


ortho_price_03.jpg 
http://www.kobe-kodomo.jp/ortho/price.html

補助弾線について

・単式:前歯部の唇側移動

・複式:前歯部の唇側移動

・指様:前歯部、(小臼歯部)の近遠心移動

・連続:小臼歯の頬側移動



維持装置について

・バンドにろう着される

・維持装置には維持管がある。この維持管に脚部をいれる。この両者を外れないようにするためにSTロックと呼ばれる維持線がある。



製作手順について

1 口腔内にバンドを試適(バンドプッシャー)

2 その状態で印象採得

3 印象面にバンドを戻し、接着剤で固定し、石膏を入れる

★ここでポイント!

石膏を入れる前に、パラフィンワックスをバンドの口蓋側に流すことがある。これはSTロックの維持管を鑞着する際に熱が石膏に逃げないようにするためである。すなわち、「バンドに維持装置をろう着するときに流蝋しやすくするため」である。

4 バンド入りの模型が完成

5 模型上にて、バンドの口蓋側に維持管をろう着

6 脚部の屈曲

7 主線の屈曲

8 脚部と主線をろう着

9 口腔内に合着

★ここでポイント!

セメントをバンドにつけるときは、歯頚部側から入れる!

10 口腔内から主線を外し、補助弾線をろう着

11 補助弾線の屈曲



★なお、バンドに維持管をろう着する手順は、印象前に行うこともある。

(スポットウェルダーにて1か所仮着してからろう着する)

★補助弾線のろう着は、「口腔内合着後」に行う!



結果として、ろう着部位は3つあることになる!

ろう着部位について

1 バンド-維持装置

2 脚部-主線

3 主線-補助弾線




8 アクチバトール

2級用は「下顎劣成長」に対して下顎成長促進する!

3級用は「機能的な下顎前突」に対して歯軸の改善を行う!

アクチバトールは口呼吸には用いることはできない。

★バイオネーターは口呼吸にも適応できるが、あくまでも『下顎劣成長にのみ適応で、下顎成長促進する

★アクチバトールもバイオネーターも『臼歯の挺出作用』がある。


関連記事

スポンサーリンク

2017/01/05 22:57 歯科矯正 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: