> 歯科国試:最後に見るべき把握点(ロムニーから) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1

 歯科医師国家試験対策サイト! DCロムニーハウスがお手伝い
 

 February 02, 2017 配信
February 02, 2017 配信

からの拝借、一部改編。。情報共有させていただきました。

確認には、いいことが書いてあるようですね。
さすがに、歯科国試専門サイトです。

 

1 換気量の増加≒「PaCO2↓」 つまり、アルカローシス

 

2 気道抵抗の増加、肺内シャント≒「PaCO2↑」 つまり、アシドーシス

 

3 麻酔の導入時間に影響する因子で覚えるべき点

・心拍出量

・心拍数

・機能的残気量

・血液/ガス分配係数

これらが低い麻酔導入は短くなる(速い≒短い)

 

4 気管支けいれんには?

・アミノフィリン

・イソフルラン

★イソフルランは「冠血管拡張作用」がある。

・ステロイド

・β刺激薬

などを用います。

 

注意:フェンタニルやバルビタールは誘発するもの

 

5 神経性ショックには?

まず「ショック体位」(下肢を挙げる)をとり、酸素吸入(チアノーゼに対し)

・血圧低下に対して「エフェドリン」

・徐脈に対して「アトロピン」

 

6 血圧と脈の変動で覚えるべき代表例

 

 

血圧

血圧

・二酸化炭素蓄積

浅い麻酔

・出血≒ショック

(ただし、神経性ショックは、徐脈になる。)

・頭蓋内圧亢進

・低体温

深い麻酔

 

 

7 全身麻酔の評価

・鎮静

・催眠

・筋弛緩

・神経遮断

 

8 RPP

収縮期血圧×心拍数

これが12000以上あると心筋虚血(STに変化)


もう少し、詳しく(Oral Studioから)
小生はしりませんでしたが。


【特徴】
心拍数(回/分)×収縮期血圧(mmHg)で算出される値。
心筋酸素消費量との間に高い相関があることから、指標として使われている。

【臨床的特徴】
心筋は組織の酸素需要に応じて血液を駆出する。すなわち、激しい運動などにより酸素需要は増大し、
心拍数と心拍出量が増加してRPPは増加。
→心筋の酸素需要にみあった冠血流が得られない場合は虚血が生じる。

【虚血性心疾患患者に対して・・・】
虚血性心疾患の患者では、12,000以上でも心電図のSTの低下や狭心痛が現れる可能性がある。
したがって、全身管理上、RPPを低く保ち心筋保護に努めるべきである。
ただし、頻脈で低血圧の場合には、RPPは低く抑えられていても
心筋虚血になっていることがあるので注意が必要である。


 

9 「BMI」(Kaup指数と計算は同じ)

 

体重kg/身長m2 (BMI18.525未満が正常)

 

10 「平均血圧」:そろそろ問われそう

 

              拡張期血圧+脈圧/3  (脈圧=収縮期血圧-拡張期血圧)

 

11 MCV」「MCH」「MCHC

MCV(平均赤血球容積) :  [ヘマトクリット値÷赤血球数]×10

MCH(平均赤血球ヘモグロビン量) : [ヘモグロビン÷赤血球数]×10

MCHC(平均赤血球ヘモグロビン濃度) : [ヘモグロビン÷ヘマトクリット値]×100

これを知っておくと、その症例が「小球性」「大球性」など見分けがつきます。基準値はおそらく記載されていると思います。

 

12 出血性ショック

・血圧低下

・皮膚に関しては、「冷たくなる」)

・末梢血管抵抗は上がる

・尿量は減少する

・末梢血管虚脱

 

★末梢血管抵抗が上がるのは「心原性ショック」と「出血性ショック」

★中心静脈圧が上がるのは「心原性ショック」


出血性ショックでは皮膚温は冷たくなると覚えてください。
敗血症性ショックと誤って記載されていました。

従って、「皮膚温が温かくなるのはどれか」という問題があった場合は、

正解は「エンドトキシンショック(敗血症性ショック)」となります。

 
本ブログで、”出血性ショック”でブログ内検索してみてください。




13 筋・筋膜性歯痛

非歯原性歯痛(歯の痛みの原因が歯でないもの)の主要な1つで、昨年は神経障害性歯痛が出題されました。
いわゆる「三叉神経痛」や「帯状疱疹後神経痛」などです。
類似したものには「神経血管性歯痛」があります。
これは109回の選択肢にもあった「片頭痛」が該当します。6)109歯A11(採点除外)
そして、今回紹介するのは「筋・筋膜性歯痛」です。
これも過去に2回ほど選択肢に含まれていますが、次のような点を把握しておきましょう

・トリガーポイントがある(咬筋、側頭筋)

・歯が関連しないため、咬合調整などはしない

・対応は「マッサージ」「生活習慣改善」など。

 
 

参考記事

歯科国試:内科全般 (109AC)



14 Frey症候群

・耳介側頭神経の損傷

・食事時の耳前部発汗

★耳下腺オペの合併症の1つ

  • 参考記事

 



 

15 問われると怖い「顔面神経麻痺」を起こす意外なもの

Guillain-Barre症候群

・サルコイドーシスのHeerfordt症候群(耳下腺腫脹)

 

 

関連記事

スポンサーリンク

2017/02/02 22:36 歯科国試全般 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: