様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
東北大歯学部、留年が突如1割超 卒業試験で不合格続出


yks_kimachi-shigakubu.jpg 
 
東北大歯学部付属病院
http://www.sendaiphoto.com/aoba/yks_kimachidori.htm


朝日新聞デジタル 2/7(火) 配信


東北大学歯学部が6年生を対象に実施した2016年度の「卒業試験」で、
これまでほとんどゼロだった留年生が突如、1割以上生まれた。

約50人のうち留年したのは6人で、
1割を超える「留年率」は国公立大学としては異例の高さ。
東北大は「たまたま水準に達しない学生が多かったため」と説明している。

歯学部によると、
実際に患者を診ながら知識や技術を習得する必修科目「臨床実習」の試験は、
事実上の卒業試験
とされる。

昨年10月中旬に実施され、約半数にあたる二十数人が不合格となった。
11月中旬の追試験を経て、最終的に6人が不合格となった。

歯学部は16年度から、それまでの卒業試験の出題形式を一変させた。

以前は13の診療科ごとに口頭試問も交えて合否を決めていた。

これを国家試験と同様に、
全診療科分の選択式問題をまとめて解答させる形式に変更

国家試験を強く意識したものとなった。

さらに以前の再試験は不合格科目だけを受け直せば良かったが、
16年度からは合格した科目でも一律に受け直す形に変更。
学生によると、こうした変更は試験直前に伝えられ、対応が難しかったという。


.
今まで、国立歯学部の卒業試験は私立に比べれば、
非常に優しかったということ。

卒試後に余裕もってストレスなく国試への準備に専念でそうです。

私立歯学部は厳しいですからね。
ただ、もう少し緩くしてもいいのではないでしょうか。

関連記事(一部広告含む)



関連記事
2017/02/07 17:31 お知らせ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: