> 病理:腫瘍総論 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
病理:腫瘍総論

oncology path
http://www.karger.com/Journal/Home/261183

歯科国試から

1)105C-97 病理学

上皮性異形成における病理組織学的所見はどれか。2つ選べ。

a 核小体の消失
b 核クロマチンの増加
c 細胞分裂像数の増加
d 基底細胞の水腫変性
e 核・細胞質比の減少


2)108A-66 
口腔粘膜上皮異形成の細胞異型性で正しいのはどれか。1 つ選べ。

a 核の淡染性
b 核分裂の減少
c 核・細胞質比の減少
d 滴状の上皮釘脚形態
e 核小体の増加と腫大



3)105A-20 病理学

浸潤癌と上皮内癌との鑑別で重要な病理所見はどれか。1つ選べ。

a 核の過染性
b 極性の喪失
c 基底膜の破壊
d 細胞の多形性
e 異型核分裂像の出現


4)97D-9 改 病理学
前癌病変はどれか。全て選べ。
a 白板症
b 紅板症
c 扁平苔癬
d 梅毒性絶縁
e 色素性乾皮症


5)105A-14 病理学

前癌状態はどれか。1つ選べ
a 紅板症
b 地図状舌
c 口腔扁平苔癬
d 多形滲出性紅斑
e 慢性再発性アフタ


6)106A-98

扁平上皮癌の亜型はどれか。2つ選べ。

a 疣贅癌
b 粘表皮癌
c 腺様囊胞癌
d 紡錘細胞癌
e エナメル上皮癌


7)108A-87 
海綿状血管腫の特徴はどれか。2 つ選べ。

a 波 動
b 硬 結
c 拍 動
d 退色性
e 被圧縮性



8)106C-1
急性白血病による歯肉出血の原因はどれか。1つ選べ。

a 線溶の亢進
b  白血球の増加
c  血小板の減少
d  血管壁の脆弱化
e  凝固因子の産生障害



9)107A-50
悪性腫瘍の発生に注意すべきなのはどれか。 2 つ選べ。

a Hunt 症候群
b Gardner 症候群
c Peutz-Jeghers 症候群
d Stevens-Johnson 症候群
e Melkersson-Rosenthal 症候群


10)106A-110 (既出)

遺伝子増幅が発癌に関わるのはどれか。1つ選べ。

a  APC
b  erb-B
c  p 16
d  p 53
e  Rb


解答:MOREをクリック

スポンサーリンク


解説、解答


1)105C-97 病理学
上皮性異形成における病理組織学的所見はどれか。2つ選べ。

a 核小体の消失       ×
b 核クロマチンの増加   ○
c 細胞分裂像数の増加  ○
d 基底細胞の水腫変性  ×
e 核・細胞質比の減少   ×

解説

細胞自体の異型性 atypismを問うている。

異型性とは、
正常細胞に比べ、

核/細胞質 比が増大
核内での細胞分裂が増加
核内のクロマチン増加
核の濃染
 など
を呈する細胞の状態

また、異型性を持つ細胞が増えるほど、細胞の配列も乱れる。
この状態が異形成 dysplasia
さらに、進むと癌化
3)の解説で示したシェーマを参考に!


解答 b c


2)108A-66 
口腔粘膜上皮異形成の細胞異型性で正しいのはどれか。1 つ選べ。

a 核の淡染性        ×
b 核分裂の減少      ×
c 核・細胞質比の減少  ×
d 滴状の上皮釘脚形態  ×
   細胞自体の異型性ではなく、細胞配列状態の異常
   http://www.ndu.ac.jp/~pathhome/ref/C0201_0.swf 参照

e 核小体の増加と腫大  ○


解答 e


3)105A-20 病理学
浸潤癌と上皮内癌との鑑別で重要な病理所見はどれか。1つ選べ。

a 核の過染性
b 極性の喪失
c 基底膜の破壊
d 細胞の多形性
e 異型核分裂像の出現

a, b, d, e は 全て、個々の細胞自体のatypismを意味する。

問うているのは、浸潤癌と上皮内癌における細胞配列の異常についての違いは何か?
ということである。

ということで、正解はc

下図を見ると よく理解できるでしょう。

上皮内癌 carcinoma in situ は、
atypismの強い細胞群の増殖は強いが、basement membrane内に留まった状態

浸潤癌 invasive cancer は、
atypismの非常に強い細胞群がbasement membraneを突き破った状態


dyplasia⇒carcinoma in situ
⇒invasive cancer への変化


open-uri20120726-14031-czh5oe.jpg 
https://www.healthtap.com/topics/i-have-ectodermal-dysplasia-and-i-want-to-know-if-this-will-effect-my-pregnancy


解答 c


4)97D-9 改 病理学

前癌病変はどれか。全て選べ。

a 白板症
b 紅板症
c 扁平苔癬
d 梅毒性絶縁
e 色素性乾皮症

解答 a b


解説 (Oral Studio 改編)

●前癌病変の定義
正常組織よりも癌を発生しやすい形態学的に変化した組織。(WHO 1972年)


●前癌状態の定義
癌発生の危険性が有意に増加した一般的状態。(WHO 1972年)

●前癌病変と前癌状態に含まれる疾患

前癌病変白板症
紅板症
乳頭腫
前癌状態梅毒
Plummer-Vinson症候群
口腔粘膜下線維腫症
扁平苔癬


白板症(はくばんしょう) leukoplakia
http://www.jsoms.or.jp/public/kouku_geka/setumei_koku.html

口腔粘膜、とくに頬粘膜や舌、ときには歯肉にみられる白い角化性の病変でこすっても剥離(はくり)しないものをいいます。
白板症は比較的頻度も高く、とくに舌にできたものは悪性化する可能性が高いため、
前がん病変の代表的なものとされています。
びらん(粘膜の浅い欠損)をともなうこともあり、ものが当たると痛かったり(接触痛)、食べ物がしみたりします。

024.jpg


(原因)
喫煙やアルコールによる刺激、義歯などによる慢性の機械的刺激や
歯科用金属から発生する微弱なガルバニー電流、ビタミンAやBの不足、
さらに体質なども関係するといわれています。

(治療)
ビタミンAを投与したり、禁煙により治癒することもあります。
しこりや潰瘍をともなうものは初期がんが疑われるため、
必ず組織をとって検査する必要があります(生検)。
白い部分が厚いもの、隆起したもの、びらんや潰瘍を伴うものは
悪性化(がん化)する可能性が高いので、切除します。
長年かかって悪性化する場合もあり、長期にわたる経過観察が必要です。


紅板症(こうばんしょう)
http://www.jsoms.or.jp/public/kouku_geka/setumei_koku.html

紅色肥厚症ともいわれ、舌、歯肉、その他の口腔粘膜に発生します。
鮮紅色でビロード状、表面は平滑な病変です。境界は明瞭なものが多くみられます。
初発症状として多くの症例で刺激痛が認められます。
一般的に50歳代以上の高齢者が全体の80%を占めています。
紅板症の50%前後が悪性化するといわれています。

紅板症

(治療)
外科的に切除するのが望ましいとされています。
悪性化する可能性が高いため、治療後にも経過観察を行う必要があります。

扁平苔癬(へんぺいたいせん)Lichen planus

皮膚や粘膜にできる角化性で炎症をともなう難治性の病変です。
口腔では頬粘膜に多く認めますが、舌や口唇にも生じます。白い粘膜の角化(かっか)が
レース状にみられ、周囲に発赤を伴うのが特徴です。


Plummer-Vinson症候群 (Oral Studio)

鉄欠乏性貧血により食道粘膜の膜状構造物や口角、口内炎、舌炎を見る疾患

《症状》
・低色素性貧血、鉄欠乏性貧血に舌炎、嚥下困難、匙状舌などを伴う
・鉄欠乏性貧血+食道粘膜萎縮

・赤い平らな舌を呈し灼熱感と疼痛を伴い嚥下障害
→粘膜の萎縮性変化→癌化する場合がある

・出血傾向は見当たらない

《合併症状》
Plummer Vinson症候群による、鉄欠乏性貧血の部分症状として舌乳頭が萎縮性変化し、舌表面が赤く平滑になる。
PlummerVinson症候群の他の症状としては食道粘膜萎縮による嚥下障害、スプーンネイル(匙状爪)が特徴的。
血液検査では血清鉄の減少とUIBCの上昇が認められる。治療法は鉄剤の経口投与。


97_D_047_pho01.jpg

spoon nail

spoon nail 



5)105A-14 病理学
前癌状態はどれか。1つ選べ

a 紅板症
b 地図状舌
c 口腔扁平苔癬
d 多形滲出性紅斑
e 慢性再発性アフタ

4)の解説から

解答 c


6)106A-98
扁平上皮癌の亜型はどれか。2つ選べ。

a 疣贅癌
b 粘表皮癌
c 腺様囊胞癌
d 紡錘細胞癌
e エナメル上皮癌

解答 ad

これは、通常の臨床医にとってはかなり難しい。
ここまで、通常の臨床歯科医に必要なのかな~ と疑問に思うところです。

 I.上皮性腫瘍
  A.表層上皮性の腫瘍
   1.乳頭腫 Papillomas
    a.扁平上皮性乳頭腫 Squamous cell papilloma
    b.移行上皮型乳頭腫 Transitional papilloma
    亜型:内反性乳頭腫 Inverted papilloma
   2.異形成上皮および上皮内癌 Dysplasia and carcinoma in situ
   3.癌
    a.扁平上皮癌 Squamous cell carcinoma
     亜型:疣状癌 Verrucous carcinoma
        紡錘形細胞癌 Spindle cell carcinoma
        癌肉腫 Carcinosarcoma
        移行上皮癌 Transitional cell carcinoma
    b.腺癌 Adenocarcinoma
    c.腺扁平上皮癌 Adenosquamous carcinoma
    d.未分化癌 Undifferentiated carcinoma
   4.カルチノイド Carcinoid tumor
  B.付属腺,唾液腺,涙腺の腫瘍
   1.腺腫
    a.多形性腺腫 Pleomorphic adenoma
    b.単形性腺腫 Monomorphic adenoma
     i.腺リンパ腫 Adenolymphoma
     ii.好酸性腺腫 Oxyphilic adenoma
   2.癌
    a.粘表皮癌 Mucoepidermoid carcinoma
    b.腺房細胞癌 Aciner cell carcinoma
    c.腺様嚢胞癌 Adenoid cystic carcinoma
    d.腺癌 Adenocarcinoma
    e.扁平上皮癌 Squamous cell carcinoma
    f.腺扁平上皮癌 Adenosquamous carcinoma
    g.未分化癌 Undifferentiated carcinoma
    h.多形性腺腫内癌 Carcinoma in pleomorphic adenoma

http://www.medical-e.net/medical/classification/head.html


7)108A-87 
海綿状血管腫の特徴はどれか。2 つ選べ。

a 波 動 ×
   難しいとこだが、×
b 硬 結 ×
c 拍 動 ×
   動静脈ろう の特徴
d 退色性
e 被圧縮性

解答 de

海綿状血管腫は(日本形成外科学会HP)

血管腫の一つです。といってもいわゆる「腫瘍(できもの)」ではなく「血管の奇形」と考えられています。

子供のころに気がつかれるのが殆どですが、ずっと後になってから明らかになってくるものもあります。

普通は皮膚が少し盛り上がり、押すと軟らかく中に血液を含んでいるので「ぷくぷく」とした感じがあります。

似たような病気として「動静脈ろう」というのがあり、時として合併していることがあるのですが、
「動静脈ろう」は触ると拍動を触れる ので海綿状血管腫とは区別することができます。

また皮膚の表面のほうは他の毛細血管が拡張するタイプの血管腫が合併していることもあります。
このようなタイプは「イチゴ状血管腫」と鑑別することが難しいことがあります。

「イチゴ状血管腫」は成長の過程で小さくなることがあるのに対して、海綿状血管腫は小さくなることはありません。


顔面に生じたcarvenous hemangioma

yjimageDV25AKF7.jpg 
http://www.network54.com/Forum/252562/thread/1055728862/Hemangioma


上記サイトはUSMLE Step 3 の試験準備用のもののようです。
英語ですが、参考になると思うので 頑張って読んでみてください。



8)106C-1
急性白血病による歯肉出血の原因はどれか。1つ選べ。

a 線溶の亢進
b  白血球の増加
c  血小板の減少
d  血管壁の脆弱化
e  凝固因子の産生障害

解答 c



9)107A-50
悪性腫瘍の発生に注意すべきなのはどれか。 2 つ選べ。

a Hunt 症候群

     Ramsay-Hunt症候群
    1)耳介,外耳道及びその周辺,もしくは軟口蓋の疼痛と帯状疱疹
    2)難聴,耳鳴,めまい
    3)顔面神経麻痺
    などの第7,8脳神経症状を来す症候群で,
    varicella zoster virus (VZV) の感染によるものと考えられている。


b Gardner 症候群

      大腸 ポリポージス症候群の一つ。
      遺伝性で癌化の傾向のきわめて強い大腸ポリポージスに,
      類表皮嚢腫,類腱腫,脂肪腫などの軟部腫瘍と,
      骨腫あるいは歯牙の異常を合併する もの。

0817-51.jpg 
大腸腺腫症(家族性大腸ポリポーシスとGadner症候群の総称)の
患者にみられる下顎骨の多発性骨腫。
http://www.midb.jp/old/db2/jp/disp.html?gid=48


c Peutz-Jeghers 症候群

   1.大腸や胃や小腸に過誤腫性のポリープを生じる。
       2.常染色体性優性遺伝である。癌化の報告はある。
       3.口腔、口唇、手掌、足蹠の色素斑が特徴的である。 
       4.多数のポリープが認められることが特徴である

PJS.jpg 
http://www.ne.jp/asahi/ishizuchi/hoshi/PJS.html


d Stevens-Johnson 症候群

    皮膚や粘膜の過敏症であり、多型紅斑との鑑別を要する。
    皮膚粘膜眼症候群ともいう。死亡例もある。
    原因は薬剤の副作用、ウイルスの感染、トリクロロエチレンなどの化学物質、
    悪性腫瘍、または原因不明な場合がある。 (Wikipedia)

e Melkersson-Rosenthal 症候群: 

   血管運動神経性浮腫(クインケ浮腫)を伴う反復性顔面神経麻痺


        1, 反復する顔面神経麻痺
        2, 口唇の腫脹
        3, 皺状舌(pilica tongue)
        を3徴とする疾患、口唇の生検では肉芽腫形成が見られるため、

        病理学的にはcheilitis granulomatosaと診断される。

a43654b4-s.gif 
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/53163510.html

Scrotal_Tongue379.jpg 
皺状舌
加齢とともに増加する。
ダウン症候群、先端巨大症、乾癬、シェーグレン症候群でも生じるらしい。
http://intmed.exblog.jp/d2010-03-29/

 より)


解答 bc


10)106A-110(既出)

遺伝子増幅が発癌に関わるのはどれか。1つ選べ。

a APC
b erb-B
c p 16
d p 53
e Rb

解答 b

組織学(口腔顔面系) 特集

参照


関連記事
2015/07/03 01:28 病理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: