> 病理:Systemic disease and miscellaneous status - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
病理:Systemic disease and miscellaneous status


Modern_Pathology_145x115.png
http://www.medscape.com/viewarticle/773161

歯科国試から


1)101B-116 病理学
骨膜反応がみられるのはどれか。2つ選べ。

a 骨肉腫
b 骨肉癌
c 慢性顎骨骨髄炎
d 線維性異形成症
e 骨形成線維腫



2)108A-118
造血幹細胞移植後の慢性GVHD に特徴的な病態はどれか。2 つ選べ。

a 線維腫
b 顎骨壊死
c 口腔乾燥症
d 再発性アフタ
e 口腔扁平苔癬様病変



3)106A-96
GVHD と類似した組織像を示す口腔粘膜病変はどれか。1つ選べ。

a  Behcet 病
b  口腔扁平苔癬
c  尋常性天疱瘡
d  壊死性潰瘍性口内炎
e  ジフテリア性口内炎



4)108C-36 
高齢者の口角びらんに関与するのはどれか。1 つ選べ。

a Quincke 浮腫
b 慢性耳下腺炎
c 口腔カンジダ症
d ヘルパンギーナ
e 全身性エリテマトーデス



5)107A-7
口唇部の集簇性小水疱形成を特徴とするのはどれか。 1 つ選べ。

a 手足口病
b 単純疱疹
c 類天疱瘡
d 尋常性天疱瘡
e 先天性表皮水疱症



6)107A-114
Sjögren 症候群における口唇腺生検での単核球浸潤の診断指標はどれか。
1 つ選べ。

a  赤血球
b  好中球
c  好酸球
d  好塩基球
e  リンパ球


7)107C-64
全身疾患と関連する口腔症状との組合せで正しいのはどれか。 2 つ選べ。

a 麻 疹 ―――――――――――――― Kaposi 肉腫
b 白血病 ―――――――――――――― 歯肉出血
c 腎不全 ―――――――――――――― 巨大舌
d 鉄欠乏性貧血 ――――――――――― 舌乳頭萎縮
e ヒト免疫不全ウイルス感染症 ―――― Koplik 斑



解答:MOREをクリック

スポンサーリンク


解説、解答


1)101B-116 病理学
骨膜反応がみられるのはどれか。2つ選べ。

a 骨肉腫 ○
sun burst appearance, spicula と呼ばれる骨膜を急に押し上げる
悪性の骨膜反応がみられる。

What is this bone tumor ?

 参照

b 骨肉癌 ×
What is this cancer?
中国語かしら?

c 慢性顎骨骨髄炎 ○
Garre骨髄炎では、玉ねぎ様骨膜反応 (onion peal)+
大臼歯の根尖病巣や抜歯窩感染などで、若年者に多い.

d 線維性異形成症 ×
fibrous dysplasia
下のXPで見るように骨膜反応は見られない。

 線維性異形成症
http://boneandspine.com/fibrous-dysplasia/

e 骨形成線維腫 ×

  09a4-1.jpg
下顎右小臼歯根尖部を中心に多胞性で長楕円形のX線透過像を認める。
境界は比較的明瞭で辺縁は強い弧状形態を示す。
病巣内部は蜂巣状に見える部分もあり多胞性を示す。
骨膜反応はみられない。
http://www2.kyu-dent.ac.jp/depart/hoshasen/tf-2009/09a4.html


解答 a c


2)108A-118

造血幹細胞移植後の慢性GVHD に特徴的な病態はどれか。2 つ選べ。

a 線維腫
b 顎骨壊死
c 口腔乾燥症
d 再発性アフタ
e 口腔扁平苔癬様病変

解答 c e

慢性GVHDの臨床徴候 http://www.hsct.jp/review/1006/rv2.php
臓器diagnostic
(確定所見)
distinctive
(特徴的所見)
other features
(その他の所見)
common
(共通所見)
口腔扁平苔癬様変化、板状角化症硬化性病変による開口制限口腔乾燥症、粘膜萎縮
粘液嚢胞、偽膜形成、潰瘍形成
歯肉炎、口内炎、発赤、疼痛

diagnostic(確定所見):その所見単独で慢性GVHDと診断できるもの
distinctive(特徴的所見):慢性GVHDに特徴的であるが臨床所見だけでは診断価値がなく、組織学的、画像所見などにより証明され、他疾患が否定される場合に診断できるもの
other features(その他の所見):慢性GVHDと確定診断できた場合慢性GVHDの一症状として取り上げることができるもの
common(共通所見):急性GVHD、慢性GVHDどちらでもみられるもの

粘膜の扁平苔癬様病変と白板症(leukoplakia)、口および周囲皮膚の硬化性変化は、
その所見のみで慢性GVHDと診断
できるものである。


歯科領域で、GVHD関連の口腔病変が重要なんだろうか?


3)106A-96
GVHD と類似した組織像を示す口腔粘膜病変はどれか。1つ選べ。

a  Behcet 病
b  口腔扁平苔癬
c  尋常性天疱瘡
d  壊死性潰瘍性口内炎
e  ジフテリア性口内炎

2)で説明した通り

解答 b


4)108C-36 
高齢者の口角びらんに関与するのはどれか。1 つ選べ。

a Quincke 浮腫
b 慢性耳下腺炎
c 口腔カンジダ症
d ヘルパンギーナ
e 全身性エリテマトーデス

口角びらん(口角炎) Angular Cheilitis (コトバンク より)

成人では、糖尿病、貧血(鉄欠乏性貧血、巨赤芽球性貧血、ビタミンB欠乏症などの病気で、
感染に対する抵抗力が低下しているときに細菌やカンジダが感染しておこることがあります。
抗生物質や副腎皮質ホルモン薬の長期使用が原因のこともあります。
高齢者は、このような原因がなくても、カンジダが感染しておこることがあります。


解答 c


5)107A-7
口唇部の集簇性小水疱形成を特徴とするのはどれか。 1 つ選べ。

a 手足口病
b 単純疱疹
c 類天疱瘡
d 尋常性天疱瘡
e 先天性表皮水疱症

解答 b


6)107A-114
Sjögren 症候群における口唇腺生検での単核球浸潤の診断指標はどれか。
1 つ選べ。

a  赤血球
b  好中球
c  好酸球
d  好塩基球
e  リンパ球

解答 e


シェーグレン症候群の診断基準 (1999年・厚生労働省)
http://www.kissei.co.jp/theater/kawaki/words/word03-01.html

1.生検病理組織検査で次のいずれかの陽性所見を認めること
  A. 口唇腺組織で4mm2あたり1focus(導管周囲に50個以上のリンパ球浸潤)以上
  B. 涙腺組織で4mm2あたり1focus(導管周囲に50個以上のリンパ球浸潤)以上

2.口腔検査で次のいずれかの陽性所見を認めること
  A. 唾液腺造影で Stage1(直径1mm未満の小点状陰影)以上の異常所見
  B. 唾液分泌量低下(ガム試験にて10分間に10mL 以下またはサクソンテストにて 2分間に 2g 以下)があり、
      かつ唾液腺シンチグラフィーにて機能低下の所見

3.眼科検査で次のいずれかの陽性所見を認めること
  A.シルマーテストで 5分間に5mm以下で、かつローズベンガル試験(van Bijsterveld スコア)で3以上
  B.シルマーテストで 5分間に5mm以下で、かつ蛍光色素試験で陽性

4.血清検査で次のいずれかの陽性所見を認めること
  A.抗 Ro/SS-A 抗体陽性
  B.抗 La/SS-B 抗体陽性


[診断基準]
上の4項目のうち、いずれかの2項目以上に該当すればシェーグレン症候群と確定診断する。



7)107C-64
全身疾患と関連する口腔症状との組合せで正しいのはどれか。 2 つ選べ。

a 麻 疹 ―――――――――――――― Kaposi 肉腫 ×
  AIDSとKaposi肉腫で正解

b 白血病 ―――――――――――――― 歯肉出血 ○

c 腎不全 ―――――――――――――― 巨大舌 ×

巨大舌の原因 
 http://www.shoojoo.jp/%E7%97%87%E7%8A%B6/%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E8%88%8C.htm

  1. ダウン症候群
  2. 多発性骨髄腫
  3. 甲状腺機能低下症
  4. 先端巨大症
  5. アミロイドーシス
  6. リンパ腫
  7. 血管浮腫
  8. 紅鮭斑、ポートワイン母斑、単純性血管腫
  9. 嚢胞性水滑液嚢腫
  10. I‐細胞病

d 鉄欠乏性貧血 ――――――――――― 舌乳頭萎縮 ○

Plummer Vinson症候群による、鉄欠乏性貧血の部分症状として舌乳頭が萎縮性変化し、
舌表面が赤く平滑になる。


e ヒト免疫不全ウイルス感染症 ―――― Koplik 斑
麻疹ーーー Koplik 斑

Koplik.jpg 
Koplik 斑
http://gallery4share.com/k/koplik-spots.html


解答 b d



関連記事
2015/07/03 23:52 病理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: