> 病理:口腔内感染症 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
病理:口腔内感染症

Screen-Shot-2014-01-22-at-11_32_54-AM.png
http://blogs.ubc.ca/sujikangdhdp2014/

歯科国試から


1)107A-126
下顎骨骨膜炎において最初に膿が貯留するのはどれか。 1 つ選べ。

a  骨膜と皮膚との間
b  骨膜と顎下腺との間
c  骨膜と皮質骨との間
d  骨膜と咀嚼筋との間
e  骨膜と歯槽粘膜との間


2)108C-52 
炎症性嚢胞はどれか。2 つ選べ。

a 歯根嚢胞
b 歯周嚢胞
c 萌出嚢胞
d 含歯性嚢胞
e 鼻口蓋管嚢胞


3)108C-96 
歯周炎を随伴する遺伝疾患はどれか。2 つ選べ。

a Sturge-Weber 症候群
b Peutz-Jeghers 症候群
c 低フォスファターゼ症
d von Recklinghausen 病
e Papillon-Lefèvre 症候群






解答:MOREをクリック


スポンサーリンク


解答、解説


1)107A-126

下顎骨骨膜炎において最初に膿が貯留するのはどれか。 1 つ選べ。

a  骨膜と皮膚との間
b  骨膜と顎下腺との間
c  骨膜と皮質骨との間
d  骨膜と咀嚼筋との間
e  骨膜と歯槽粘膜との間


急性下顎骨骨膜炎(Oral studioから)

■原因
根尖性歯周炎、辺縁性歯周炎より下顎骨膜周囲に炎症拡大、口腔常在菌が原因菌

■症状
発熱、倦怠感、食欲不振
角部・顎下部の腫脹・発熱・疼痛、開口障害、嚥下障害
骨膜下、顎下隙に膿瘍形成
原因歯の打診痛・咬合痛・動揺、原因歯周囲歯

下のシェーマから、分かるようにpusにより骨膜が押し上げられ、
pusはcortexの間に蓄積する

periostitis maxilla 
http://intranet.tdmu.edu.ua/data/kafedra/internal/stomat_hir/classes_stud/en/stomat/Стоматология/ptn/Хирургическая%20стоматология/3/5%20semestr/08.%20Acute%20odontogenic%20jaw%20osteomyelitis.htm


参考サイト:http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000217.html


解答 c


2)108C-52 
炎症性嚢胞はどれか。2 つ選べ。

a 歯根嚢胞
b 歯周嚢胞
c 萌出嚢胞
d 含歯性嚢胞
e 鼻口蓋管嚢胞

解答 a b

解説

顎骨に発生する嚢胞の分類
WHOの分類(1992改変)
(Oral Studio)

I .炎症性嚢胞
1)歯根嚢胞
2)歯周嚢胞

II .発育性嚢胞
1)歯原性嚢胞
(1) 含歯性嚢胞
(2) 歯原性角化嚢胞
(3) 側方性歯周嚢胞
(4) 腺性歯原性嚢胞

2)非歯原性嚢胞
(1) 鼻口蓋管嚢胞

III .その他の嚢胞性疾患
1)顔裂性嚢胞
(1) 正中口蓋嚢胞
(2) 正中歯槽嚢胞
(3) 球状上顎嚢胞
(4) 正中下顎嚢胞

2)術後性上顎嚢胞

3)上顎洞粘液嚢胞

IV .嚢胞性疾患
(1) 単純性骨嚢胞
(2) 静止性骨空洞
(3) 脈瘤性骨嚢胞


3)108C-96 
歯周炎を随伴する遺伝疾患はどれか。2 つ選べ。

a Sturge-Weber 症候群 ×

先天性皮膚神経症候群の1つ

《特徴》
・三叉神経第1枝、2枝領域の血管腫と同側の脳萎縮
・脳の石灰化を認める疾患

(Oral Studio)

_174_sturge.jpg 
左顔面に生じたhemangioma
http://www.aapos.org/terms/conditions/103

7b1004dd1261476e4db63ae7ce02b2_thumb.jpg 
上の症例とは違うが、
SW症候群で生じた右側の著しい脳委縮

http://radiopaedia.org/articles/sturge-weber-syndrome-1
も詳しく説明(英語ですが)



b Peutz-Jeghers 症候群   ×

口唇などのメラニン沈着を伴う消化管ポリポーシス
歯周炎とは関係ない


参考: 病理:腫瘍総論


c 低フォスファターゼ症 ○

血清および骨アルカリホスファターゼの低活性により骨ならびに/あるいは歯での不完全な石灰化を特徴とする。
歯限局型低ホスファターゼ症(odontohypophosphatasia)は
乳歯の早期剥離および/または重症の虫歯が単独所見として
あるいは上記の低ホスファターゼ症の病型の一部として認められる。



d von Recklinghausen 病 ×

6個以上のカフェオレ斑(成人は1.5cm以上、子供は0.5cm以上の物)
2個以上の皮膚の神経線維腫またはびまん性神経線維腫
わきの下や股の部分の小色素斑
目にできる小さな腫瘍(虹彩小結節)
特徴的な骨の病変(高度な脊椎側湾症)
家系内に同じ病気の人がいる
17番染色体の長腕の欠損により生じる。
(Wikipedia)



4990-0550x0475.jpg
https://www.netterimages.com/neurofibromatosis-von-recklinghausens-disease-unlabeled-neurology-frank-h-netter-4990.html

体全体に生じる神経線維腫 neurofibromatosis と高度な側弯 severe scoliosis



e Papillon-Lefèvre 症候群 ○

手掌、足蹠角化症と重度歯周病による歯の脱落を主微とする疾患。

【原因】
常染色体劣性遺伝

【特徴】
・乳歯萌出直後より歯周病を発症し、歯槽骨の高度の吸収により、歯の動揺、脱落を生じる。
・永久歯も萌出するが、同様の結果となり、無歯顎となる。

(Oral Studio)

Papillon3.jpg 
本病気における重度歯周病による歯の欠損

http://adolfoarthur.com/japones/papillon.htm を参照



解答 ce


関連記事
2015/07/05 01:38 病理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: