FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
110回歯科国試C 薬理の分野

各薬物の作用機序、治療目的、副作用について詳しくまとめましょう。


1)110C21
110c21薬理


2)110C25
110c25薬理 口腔乾燥

Xerostomiaを引き起こす薬 (NBDE Part2)



3)110C114
110c114薬理 治療薬

解答:MOREへ


”薬がみえる” シリーズ は分かりやすいようです。



関連記事(一部広告含む)


解答

1)110C21
110c21薬理

正解 a

a β遮断薬:
単独または利尿薬との併用により、糖・脂質代謝に悪影響を及ぼすため、
高齢者や糖尿病、耐糖能異常などの病態を合併する場合は第一選択薬とはなりません。

突然中止すると離脱症候群として、狭心症あるいは高血圧発作を生ずることがあるため、徐々に減量して中止します。

β遮断薬は相対的にα1受容体を活性化させ、冠攣縮を誘発させる可能性があるため、
冠攣縮性狭心症例に用いる場合はCa拮抗薬と併用します。

ベラパミルやジルチアゼムとの併用は、徐脈や心不全をきたしやすく注意が必要です。

b ループ利尿剤:関係ない

c  H2 blocker :
胃酸抑制で徐脈とは関係ない。
認知症とは関係あり。

d 副交感神経遮断薬:むしろ頻脈

e ACE阻害薬:
下記のごとく空咳 dry coughの原因とはなるが、徐脈は起きない。

[副作用]
ブラジキニンの増量による空咳が服用者の20~30%にみられます。
稀に血管神経性浮腫による呼吸困難を生じます。
糖尿病治療薬のDPP-4阻害薬との併用で血管神経性浮腫が増加するとの報告があります。
腎排泄性であり、腎障害時は少量から投与します。
ARB同様、妊婦への投与は禁忌です。


2)110C25
110c25薬理 口腔乾燥
正解 d


a  ドネペジル塩酸塩(アリセプト)  ×

アセチル コリンエステラーゼ阻害薬
アルツハイマー病やレビー小体型認知症になると、
記憶や思考に関わるアセチルコリンという神経伝達物質が不足します。
アリセプトは、このアセチルコリンの分解を抑え、神経活動を高める働きをします。

アセチルコリンの分解酵素の働きを阻害するので、
副作用は脳以外のアセチルコリンが作用している消化器官、
心臓、泌尿器気に出やすい傾向にあります。

消化器官の不快症状

食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振、腹痛、便秘など

怒りっぽくなる

興奮、不眠、徘徊、暴力、といった神経が高ぶった精神状態

頻尿、失禁

頻繁に尿意を催す頻尿、尿失禁など

心拍、脈の乱れ

心拍数が低下する徐脈、不整脈、失神、動機、心拍が途絶える心ブロック、ふらつき、めまい

https://ninchisho-online.com/dementia/medicine/aricept/


b ピロカルピン塩酸塩 
×
非選択的ムスカリン受容体刺激薬。

ムスカリン受容体を介して眼圧を低下させるため、点眼薬として緑内障の治療に用いられる。
下記の作用から内服薬の形で口腔乾燥症の治療薬としても用いられている。


c アセチルコリン塩化物
骨格筋や心筋、内臓筋の筋繊維のアセチルコリンの受容体に働き、収縮を促進する。
自律神経の内、副交感神経を刺激し、脈拍を遅くし、唾液の産生を促す 活性がある。

d アトロピン ○

ch3_t3-5.png 
*1PI:イノシトールリン脂質
*2血管平滑筋細胞膜にはM3が分布しているので、Achが平滑筋に直接作用した場合、血管は収縮する。
しかし、内皮細胞膜上にはM3受容体が分布 しているので、血管内腔からM3受容体を刺激した場合 NO合成促進が起こる。
このNOを介して血管弛緩反応が生ずる。
もし、血管損傷により内皮 細胞が剥がれたり、機能が失われることによってNOが合成されなくなると、血管は収縮に転ずる。

https://www.kango-roo.com/sn/k/view/2171

e セビメリン
アセチルコリン類似化合物の一つ。
唾液腺に分布するムスカリン性アセチルコリン受容体に作用して、唾液分泌を促進する。


3)110C114
110c114薬理 治療薬
正解 d

a  オセルタミブルリン酸塩:Flu治療薬⇒異常行動

b ピロカルピン:緑内障の治療

c アセトアミノフェン:鎮痛効果
  局麻中毒はdiazepam

d  ○

e 明らかに間違い


自律神経系の薬剤は分かりにくいですね。
まとまった表でよく理解してください。

関連記事
2017/04/02 22:46 薬理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: