> 形質転換を最初に発見した人物 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
H23年度 山口大学医学部編入試験から
情報は http://igakubu840.blog.fc2.com/page-1.html


nrmicro1325-f2.jpg 
Transformation
http://www.nature.com/nrmicro/journal/v4/n1/fig_tab/nrmicro1325_F2.html


形質転換を最初に発見した人物を選べ。

A.  グリフィス
B.  アベリー
C.  クリック
D.  ミラー
E.  ワトソン



解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答


形質転換を最初に発見した人物を選べ。

A.  グリフィス
B.  アベリー 
C.  クリック
D.  ミラー
E.  ワトソン



正解:D



形質転換は、1928年フレデリック・グリフィス(Frederick Griffith)によって
肺炎双球菌に対する実験(グリフィスの実験)により発見された。
自然界において普通に起こりうる形質転換は実験室内においては人為的に作成出来るようになった。
(Wikipediaから)


グリフィスの実験:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93

B. アベリー  オズワルド・セオドア・アベリー(Oswald Theodore Avery)
カナダ生まれのアメリカ人医師・医学研究者。
アベリーは最初の分子生物学者の一人であり、免疫化学の創始者でもあった。
彼の業績でもっともよく知られたものは、DNAが遺伝子の実体であるという発見。

C. クリック
E. ワトソン
はともにDNAらせん構造を明らかにしたこと。
先の記事でも何度も出てきた。

D. ミラー
アメリカの化学者。
1953年、彼がシカゴ大学の大学院生だった時に、ハロルド・ユーリーの研究室で行ったユーリー=ミラーの実験で有名。
この実験は、原始地球の環境で有機物(つまりアミノ酸)が生成されるかもしれないということを示していた。
これは生物学史に残る最初の『生命の起源』に関する実験的証明である。


関連記事
2017/04/05 22:19 医学史・一般教養 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: