> 非定型抗酸菌はどれ? - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
非定型抗酸菌;そろそろ歯科領域でも出そうな感じするけど?

問題

以下のうち、非定型抗酸菌はどれか。すべて選べ。

a Mycobacterium leprae
b Mycobacterim avium
c Mycobacterium tuberculosis
d Mycobacterium intracellulare
e Mycobacterium marinus


関連;

肉芽腫性炎は?

マイコバクテリウム属 正誤問題



解答:MORE

スポンサーリンク


解答


以下のうち、非定型抗酸菌はどれか。すべて選べ。

a Mycobacterium leprae
b Mycobacterim avium
c Mycobacterium tuberculosis
d Mycobacterium intracellulare
e Mycobacterium marinus


正解:bde


a  Mycobacterium leprae    らい菌
c  Mycobacterium tuberculosis 結核菌

これ以外はすべて非定型抗酸菌である。


非結核性抗酸菌症

非結核性抗酸菌症とは、結核菌と癩菌(らい菌)を除く非結核性抗酸菌による感染症のことである。
非定型抗酸菌症とも呼ばれる。
患者数は年々増加傾向にあり[2]、肺の感染症は、肺MAC症とも呼ばれる。

日本においてはMycobacterium aviumとMycobacterium intracellulareの2菌種を区別しない
Mycobacterium avium complex(MAC)による感染症が2001年に行われた調査では全非定型抗酸菌感染症の83%、
次いでMycobacterium kansasiiによるものが8%となっている。
この3菌種で91%以上を占める。

(Wikipedia)


Mycobacterium marinus;プール(水槽)肉芽腫 fish bath granuloma
Mycobacterium marinusは、海水魚に感染します。
菌に感染した海水魚は、そのまま菌を排泄し続け、水槽の中の水や水槽の内面に菌が付着します。
そして、水槽を洗浄するときに、手にある小さな傷から菌が侵入し、
約2週間の潜伏期間の後に膿を包んだ腫瘤(膿疱)や発疹、また膿疱が破れると潰瘍が形成されます。

これらは、主に小さな傷が出来やすい手指の甲や関節突起部分によくでき、
治療をすれば治り、重症化することはありません。


20140713_363657.jpg

http://hira-tan.com/?eid=34

上記サイト:詳しく書いてあります。


関連記事
2017/04/07 06:00 微生物:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: