> 抗菌薬のde-escalation:111医E62 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
グラム染色から菌を類推して抗生剤を選択する問題。
歯科でも十分出そうなレベル!

医師国家試験過去問データベースから


111E医62

111E62.jpg


解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答

111E医62

111E62.jpg

正解 e(正答率82%)

theme:溶連菌へのde-escalationで投与する抗菌薬

抗菌薬のde-escalationとは、
抗菌薬使用開始後の症例において得られたデータや臨床経過から、
抗菌スペクトラムの絞った薬剤に変更したり使用停止したりすること。

comments:

de-escalationについての本格的な臨床問題は国試初。
Gram染色で溶連菌が同定されるため、ペニシリンを投与する。


a セフタシジム(モダシン):
緑膿菌による感染症に対抗するために使用されるセフェム系抗生剤

b ゲンタマイシン:
アミドグリコシド系、グラム陰性桿菌ある場合 使う。

c アジスロマイシン:
マクロライド系
肺炎球菌などのグラム陽性菌、
インフルエンザ菌や百日咳菌など一部のグラム陰性菌、
嫌気性菌、非定型菌のマイコプラズマ、クラミジア、マイコバクテリウムなどに有効


d レボフロキサシン (LVFX) クラビット
ニューキノロン系
広域スペクトラムの抗菌剤

e ベンジルペニシリン (PCーG)
培養にてグラム+球菌と判明したので、純潔系PCを第一選択と考えてよし。



関連記事
2017/04/07 06:10 感染症・微生物学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: