> LD50/ED50について - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
安全域=LD50/ED50について

歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ から
https://ameblo.jp/dentalkokushi/entry-12064968713.html
2015年08月23日(日) 配信

いいこと書いてありますね。
シェアさせてもらいました。
このブログは通しで読む価値がありそうです。




【用量反応曲線の復習】
薬物は一定量を服用しないと効果が出現しません。
しかし、多く服用すると、中毒症状が出現します。
増量を続ければ最悪死に至ります。
そこで、薬物
には有効量が定められているのです。

ここの部分を説明するときに、「用量反応曲線」が出てきます。
薬理のテキストや教科書に必ず掲載されているので
、忘れてしまっている方は必ず確認してください。

「用量反応曲線」では、

・ED50

・TD50

・LD50

という、グラフの横軸に登場する3つの言葉が出てきます。
(この3つは順番に意味があります。)

ED50は 50%有効量のことです。
(なのでED0、ED100もあります)

TD50は 50%中毒量のことです。

LD50は 50%致死量のことですよね!

半数致死量 と表現しても同じ意味です。

lethal dose 50 を省略して LD50と言うわけです。


【安全域=治療係数について】
LD50とED50が登場するものとして、安全域(=治療係数)があります。

安全域(治療係数) = LD50 / ED50   です。

安全域は薬の安全性を示す指標として利用されます。
安全域の大きいものほど、毒性の現れる危険性が少ないです。
つまり、安全域が大きければ大きいほど安全だという意味になります。
安全域が大きいということは、致死量に達するまでに多くの投与量を必要とすることを意味するからです。


スポンサーリンク



関連記事
2017/04/23 22:15 薬理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: