> 顎関節症 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
今回は、

顎関節症 
Temporomandibular Joint (TMJ) Arthrosis

についての問題です。


105C-4 歯科放射線学 (既出)
関節円板転位の診断に有用なのはどれか。1つ選べ。

a MRI
b 側斜位経頭蓋撮影
c エックス線断層撮影
d 眼窩下顎枝方向撮影
e パノラマエックス線撮影


口腔外科 予想問題 2)-4)

口腔外科 予想問題 問1~14 から
サイト:歯科医師国家試験を突破するために! DCロムニーハウスがお手伝い


2)口腔外科予想問題
捻髪音がするのはどの型か。

A. 顎関節症1型
B.  顎関節症2型
C. 顎関節症3A型
D. 顎関節症3B型
E. 顎関節症4型


3)口腔外科予想問題
次のうち、顎関節腔内穿刺法を行うのはどれか。全て選べ。

A. 顎関節症1型
B. 顎関節症2型
C. 顎関節症3A型
D. 顎関節症3B型
E. 顎関節症4型


4)口腔外科予想問題

下顎前方整位型スプリントを用いるのはどれか。

A. 顎関節症1型
B.  顎関節症2型
C. 顎関節症3A型
D. 顎関節症3B型
E. 顎関節症4型

5)新作 実地問題

45歳、女性。慢性の耳痛と頭痛を主訴に来院。
本患者は、最近になり顎関節が挟まるような感じがするというエピソードがある。
下に右顎関節の閉口位 (1a) と開口位 (1b) のMRI像 (sagital view)を示す。

1a.jpg
1a 閉口位

1b.jpg
1b 開口位

次の記述で正しいのはどれか。すべて選べ。

A 閉口位、開口位ともに関節円盤は前方に転位している。 
B 外側翼突筋腱の下方線維の肥厚は認められない。
C 開口位にて、関節液貯留が関節上方部に認められる。
D 開口位にて下顎頭は前方に正常に偏位し、側頭骨の関節結節と接している。
E 顎関節症学会分類にて、Ⅲa型と診断できる。 






解答、解説はMOREをクリック

スポンサーリンク


解答、解説


1)105C-4 歯科放射線学 (既出)
関節円板転位の診断に有用なのはどれか。1つ選べ。

a MRI
b 側斜位経頭蓋撮影
c エックス線断層撮影
d 眼窩下顎枝方向撮影
e パノラマエックス線撮影

解答 a

関節円板転位の診断はMRIか、arthrogramぐらいだろうか?


顎関節部のgross anatomy 
http://kokuhoken.net/jstmj/general/
gaku kannsetu nikugan 
顎関節は頭の骨(側頭骨)のくぼみ(下顎窩)に下あごの上先端の骨(下顎頭)が入り込む構造で,
その間にクッションの役割をする関節円板という組織が挟み込まれています(上図).

開口時には下顎頭が下顎窩からさらに前に出るように動きます.
また,閉口時には,下顎頭が下顎窩にはまりこみます.
この動きは,四肢の関節にはない関節の動きです.
この時,関節円板が,下顎頭と協調して開口時には前に移動したり,閉口時には後ろに戻ったりします.

関節円板は下顎頭の外側と内側にしっかりと付着していますが,前後方向の付着が緩いため,
大きな力が持続的に顎関節に加わると,関節円板にズレ(転位)の生じることがあります.

このズレの92%は前方で,8%が内外の側方,ごくまれに後方にも生じます.
また,閉口時に関節円板にズレがあっても,
最大開口時にはこのズレが戻る場合と,戻らない場合とがあります.

戻る場合には開口時と閉口時に「カックン」と関節音がします.
また,戻らない場合には,急性期には「口が開けられない」,
「口を開けると耳の前が,とても痛い」などの症状がみられます


顎関節症とは ?
http://www.chukai.ne.jp/~myaon80/tmj1cmd.htm

「顎関節痛、雑音および異常顎運動を単独または併発して経過する非感染性、顕著な炎症病態を欠く症候群」
につけられた名称です。

 次のような症状がみられる場合は、顎関節症の疑いがあります。

 顎関節症の三大症状
    顎関節の痛み (口を開けるとき、ものを咬むとき)
    開口不全(口が開きにくい:正常開口量38mm以上、約3横指)
    顎関節雑音(顎の関節がカクカク、ジャリジャリと音がする)

 顎関節症のその他の症状
    開口運動障害
    耳痛、耳鳴り、めまい(顎関節や筋肉の異常によっておこることがある)
    頭痛



顎関節のMRI:http://kokuhoken.net/jstmj/general/

mr17 tmj 

mr28 tmj 

mr47 tmj 

正常顎関節のMRIにおいて、
下顎頭および関節結節の骨髄は高信号で白く
皮質骨は無信号で黒く描出される

両皮質骨の間に中等度の信号強度領域が存在し、
その中に低信号を示す関節円板がbiconcaveな形態として認められる

関節円板は前方肥厚部、中間狭窄部、後方肥厚部に識別でき、
その後方に関節円板後部組織が連続して見られる。

円板後部組織の信号強度は脂肪や血液成分が多いため関節円板より高信号であり、両者を区別できる。

関節円板の前方には中等度の信号強度を示す外側翼突筋が認められる。

顎関節症の診断については、矢状断、前頭断撮影により関節円板の転位を識別することができる
関節円板の前方転位では矢状断撮影にて低信号を呈する関節円板が下顎頭の前方に認められる。
そして開閉口の状態を撮影することにより関節円板の復位の有無を調べることができる。



2)口腔外科予想問題
問12 捻髪音がするのはどの型か。

A. 顎関節症1型
B. 顎関節症2型
C. 顎関節症3A型
D. 顎関節症3B型
E. 顎関節症4型

解答:E


捻髪音、軋轢音などがすることをクレピタス音ともいう。
3A型はクリック音がする。


 顎関節学会の分類、MRI所見

typeClinical FeaturesPathologic featuresMRI所見
 主徴候:咀嚼筋障害形態異常なし関節円盤前方転位+、開口時整復+
type I主症状:筋痛筋スパズムと筋炎 
 運動時痛、運動障害  
type II主症状:顎関節部の運動痛、圧痛関節包、関節靭帯、関節円板の伸展や捻挫による病変関節円盤前方転位、変形, 
 運動障害や関節雑音、筋痛を伴うこともある開口時整復+
   円盤輝度変化+/- 、関節液貯留 +/- 
 主徴候:関節円板の転位や穿孔、線維化IIIa:復位性関節円板転位。関節円盤前方転位、変形+, 開口時整復+
type III関節雑音が特徴関節円板が復位するときにクリックと呼ばれる関節雑音を生じる。関節液貯留 +/-
 筋痛はなく、顎関節部の疼痛は弱いIIIb:非復位性関節円板転位。関節円盤前方転位++、開口時整復-
  関節円板が復位せず、そのためにクローズドロックを生じる。クレピタス音関節液貯留 +
type IVクレピタスと呼ばれる関節雑音が特徴的関節円盤や滑膜の変形関節円盤変形++、開口時整復-
 X線異常+関節軟骨の破壊、下顎窩や下顎頭の骨吸収や変性・添加関節円盤穿孔、進行性骨変化
type V心身医学的要因などによって顎関節部に異常異常なし



3)口腔外科予想問題
次のうち、顎関節腔内穿刺法を行うのはどれか。全て選べ。

A. 顎関節症1型
B. 顎関節症2型
C.  顎関節症3A型
D. 顎関節症3B型
E.  顎関節症4型

解答:D,E

その他、外科療法も同様に、3B型、4型に行う。


4)口腔外科予想問題
下顎前方整位型スプリントを用いるのはどれか。

A. 顎関節症1型
B.  顎関節症2型
C. 顎関節症3A型
D. 顎関節症3B型
E. 顎関節症4型

解答:C

関節円盤復位型の3A型が適応であろう。


各スプリントについて http://www.sakumadc.com/gaku.html


前方整位型スプリント(リポジショニングスプリント)
下顎の位置をやや前方にすることで、

関節円板の復位(関節円板を正常な位置に戻す事)を目的に使用する。

gaku_#


3B型はピボット型:臼歯挙上型

臼歯挙上型
http://www.jin-ai-kai.com/smart/shinryo/gakukansetsu/gakukansetsusyo_02.html

スプリントリポジショニングスプリントの一種であり、上下顎いずれかの全歯列咬合面を被覆するが、
左右最後臼歯部の咬合面に突起(pivot)を有し、この突起のみにより対合歯と接触するように製作する。
本スプリント装着により、臼歯部を中心に下顎骨が回転するような力が加わり、
顎関節部を伸延させる作用により、顎関節への負荷を減少させます。

全ての型に共通するのはスタビリゼーション型

gaku_02.jpg 

筋緊張を取ったり、アゴへの負担を軽減したり、
噛み合わせを安定させたりすることを目的として使用される、
最も一般的なマウスピース。
このスプリントにより下顎の安定が得られることによって、
神経筋機構の乱れの抑制、咀嚼筋に対するフィードバックの影響の緩和、
プラセボ効果、下顎頭偏位の修正、顎関節の保護などが作用メカニズム
として考えられている。主に夜寝るときに装着します


5)新作 実地問題

45歳、女性。慢性の耳痛と頭痛を主訴に来院。
本患者は、最近になり顎関節が挟まるような感じがするというエピソードがある。
下に右顎関節の閉口位 (1a) と開口位 (1b) のMRI像 (sagital view)を示す。
 
1a.jpg
1a

1b.jpg
1b

次の記述で正しいのはどれか。すべて選べ。

A 閉口位、開口位ともに関節円盤は前方に転位している。 ○

B 外側翼突筋腱の下方線維の肥厚は認められない。×

C 開口位にて、関節液貯留が関節上方部に認められる。○

D 開口位にて下顎頭は前方に正常に偏位し、側頭骨の関節結節と接している。○

E 顎関節症学会分類にて、Ⅲa型と診断できる。 ×


正解 ACD


MRIについての所見は以下の如く。


閉口位MRI

2a # 

閉口位にて関節円盤は前方に転位し、関節円盤の中央部は肥厚した異常形態を呈する(矢印)。

また、外側翼突筋の下方線維も肥厚している(▲印)。

中等度の関節液貯留が関節上方部に認められる(*印)。

下顎頭は側頭骨の下顎窩に正常に位置する。



開口位MRI
2b# 

開口位にても、関節円盤は前方に転位したままで、関節円盤は折りたたまれた外観を呈する(矢印)。

下顎頭は前方に正常に偏位し(▲印)、側頭骨の関節結節と接している(*印)。


閉口位、開口位で共に前方に転位したままである。
非復位性関節円板転位であるⅢb型に属する。


理解を助けるために、顎関節部の3D解剖図も載せておきます。

4a.jpg
http://radsource.us/internal-derangement-of-the-temporomandibular-joint/

A 3D graphic lateral view of the temporomandibular joint with the capsule
partially removed depicts the normal position of the articular disc
between the articular eminence of the temporal bone (AE) and
the mandibular condyle (C) with the mouth closed.

The articular disc demonstrates a thicker anterior band (AB) and posterior band (PB)
separated by a thinner intermediate zone (IZ).

The bilaminar zone (BZ) and the superior (SLP) and inferior (ILP) bellies
of the lateral pterygoid muscle are also indicated.

 

articular eminence of the temporal bone (AE)側頭骨の関節結節

mandibular condyle (C)下顎頭

articular disc anterior band (AB):関節円盤前方部

articular disc posterior band (PB) :関節円盤前方部

intermediate zone (IZ):関節円盤中央狭窄部

superior (SLP) and inferior (ILP) bellies of the lateral pterygoid muscle

外側翼突筋腱の前方、後方筋部




本問題は、


http://radsource.us/internal-derangement-of-the-temporomandibular-joint/







の問題を邦訳して改編したものである。

詳細は上記サイトで確認ください。


関連記事
2015/07/17 01:29 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: