> 耳鼻科領域と口腔領域に跨る疾患 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
耳鼻科領域と口腔領域に跨る疾患

ent.jpg
https://ent.med.uky.edu/about-ent

新作を含めて、医師歯科国試問題からの出題


1)新作
35歳、女性。顔面の不対称性を主訴に来院。
1週前から、耳痛と耳鳴りもあるという。
また、ここ数ヶ月仕事が忙しく睡眠不足も続いていたとのこと。
来院時の左耳介部の写真を下に示す。

tumblr_m2uxjpoYKq1rq3lp6o1_250.jpg

本疾患について、正しいものはどれか。
すべて選べ。

A 単純ヘルペスが原因である。
B めまいを伴うこともある。
C 予後は良好で多くの症例が完全回復する。
D アシクロビルも治療薬として用いられる。
E 細胞性免疫能とは関係がない。



2)108医I-39

108i39.jpg 


3)109医I-6

109i6.jpg 

109ig1.jpg 



4)108医A-24

108a24.jpg
108ag5.jpg 




5)101歯D-39

101歯 D-39 問題 
101歯 D-39 A 101D-39 B






6)109医A-60

109a60.jpg 

109ag32.jpg 





解答:MOREをクリック

スポンサーリンク


解説、解答


1)新作
35歳、女性。顔面の不対称性を主訴に来院。
1週前から、耳痛と耳鳴りもあるという。
また、ここ数ヶ月仕事が忙しく睡眠不足も続いていたとのこと。
来院時の左耳介部の写真を下に示す。

tumblr_m2uxjpoYKq1rq3lp6o1_250.jpg


本疾患について、正しいものはどれか。
すべて選べ。

A 単純ヘルペスが原因である。
B めまいを伴うこともある。
C 予後は良好で多くの症例が完全回復する。
D アシクロビルも治療薬として用いられる。
E 細胞性免疫能とは関係がない。

正解  BD

慢性疲労患者
顔面神経麻痺
外耳動入口にある水泡
耳鳴り

ということで、水痘帯状疱疹ウイルスによる Ramsay Hunt症候群であることは明らか。

A 単純ヘルペスが原因である。 ×
B めまいを伴うこともある。 ○
C 予後は良好で多くの症例が完全回復する。  ×
    自然治癒は30%(Bell麻痺70%)、初期から十分に治療を行っても治癒は60%(Bell麻痺90%)程度に留まる
     
D アシクロビルも治療薬として用いられる。 ○

E 細胞性免疫能とは関係がない。 ×
     同免疫能低下により、潜んでいた水痘帯状疱疹ウイルスにより再感染する。


以下の説明
http://www.nih.go.jp/niid/ja/allarticles/surveillance/2256-iasr/related-articles/related-articles-404/4016-dj404a.html

1. Ramsay Hunt症候群とは

Ramsay Hunt症候群(以下、Hunt症候群)は、
水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)によって生ずる顔面神経麻痺を主徴とする疾患であり、
呼称はJames Ramsay Huntが1907年に自験例をまとめて報告したことに由来する。

小児期に罹患した水痘の口腔粘膜疹からVZVが逆行性に、
あるいはウイルス血症によって顔面神経の膝神経節に到達後潜伏し、
後年それが再活性化することで神経炎が生じ、
腫脹した神経が骨性顔面神経管の中で自己絞扼を生じ顔面神経麻痺、
すなわち顔面半側の表情筋運動障害が発症する。

加えて周囲の脳神経にも波及し、耳介の発赤・水疱形成や
耳痛、難聴、めまいなどを合併する特徴がある。

稀に下位脳神経炎や脳炎をきたし、重篤化する。

逆に顔面神経麻痺のみの症状のみで、
臨床所見ではBell麻痺(原因不明の顔面神経麻痺、近年、単純ヘルペスウイルス
が関与することが明らかになった)と鑑別が困難なものをzoster sine herpeteという。

 
Rmmsay hant kao 
Clinical features of Ramsay Hunt syndrome.
(右顔面神経に感染した場合)

Note: peripheral facial weakness characterised by a widened palpebral fissure
and decreased forehead wrinkling and smile on the right,
often associated with vesicles in the ipsilateral ear,
on the hard palate, or on the anterior two thirds of the tongue.
http://jnnp.bmj.com/content/71/2/149/F1.expansion

2. 治療

Hunt症候群の治療は、ステロイドと抗ウイルス薬の投与である。
ステロイドとして、プレドニゾロン総量600 mg程度を約1週間で漸減投与、
また抗ウイルス薬として、アシクロビルあるいはバラシクロビルを帯状疱疹に
準じた量で投与している。
発症10日以降に麻痺の程度や電気診断学的検査をもとに予後を推定し、
不良と診断されれば手術やリハビリを行う。

3. 診療上の問題点
Hunt症候群はBell麻痺と比較して一般に予後が不良であり、自然治癒は30%(Bell麻痺70%)、
初期から十分に治療を行っても治癒は60%(Bell麻痺90%)程度に留まる。

すなわちいったん罹患すると、麻痺が残存する可能性が高い点がBell麻痺と大きく異なる。


本問題の写真は以下のサイトからの引用。

http://usmlepathslides.tumblr.com/post/21539234811/herpes-zoster-in-outer-ear-canal-ramsay-hunt

サイト:USMLE Pathology Slides




2)108医I-39

108i39.jpg  


正解  b,c,d

Ramsay Hunt症候群のtriad

1)耳介,外耳道及びその周辺,もしくは軟口蓋の疼痛と帯状疱疹
2)難聴,耳鳴,めまい
3)顔面神経麻痺


3)109医I-6

109i6.jpg 

109ig1.jpg 

急性中耳炎
yahoo ヘルスケアー から

乳幼児の急性感染症の代表的なもの。
子どもの耳管は大人に比べて太く短いため、6カ月~2歳児によく起こります。

原因
肺炎球菌(はいえんきゅうきん)、インフルエンザ菌が大部分ですが、
最近、ウイルス感染の関与も推定されています。
細菌・ウイルス感染症、鼻副鼻腔炎(びふくびくうえん)、
咽頭炎(いんとうえん)などの上気道感染症に続いて、上咽頭から耳管を経由して炎症が及びます。

治療
近年、耐性肺炎球菌、耐性インフルエンザ菌の頻度が急増しています。
そのため、中耳炎が重症化したり、長引く場合も増えてきており、最初の治療が重要です。
また、保育園児など集団保育を受ける環境では、反復性中耳炎が増加しています。

中等症以上には抗菌薬の内服が基本で、通常ペニシリン系が最初に選択されます。

内服後の鼓膜の変化、細菌検査の結果などを参考に、適宜、抗菌薬を変更します。
耐性菌が原因菌と判定された場合には、点滴静注、局所の洗浄などが行われます。

重症例や抗菌剤5日間投与で改善が認められない時は、鼓膜切開が行われる。
鼓膜は切開しても数日で閉鎖し、難聴などの後遺症は起こさないので、
必要な時は恐れず鼓膜切開を受けてください。


正解 a


theme: 急性中耳炎・抗菌薬の選択




4)108医A-24

108a24.jpg
108ag5.jpg 

鼻腔内視鏡で鼻茸らしきもが見える。
CTでは上顎洞内にポリープが充満。

これほど、鼻茸が多いとマクロライド系抗菌剤での治癒はむつかしい。
内視鏡下副鼻腔手術の適応でしょう。


正解  e

theme: 慢性副鼻腔炎



5)101歯D-39

101歯 D-39 問題 
101歯 D-39 A 101D-39 B





正解 c

上顎洞炎(101D‐39、102D-12 その他)・・・試験頻出


・原因:感染源の由来で、鼻性(両側性)、歯性(片側性)に大別

・症状:鼻閉感、頭痛、歯肉頬移行部の発赤

・画像所見:・上顎洞のX線不透過性亢進


・原因歯の歯槽硬線消失
 ・上顎洞底線消失


 (上顎洞壁は残っている)


・治療:・急性期・・・抗菌薬投与


    ・消炎後・・・原因歯の治療、抜歯


    ・抜歯後に、「排膿」「上顎洞穿孔」を認めるときは上顎洞洗浄


    ・上記の治療で改善しないとき・・・上顎洞根治術

ロムニー配信から
http://blog.livedoor.jp/ipccnkfrull/archives/1002428857.html


6)109医A-60

109a60.jpg 

109ag32.jpg 

喉頭内視鏡で喉頭蓋部が著しく腫脹している。
さらに、その奥に声帯らしき構造が認められる。
いつ、呼吸が出来なくなってもおかしくない急性喉頭蓋炎症例。
また、縦隔炎を起こして、DICにも注意を払う必要がある。
急変に備えて、abeが正解。


いわゆる、killer sore throatの一つ。
本ブログでは何度か記事にしました。

killer sore throat
1) 急性喉頭蓋炎
2) 咽後膿瘍
3) 扁桃周囲膿瘍
4) Lemierre症候群
5) Ludwig's angina





正解  a,b,e

theme: 急性喉頭蓋炎

関連記事
2015/07/17 17:31 耳鼻咽喉科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: