> Fcεレセプターなど - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
Fcεレセプターなど:免疫の2題


歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ から一部転用改編です。


1)
Fcεレセプターを持つのはどれか。1つ選べ。

a Bリンパ球
b Tリンパ球
c 樹状細胞
d 肥満細胞
e 好中球


2)100歯A67
オプソニン作用はどれか

a helper T細胞によるkiller T細胞の活性化
b マクロファージによる抗原提示
c B細胞の形質細胞への分化
d 抗体による貪食の促進
e 補体活性化による好中球集積



類題:

病理:炎症2

歯科国試にも出そうな免疫関係の医師国試問題4:好中球など

歯科国試にも出そうな免疫関係の医師国試問題5:アレルギー、サイトカイン

歯科国試にも出そうな免疫関係の医師国試問題3:免疫グロブリン




解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答


1)
Fcεレセプターを持つのはどれか。1つ選べ。

a Bリンパ球
b Tリンパ球
c 樹状細胞
d 肥満細胞
e 好中球

正解 d

Fc受容体(Fc receptor、FcR)とは
免疫グロブリン(抗体)分子のFc部位に対する受容体タンパク質であり、細胞表面に存在する。

IgGには、FcγR
IgAには、FcαR
IgEには、FcεR
IgMには、FcμR

が対応する。


マスト細胞の表面にはIgEの定常領域と結合する受容体が存在する。
この分子はFcε受容体と呼ばれ、マスト細胞1個あたり、だいたい30万個のFcε受容体が発現している。

mast cell 

https://blogs.yahoo.co.jp/abcd5963ne/9847565.html




2)100歯A67
オプソニン作用はどれか

a helper T細胞によるkiller T細胞の活性化
b マクロファージによる抗原提示
c B細胞の形質細胞への分化
d 抗体による貪食の促進
e 補体活性化による好中球集積

正解 d

オプソニン作用といえば、補体(C3b)が有名ですが、IgGもオプソニン作用があります。
なので、IgGはオプソニン抗体とも呼ばれるわけなんです。

(例)
体内に侵入した細菌とIgG抗体のFab部が結合する。
     ↓
IgGのFc部が結合するレセプターはFcγレセプター
     ↓
好中球の細胞膜表面にIgGのFc部と結合するFcγレセプターが存在する。
(好中球と結合しやすくなる=オプソニン化)


ちなみにIgGは胎盤を通じて母親の血液中から胎児の血液中へ移行します。
これを移行抗体と呼びます。
IgGの半減期は約3週間なので、生後2ヶ月くらいまでは効果があります。

IgGは血液中にもっとも多く存在する抗体としても有名。


関連記事
2017/05/06 21:30 免疫:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: