> 歯科放射線練習問題 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
東京デンタルスクール:
定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジン
から抜粋

1)CTと比較したMRIの特徴で正しいのはどれか。すべて選べ。(歯科放射線学)

a 撮影時間が長い。
b 空間分解能が高い。
c 二次元検出器を用いる。
d エックス線被曝量が少ない。
e ペースメ-カー使用患者に適する。


2)線質に影響するのはどれか。すべて選べ。(歯科放射線)
a 管電流
b 照射野
c 管電圧
d 総ろ過
e 焦点―被写体間距離


解答:MOREへ


スポンサーリンク


解答

1)CTと比較したMRIの特徴で正しいのはどれか。すべて選べ。(歯科放射線学)

a 撮影時間が長い。
b 空間分解能が高い。
c 二次元検出器を用いる。
d エックス線被曝量が少ない。
e ペースメ-カー使用患者に適する。

解答:a,d

解説:
放射線からCTとMRIの比較についての問題です。
特に進級試験や定期試験で狙われやすいところです。頑張って理解しましょう。

画像の形成:
CT・・エックス線 MRI・・磁場、ラジオ波、水素イオン
したがって、エックス線被曝量はMRIの方が少なくなります。

空間分解能(隣り合った二点を二つの点と認識できる最小距離):CTの方が優れる
組織分解能(隣り合った複数の組織を異なるものとして判別する能力):MRIの方が優れる

撮影時間:MRIの方が長い
MRIでは、心臓ペースメーカー使用患者、脳クリップ患者(磁気を使用するため)、
閉所恐怖症患者では禁忌となります。


2)線質に影響するのはどれか。すべて選べ。(歯科放射線)

a 管電流
b 照射野
c 管電圧
d 総ろ過
e 焦点―被写体間距離

解答:c,d

解説:
歯科放射線から放射線の線質についての問題です。
この分野は国家試験に頻出であったため、かなりの頻度で狙われます。

そもそも「線質」とは何か? 
簡単に言えば、「エックス線の物質の透過性」です。

線質を表すには「半価層」という考え方を用います。
この「半価層」が大きいほど透過性が高くなる、つまり線質が硬くなります。
その線質ですが、「管電圧の大きさ」と「総ろ過」により決まります。
*総ろ過:固有ろ過(絶縁油など)と付加ろ過(ろ過板など)を足したもの

*照射野は被爆線量(小さいと被曝軽減)や、鮮鋭度、コントラスト(小さいと上昇)に関与します。


関連記事
2017/06/09 06:24 歯科放射線 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: