> 歯科国試:予想英語問題 27 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
東京デンタルスクール:
定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジン
から抜粋改編したものです。

http://archives.mag2.com/0001494170/20170608205142000.html?l=pxc0dc99f7 から


1.(  )is a symptom which is triggered when you brush your teeth or eat cold foods.

   (  )に入るのはどれか、1つ選べ。

a. Headache
b. Head cold
c. Hypersensitivity
d. Sneeze
e. Runny nose


2. (  ) are pluripotent and stem cells taken from the undifferentiated inner cells
     of a human embryo after formed.

  (  )に入るのはどれか、1つ選べ。

a. somatic division
b. fertilized eggs
c. hepatic cells
d. induced pluripotent stem cells
e. embryonic stem cells


解答:MOREへ

スポンサーリンク


解答


1.(Hypersensitivity)is a symptom which is triggered when you brush your teeth or eat cold foods.
 (  )に入るのはどれか、1つ選べ。

a. Headache
b. Head cold
c. Hypersensitivity
d. Sneeze
e. Runny nose

正解:c

a.頭痛
b.悪寒(類義語:Chill)
c.知覚過敏
d.くしゃみ
e.鼻水 


2. (embryonic stem cells) are pluripotent and stem cells taken from the undifferentiated inner cells
   of a human embryo after formed.
  (  )に入るのはどれか、1つ選べ。

a. somatic division
b. fertilized eggs
c. hepatic cells
d. induced pluripotent stem cells
e. embryonic stem cells

正解:e

a.体細胞分裂
b.受精卵
c.肝細胞
d.人工多能性幹細胞(IPS細胞)
e.胚性幹細胞(ES 細胞)


(総括)
近年の国家試験では英語の出題が頻出です。
A 問題やC 問題の第一問で出題し、受験生の動揺を誘おうとしている
と思われます。

しかしながら、英語についてはそれほど神経質になる必要はありません。

あくまでも歯科医師国家試験であり、
英語の資格試験ではありませんので、英語に特化した勉強はしなくていいです。

模試や問題集で出てきたものを暗記する程度でいいでしょう。

これまでの出題で問われていることは医系や生物系の専門用語であり、かつ「名詞」は多いですが、
動詞の意味を問う問題も出てきています。

英語力の有無は関係ありませんので、ナーバスになる必要はありません。

というのも、私のTOEICスコアは900点程度、かつ実務翻訳士として洋書の教科書の翻訳の仕事もしておりますが、
突然出てきた専門用語は全く分かりません。

出てきた度に調べて暗記するということの繰り返しです。

歯科医師国家試験での英語は「当たったらラッキー」程度で(不正解という前提で扱う)とらえ、動揺せず、
「そのぶん他の問題でそのミスを補うべく、しっかり得点を確保する」というのが実用的な作戦だと私は思います。

ただし、頻繁に書籍で出てくるカタカナ英語ぐらいは、
時間があれば英語のスペルで暗記するという姿勢でいてほしいとは
思います。

例:インフォームド・コンセント(informed consent)

また、基礎科目や歯科科目の科目名は英語で暗記してもいいと思います。
例:生理学、解剖学、微生物学、放射線学、免疫学、矯正学、口腔外科学など。

とのことです。

定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジン
から一部改編


関連記事
2017/06/11 12:15 医学英語 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: