スポンサーリンク 外科的気道確保で切開する部位:110医C2 - 医療関係資格試験マニア
fc2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
楽天お勧め
google+1
何度も国試には出ている問題です。
これは、医師国試問題。
昨日、たまたま見つけたものです。
同じ問題は出ないでしょうが、形式を変えて出てくるのでしょう。

医師国家試験過去問データベース から


110医C2

110C-2.png

類題:

Emergency cricothyrotomyにおける切開部位 (NBDE Part 1)

109回歯科国試:麻酔、緊急処置(C問題)

109C98

輪状甲状靱帯穿刺:104医B6

挿管困難症について


解答:MOREへ


スポンサーリンク


 解答

110C-2.png


正解  c 
(正答率:69%)

救急での外科的気道確保についての問題.

輪状軟骨と甲状軟骨の間にある輪状甲状靭帯が最も適切であり,正解はcです.
正答率77.2%と5人に1人は間違えた問題でした.

このように,「OSCEで学んだ手技」と同様に,
「研修医になってすぐに使う手技」についても国家試験でよく問われます.

ただ漠然と「穿刺・切開」とだけ覚えていると,
どこにアプローチすればいいのか,
どうやってその部位を探せばよいのかわからないまま,
臨床現場に出ることになってしまいます.

国試や臨床現場で困ることがないよう,
「研修医になってすぐに使う手技」についても
しっかり勉強したいところですね.

研修医に求められるレベルの手技について
「まだ免許持ってないし,学生には出来ないことだから」
と後回しにするのではなく,できるだけ近くで見学して,
実習中に学べるものはすべて学ぶようにしましょう.

また,張りついて見ていると,学生でも可能な手技については
その場でトライさせてくれることもあります.
なおさらしっかり見学するのが吉ですね.

解説:https://www.medicmedia.com/doctor/web-informa/post9657.html から


専用のキットがあるようです。

輪状甲状間膜穿刺のためのミニトラックと言われるキット


新しい画像-2-4
https://j-depo.com/news/mini-track.html

上記サイトも訪問してください。

こういう器具の問題が医師、歯科国試ではよく出ますので。

関連記事
2017/06/21 21:03 歯科麻酔・救急 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: