> 偽膜性腸炎の治療:108医G35 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
偽膜性腸炎の治療についてです。
治療法までは歯科では問われないでしょうが

医師国家試験過去問データベース
から


108G35

偽膜性腸炎の治療薬はどれか。2つ選べ。

a セフメタゾール
b バンコマイシン
c ミノサイクリン
d クリンダマイシン
e メトロニダゾール


関連記事:

高齢者で頻発する感染症:108医D48

東南アジア旅行後の下痢と血便? 109医A45

微生物学 まとめ




解答:MOREへ



スポンサーリンク


108G35
偽膜性腸炎の治療薬はどれか。2つ選べ。

a セフメタゾール
b バンコマイシン
c ミノサイクリン
d クリンダマイシン
e メトロニダゾール


正解  b,e

a セフメタゾールはセフェム系抗菌薬。
  偽膜性腸炎の原因となりうる。

b・e 正しい。
    偽膜性腸炎の治療薬は第一選択がメトロニダゾール。バンコマイシンも有効である。

c ミノサイクリンはテトラサイクリン系抗菌薬。
   偽膜性腸炎の原因となりうる。

d クリンダマイシンはリンコマイシン系抗菌薬。
  偽膜性腸炎の原因となりうる。

解説:
偽膜性腸炎は、抗菌薬による菌交代現象で生じるClostridium .difficileが原因となります。
C.difficileが大量に増殖することで、産生した毒素(CDtoxin)によって腸粘膜が侵される疾患です。
広域抗菌薬を使用した後に発熱・下痢・血便を認めた場合には、偽膜性腸炎を疑いCDtoxinをチェックします。

従来は非吸収性の抗菌薬であるバンコマイシンの経口内服が治療の主流でした。
2012年に保険適用となってからはメトロニダゾールの内服薬も選択肢の一つとなっています。
薬価が安価であり、バンコマイシンを抗MRSA薬として温存するという理由から、
メトロニダゾールが第一選択となっています。
 
2017年現在は、内服に加えメトロニダゾールの注射薬も普及しています。

解説:日経メディカル 1日1問 医師国試問題 から

メトロニダゾール(フラジール)と聞くと、どちらかというと原虫治療薬というイメージがずーとありましたが、
ここ数年でC.difficileによる腸炎の治療を病棟でも経験し、
本薬の存在を再確認しました。



関連記事
2017/07/16 12:21 感染症・微生物学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: