> 予防接種法に基づく定期予防接種 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
テコム国試模擬試験問題

予防接種法に基づく定期予防接種の対象疾患でないのはどれか。

A 風疹
B 痘瘡
C 結核
D 破傷風
E 日本脳炎


解答:MOREへ





スポンサーリンク


解答

予防接種法に基づく定期予防接種の対象疾患でないのはどれか。

A 風疹
B 痘瘡
C 結核
D 破傷風
E 日本脳炎

正解 B「痘瘡」

【アプローチ】
『予防接種法』において、

8つの疾患(①ジフテリア、②百日せき、③破傷風、④急性灰白髄炎(ポリオ)、
⑤麻しん、⑥風しん、⑦日本脳炎、⑧結核)が
定期一類疾病予防接種、

インフルエンザが定期二類疾病予防接種の対象となっている。

d79a987e362810c7c7a67c2ac8d17415.jpg

http://blog.goo.ne.jp/cabinet_new_wave/e/e8291c9e961b2c8b91528d878592ca23



【選択的考察】
A(○):風疹の弱毒生ワクチンは『予防接種法』の定期接種である。

B(×):痘瘡(生ワクチン)は一般的臨時の予防接種として実施されてきたが、
     平成7年度からは任意接種の扱いとされている。

C(○):『結核予防法』廃止に伴い、BCGも『予防接種法』に基づく定期接種となった。

D(○):破傷風トキソイドはDPT(DT)ワクチンのアジュバントとして従来、
    任意接種としての扱いであったが、平成7年度から定期接種の位置付けとなった。

E(○):日本脳炎(不活化ワクチン)は一般的臨時の予防接種として実施されてきたが、
     平成7年度からは定期接種となっている(従来の一般的臨時の予防接種は廃止された)。

【essential point】
・平成23年7月15日、『予防接種法及び新型インフルエンザ予防接種による健康被害の救済等に関する特別措置法
 の一部を改正する法律』が成立した。これに伴い、平成21年に発生した新型インフルエンザのように、
 感染力は強いが病原性は高くない新型インフルエンザが発生した場合に適用する新たな臨時接種が創設されることになった。
 また、国の責任によるワクチン確保や健康被害救済の給付水準の引き上げなどが明記された。

・予防接種は大きく勧奨接種、任意接種に分けられる。
 勧奨接種はさらに定期接種、臨時接種に分けられるが、臨時接種は現在行われていない。


m3クイズから



関連記事
2017/07/20 22:21 感染症・微生物学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: