> 初老男性の無痛性リンパ節腫大 (NBDE Part 2) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
似たような問題は、本ブログでも何回も出されています。
110回歯科でも出されています。

1st Aid Q&A NBDE Part 2: Pathology から

今回は、英語での設問。


Q10

A 65-year-old man presents with painless cervical lympadenopathy.
He notes gradual enlargement over the past year.
A routine radiographic examination revealed no abnormalities in any bones.
He is asymptomatic and the rest of his physical examination is unremarkable.
Biopsy of the neck mass demonstrated binucleated ("owl-eye")
and multinucleated cells with prominent nucleoi.
These findings are consistent with a diagnosis of which of the folllowing?

A Burkitt's lymphoma, African type
B Burkitt's lymphoma, North African type
C Multiple myeloma
D Ewing's sarcoma
E Hodgkin's lymphoma



関連問題:

よく見かける組織像:110歯B52

悪性リンパ腫に関する問題 (NBDE Part 1)

いろいろな巨細胞



正解:MOREへ



スポンサーリンク


解答

A 65-year-old man presents with painless cervical lympadenopathy.
He notes gradual enlargement over the past year.
A routine radiographic examination revealed no abnormalities in any bones.
He is asymptomatic and the rest of his physical examination is unremarkable.
Biopsy of the neck mass demonstrated binucleated ("owl-eye")
and multinucleated cells with prominent nucleoi.
These findings are consistent with a diagnosis of which of the folllowing?


無痛性リンパ節腫大を呈した65歳の男性。
数年前から徐々に拡大してきたことのは気付いていた。
通常の単純XPでは、どの骨にも異常は認められなかった。
無症状で、リンパ節腫脹以外は特記すべき理学所見はない。
頸部腫瘤の生検では、核が目立つ2核(フクロウの目)や多核の細胞が認められた。
これらの所見から、以下のうちどの疾患が一致するか?

A Burkitt's lymphoma, African type
B Burkitt's lymphoma, North African type
C Multiple myeloma
D Ewing's sarcoma
E Hodgkin's lymphoma

正解 E

核が目立つ2核ないし多核の細胞;すなわちReed-Sternberg cellのこと。
Hodgkin's lymphomaが最も考えやすいので、Eが正解。

Reed20Sternberg20Cell.jpg 
Reed-Sternberg cells
これなら、フクロウの目にも見えます。
http://www.entindia.info/2011/01/reed-sternberg-cells.html


リンパ節腫脹の初発好発部位は、鎖骨上、ないし頸部である(70-75%)。
好発年齢:15-35歳と、50歳以上と2つのpeakがある。
男性がやや多い。
治療:stageにより違うが、radiationと化学療法、ないし併用療法。

A Burkitt's lymphoma, African type
Biopsyで、組織像が、ところどころ染色が抜ける星空像(starry sky appearance) であれば、
Aが正解となろう。

Burkitt_lymphoma_starry_sky_1# 
Starry sky appearence of Burkitt's lymphoma.
http://www.ganfyd.org/index.php?title=Burkitt%27s_lymphoma


B cell lymphoma のカテゴリー。
90%以上が、EBウィルスが原因。
好発年齢:7歳

B Burkitt's lymphoma, North African type
African typeと症状は似ているが、
通常は腹部massの初発が多い。
国内の国試では、African typeとNorth African typeの違いは必要ないでしょう。

C Multiple myeloma
頭蓋骨や下顎骨など他の骨でpunched-ou lesionを認める。
どの骨にも異常は認められなかったことから否定的。

D Ewing's sarcoma
骨原発の悪性腫瘍で、年齢層も20歳未満。
本例とは明らかに年齢層や骨異常がないことから否定される。

関連記事
2017/07/25 23:04 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: