> 肺腺癌でEGFR変異と強く関連する因子:110医E26 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
上皮成長因子受容体〈EGFR〉関係の問題。
正答率は5割を切った問題です。

歯科系の問題は難化傾向にて歯科カテゴリーへ

医師国家試験過去問データベース から


110E26
肺腺癌において上皮成長因子受容体〈EGFR〉の遺伝子変異と強く関連する因子はどれか。

a  男 性
b  日本人
c  喫煙者
d  飲酒歴
e  家族歴





解答:MOREへ



スポンサーリンク


解答

肺腺癌において上皮成長因子受容体〈EGFR〉の遺伝子変異と強く関連する因子はどれか。

a  男 性
b  日本人
c  喫煙者
d  飲酒歴
e  家族歴


解答: b

解説
a 女性であることが因子となる。
b 正しい。日本人であることが因子となる。
c 非喫煙者であることが因子となる。
d・e 特に関係ない。

EGFR遺伝子変異陽性の確率が高いのは、
東洋人、女性、非喫煙者、腺癌症例であり、
選択肢の中では、日本人が当てはまる。



以下はWikipediaから抜粋


悪性腫瘍におけるEGFR


過剰発現

EGFRはさまざまな悪性腫瘍で過剰発現がみられる。
腎癌の50-90%、非小細胞肺癌の40-80%、前立腺癌の40-80%、頭頸部癌の36-100%、
卵巣癌の35-70%、胃癌の33-74%、大腸癌の25-77%、乳癌の14-91%等で過剰発現がみられる。
癌のEGFR過剰発現は予後不良因子である。

EGFRを標的にした薬剤

EGFRチロシンキナーゼ阻害剤

ゲフィチニブ、エルロチニブは、EGFRのチロシンキナーゼを特異的に阻害する内服抗がん剤である。
腫瘍縮小効果はEGFR細胞内領域の変異と関連があり、主に非小細胞肺癌の治療に使用される。

またラパチニブは、EGFRおよびHER2のチロシンキナーゼを選択的かつ可逆的に阻害することにより、
その結果としてアポトーシスを誘導し、腫瘍細胞の増殖を抑制する。

抗EGFR抗体

セツキシマブ(Cetuximab、開発コード名C225、商品名Erbitux)はEGFRのリガンド結合部位に結合し、
EGFRの活性化、二量体化を阻害するモノクローナル抗体である。
変異のないEGFRにも有効であり、大腸癌等で使用される
(日本では2008年7月に“EGFR陽性の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌の治療薬”として承認された。)

マツズマブ(Matuzumab、開発コード名EMD72000)も同様の抗EGFRモノクローナル抗体であり、
第II相臨床試験まで実施されたが、期待された有効性が示されなかったため、開発が中止された。


関連記事
2017/09/03 13:29 病理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: