FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
ICFよく分からん 2



n337002_b01.jpg 
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n337/n337002_01.html




ガイドライン用語解説と今日の一問(医師国試108-E-20ICF
で紹介していた問題を中心に集めました。

今回は医師国試問題です。


では、問題です。



第108回E問題No.20
国際生活機能分類(2001年)における生活機能はどれか。

a advantage
b disability
c handicap
d impairment
e participation



103B-3
103B-3#



104G-48

104G-48.png 



105G-1

105G-1.png 


106B-62
48 歳の女性。28 歳で筋萎縮性側索硬化症OALSOを発症し、
35 歳で人工呼吸器を装着した。
眼瞼・眼球運動機能が残存しているため開閉眼で意思疎通を行うことができ、
コンピュータやインターネットを駆使して地域の患者会の会長をしている。
国際生活機能分類(ICF)によるこの患者の評価で正しいのはどれか。

機能障害 活動制限 参加制約

a          あり     あり      あり

b          あり     あり      なし

c          あり     なし      なし

d          なし     あり      なし

e          なし     なし      あり

f           なし      なし      なし




107G-38
歩行障害のため普段は車椅子で職場へ通勤している人が、
車椅子が故障したため仕事を休んだ。
この人の生活機能を国際生活機能分類で評価した場合、
普段とは評価が異なる項目はどれか。3つ選べ。

a 活動制限
b 環境因子
c 機能障害
d 参加制約
e 身体構造


ICF関係の書籍







解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答、解説


第108回E問題No.20

国際生活機能分類(2001年)における生活機能はどれか。

a advantage
b disability
c handicap
d impairment
e participation


解答 e


国際生活機能分類(ICF)ってあるじゃないですか。
最近の国試では毎年、出題されるけどなんか分かりにくい概念ですよね。
厚生労働省の解説ページを読むとなんとなく分かったような気になるけど、
いざ問題を解こうとすると全然解けない。

設問で何を問われているのか、「生活機能」って何を含んでいるのか、
「生活って言われても、幅広くねぇか、
この言葉は」頭の中が「?」マークでいっぱいになったりします。

ガイドライン用語解説と今日の一問(医師国試108-E-20ICF から


ICFの考え方(実例)
http://www.minoh-loop.net/icf.html


ICFとは、2001年にWHO(世界保健機関)が提唱した、
国際生活機能分類
(International Classification of Functioning, Disability and Health)の略称です。

1981年の国際障害者年以降、
障害を個人の問題とするのではなく、
環境との関係でとらえる考え方
が広まってきています。

ICFは、こうした考え方を、理論的に整理したモデルです。
一例を挙げて考えてみたいと思います。

ここに、知的障害のあるAさんがいます。
就職をめざしてトレーニングをしていますが、
訓練メニューの「タオル折り」がうまくできず、
なかなか就職へのチャレンジの機会が生まれません。

そこで、スタッフが、横について「タオル折り」の見本を見せたところ、
Aさんも徐々にきれいに折れるようになりました。

しかし、いくら訓練室で作業がうまくできても、それだけでは就職に結びつきません。

Aさんは,スタッフと一緒に就職面接会へ出かけ、企業の担当者から実習受け入れの機会をもらいました。
実習の結果、「これならやれそうだ!」という実感を、Aさんも企業担当者も持つことができ、就職が実現しました。

さて、ここで、Aさんの努力とは別のこととして、
「作業見本を見せるスタッフ」や「実習機会を提供してくれた企業担当者」の存在があります。

つまり、Aさんが就職できるには、本人のがんばりだけでなく、こうした外部の要因が大変重要なのです。

ICFでは、これらを「環境因子」、中でも本人の活動や社会参加にプラスに働く要素を、「促進因子」と呼んでいます。

逆に、スタッフがAさんを無視したりしていたら、支援者であっても、
本人にマイナスに働く「阻害因子」になってしまうといえるでしょう。

つまり、障害があること自身が原因で、「活動」や「社会参加」が実現しないのではなく、
周囲の環境との関係に影響されるということが分かります。

ICFの図でいうと、「心身機能」→「活動」→「参加」という流れに、
環境因子が影響を与えている様子が見てとれます。

また、ICFの図からは、次のような事例も説明できます。

今度は、就職して働いている身体障害のBさんを例にとりましょう。

Bさんは、作業は問題なくこなせるのですが、職場の人間関係がうまくいかず、
いつも一人ぼっちで昼ごはんを食べていました。

つまり、就職はしていても、職場の中で、「社会参加」がうまくいっていなかったのです。

そうするうちに、これまでできていた作業も失敗が多くなり、悩んだ末に「体調」を崩してしまいました。

これは、ICFの図では、右から左への流れの例といえるでしょう。

つまり、「参加制約」→「活動制限」→「健康状態(変調/疾病)」という流れです。

このように、

ICFは、環境との関係で「社会参加」が制約されている結果、
「体調」や「障害」そのものにも影響を与えるということも語ってます。


who.gif


さて、こうしたICFの考え方は、私たちが事業団設立以来、主張してきた思いと、相当の部分で重なります。

ICFと聞くと難しいように思えますが、
要は、周囲の物理的工夫や人的な働きかけ・配慮によって、作業ができたり、できなかったりするということです。

もちろん、実習という限られた期間での実践ですから、限界はあります。
また、「できたから良い」という単純なものではなく、
工夫や支援によっても、なおうまくいかないこともありますが、
それも認め合っていく職場の人間関係が重要と考えています。

ただ、これまで「働くのは無理」と思われていた、
また本人もそう思ってしまっていた障害者市民が、事業団で数多く実習にチャレンジしているのも、また事実です。

ぜひ、私たちの工夫の一端を知っていただき、支援のヒントにしていただければありがたいと思います。

なお、ICFには、環境因子の例が、
かなり詳細に記載されています(例:家族の態度、友人の態度、同僚の態度、権限をもつ立場にある人々の態度)。




103B-3
103B-3#


解答 d

d:心身の構造の異常は、impairmentは機能・形態異常であって、能力activity低下ではない。



104G-48
104G-48.png

a ○
b × 脳出血はimpairmentは機能・形態異常であるから誤り
c ○
d ○
e ○

解答 b


いくつか問題をこなすと、なんとなく分かってきますね。



105G-1
105G-1.png


解答 c

c:
疾病治癒はimpairment自体の改善であるが、
それのみが、activity、participation参加の必要条件でなく、
周囲の理解による環境や、本人の年齢、性などのpersonal factorの影響も受ける。



106B-62
48 歳の女性。28 歳で筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、
35 歳で人工呼吸器を装着した。
眼瞼・眼球運動機能が残存しているため開閉眼で意思疎通を行うことができ、
コンピュータやインターネットを駆使して地域の患者会の会長をしている。
国際生活機能分類(ICF)によるこの患者の評価で正しいのはどれか。

機能障害 活動制限 参加制約

a          あり     あり      あり

b          あり     あり      なし

c          あり     なし      なし

d          なし     あり      なし

e          なし     なし      あり

f           なし      なし      なし

機能障害;ALS
活動制限;人工呼吸器を装着した生活でactivity制限 
があるが、

眼瞼・眼球運動機能が残存しているため開閉眼で意思疎通が可能であるpersonal factor

computerやITが発達した現代という環境因子
のおかげで、

地域の患者会の会長 という社会参加が可能
参加制約がなくなった。


解答 b

ICFを理解するのによい問題でした。



107G-38
歩行障害のため普段は車椅子で職場へ通勤している人が、
車椅子が故障したため仕事を休んだ。
この人の生活機能を国際生活機能分類で評価した場合、
普段とは評価が異なる項目はどれか。3つ選べ。

a  活動制限
b  環境因子
c  機能障害
d  参加制約
e  身体構造

c 機能障害とe 身体構造は、車いすの故障では影響されない。

aの活動制限は当然影響される。
b 環境因子ももちろん影響される。
abにより、dの参加制約も受けることになるでしょう。


解答 abd


関連記事
2015/08/08 17:31 社会医/歯学・公衆衛生 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: