> 呼吸器疾患と治療薬の組合せ:109医A4 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
疾患と治療薬の組合せについて
歯科レベルでも可能にて歯科カテゴリーに

109A4
疾患と治療薬の組合せで適切なのはどれか。

a 気管支喘息 ――― β遮断薬
b 肺高血圧症 ――― 抗コリン薬
c マイコプラズマ肺炎 ――― ペニシリン系抗菌薬
d ニューモシスチス肺炎 ――― 抗真菌薬
e アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 ――― 副腎皮質ステロイド


解答:MOREへ





スポンサーリンク


解答

疾患と治療薬の組合せで適切なのはどれか。

a 気管支喘息 ――― β遮断薬
b 肺高血圧症 ――― 抗コリン薬
c マイコプラズマ肺炎 ――― ペニシリン系抗菌薬
d ニューモシスチス肺炎 ――― 抗真菌薬
e アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 ――― 副腎皮質ステロイド


正解 e


解説

呼吸器疾患と、その治療薬との組み合わせを問うた問題です。
病態や原因微生物を意識することが大切です。

;選択肢考察
a 気管支喘息の治療薬は発作時と非発作時とで分ける必要があります。
発作時のKeyDrugは短時間作用型β刺激薬の吸入となります。
他には全身ステロイドの点滴注射が挙げられ、非発作時のステロイド吸入療法との区別が重要です。
なお、β遮断薬は気管支攣縮を誘発するので、気管支喘息に対する禁忌肢です。

b 肺高血圧症に対する治療薬は血管拡張薬が主となります。プ
ロスタサイクリンやエンドセリン受容体拮抗薬、ホスホジエステラーゼ-5阻害薬が該当し、肺血管拡張の作用があります。

c マイコプラズマ肺炎は非定型肺炎に属するため、βラクタム系の抗菌薬が無効です。
  教科書的には、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系が治療薬ですが、
  耐性が問題となっており、特にマクロライド耐性が臨床的には話題となっています。

d ニューモシスチスは真菌に分類されますが、治療では、抗真菌薬ではなくST合剤が第一選択となります。

e アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の病態は、アスペルギルスに対するアレルギー反応が主なので、
  副腎皮質ステロイドが奏功します。


解説:日経メディカル 1日1問 医師国試問題 から

関連記事
2017/09/08 06:00 呼吸:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: