FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1

51YHgIrhRZL__SX346_BO1,204,203,200_
アマゾンから

問題

(          ) necrosis is a form of cell death in which the tissue maintains a cheese-like appearance.
(          ) necrosis is encountered in the foci of tuberculosis infections,
and can also be caused by syphilis and certain fungi.

(  )に入るのはどれか、1つ選べ。

a fat
b aseptic
c caseous
d fibrinoid
e coagulative



解答:MOREへ





分かりやすいと評判のようです。
今、読むにはいいでしょ。



関連記事(一部広告含む)


解答

(    ) necrosis is a form of cell death in which the tissue maintains a cheese-like appearance.
(    ) necrosis is encountered in the foci of tuberculosis infections,
and can also be caused by syphilis and certain fungi.

(  )に入るのはどれか、1つ選べ。

a fat
b aseptic
c caseous
d fibrinoid
e coagulative

(英文:Wikipediaから引用改編)

正解 c


乾酪壊死にて正解はc

乾酪壊死( caseous necrosis)は生物組織の壊死の一形態。
肉眼的にチーズ(乾酪)のような外観を呈することから名づけられている。

この組織はやわらかく白いタンパク質に富んだ死細胞の塊である。
乾酪壊死内部では組織学的な構造はなくなっている。
ヘマトキシリン・エオシン染色による標本を顕微鏡で見ると、
壊死部分は細胞構造のないピンク色(タンパク質が多いことを意味する)の領域として見え、
その周囲をラングハンス巨細胞などの肉芽腫性炎症組織が取り囲んでいるのがわかる。
乾酪壊死はしばしば結核と関連している。
(Wikipedia から 引用)

乾酪壊死

ミクロ像(HE強拡大):乾酪壊死(円)の周囲には類円形核と豊富な細胞質を有した組織球がある。
これらの組織球は上皮細胞に似ていることから類上皮細胞(矢頭)と呼ばれる。
組織球が多核化し、核が偏在するLanghans型巨細胞(矢印)も散在性に認められる。
(病理コア画像http://pathology.or.jp/corepictures2010/02/c02/03.html から)

a fat necrosis
膵炎によって生じるlipase などの脂肪分解酵素によって生じる。

b aseptic necrosis
感染などによらない無腐性壊死。
avascular necrosisとほぼ同義語。
血管障害など、酸素や栄養補給の停止によって起こるもの。

d fibrinoid necrosis
免疫が関与する血管障害により生じる特殊なもの。

190801.gif

結節性多発性動脈炎(polyarteritis nodosa, PN)、SLEなどの膠原病に認められる、
細小動脈中膜のフィブリノイド壊死を伴う血管炎である。
中央の赤く見えるのがフィブリノイド壊死により変形した細動脈壁である。
ここに血栓が形成されることが多い。
http://www.jichi.ac.jp/usr/path/atlas/docs/190801.html

e coagulative necrosis
細胞の蛋白質が変性(凝固)するタイプの壊死。
心筋・腎臓・副腎・脾臓などの解剖学的終末動脈支配を受けている臓器での急性虚血性壊死でみられる。

関連記事
2018/02/12 13:36 医学英語 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: