> ビタミン欠乏:107医D1 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
医師国家試験過去問データベース から


107D1
ビタミンB1欠乏と関連が深いのはどれか。

a  ペラグラ
b  Leigh脳症
c  Korsakoff症候群
d  橋中心髄鞘崩壊症
e  亜急性脊髄連合変性症



関連記事:

栄養障害、ビタミン欠乏

Intrinsic factor (NBDE Part1)

ビタミンK欠乏 (NBDE Part1)




解答:MOREへ


スポンサーリンク


解答

ビタミンB1欠乏と関連が深いのはどれか。

a  ペラグラ
b  Leigh脳症
c  Korsakoff症候群
d  橋中心髄鞘崩壊症
e  亜急性脊髄連合変性症


解答: c

107D1の解説
a ペラグラはビタミンB3(ナイアシン・ニコチン酸)の欠乏と関連する。

以下Wikipediaから:
ペラグラは、ナイアシン不足に加えて日光に当たることによって発症する。
まず光線過敏症が生じ、顔に左右対称の赤い発疹が出る。

その後、消化管全体が侵されて吐き気、嘔吐、便秘、下痢などの症状が現れ、
舌と口に口内炎が生じる。また、喉や食道にも炎症が起こる。

その後、疲労、不眠、無感情を経て、
脳の機能不全(脳症)による錯乱、
見当識の喪失、幻覚、健忘などが起こり、最悪の場合死に至る。


b Leigh脳症はミトコンドリア異常症の1つである。


c 正しい。
Korsakoff症候群はビタミンB1の欠乏と関連する。


d 橋中心髄鞘崩壊症は低ナトリウム血症を急速補正した際にみられる。

電解質補正後の問題

参照


e 亜急性脊髄連合変性症はビタミンB12の欠乏と関連する。

以下はWikipediaから抜粋

ビタミンB12欠乏症によって脊髄の後柱及び側柱の変性が生じる疾患である。
悪性貧血に伴って発生することが多い。

病理学的所見として、
後柱及び側柱のミエリン鞘がまだら状に失われていくことによる亜急性・連合性の変性が認められる。
患者の症状として、次第に悪化する手足、胴体の脱力とヒリヒリ感、しびれ感が認められる。
左右の痙性麻痺が発生し、圧覚、振動覚、触覚が失われていく。
バビンスキー反射が陽性となる。
長期のビタミンB12欠乏症は、神経系に不可逆の障害をもたらす。





関連記事
2017/10/12 21:50 代謝・内分泌 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: