> 基本的事項:検査、症候 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ から

基本的な事項の質問をしてみる その1-4
を項目別に並び変えたものです。

まずは、検査、症候 について



1)CKに関して
  ①CKはどのような反応を触媒する酵素か??
  ②CK-MBはどこに存在するか??

2) ASTとALTで、肝特異性があるのはどちらか??

3) 心音(Ⅰ音、Ⅱ音)について説明しろ!


解説:MOREへ

スポンサーリンク


解説


1)CKに関して

①CKはどのような反応を触媒する酵素か??

CKは、クレアチンリン酸とクレアチンの反応を触媒する酵素
そのときに共役反応としてADPからATPへの反応が起こります。
このATPは、高エネルギーリン酸ですので、エネルギーを供給するうえで非常に重要な酵素です。
特にCKが多く含まれるのは筋肉で、筋肉の収縮時のエネルギー供給に関しては
非常に大きな役割を果たしています。

(従来は、クレアチンホスフォキナーゼ(CPK)と言っていましたけれども、今はクレアチンキナーゼ、
CKが一般的に使われるようになってきました。医師国家試験でも今はCPKではなくて、CKという表示になっています。)

運動とCPK
http://www.kyorin-pharm.co.jp/prodinfo/useful/doctorsalon/upload_docs/170361-1-33.pdf#search=%27CK%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E5%8F%8D%E5%BF%9C%E3%82%92%E8%A7%A6%E5%AA%92%E3%81%99%E3%82%8B%E9%85%B5%E7%B4%A0%E3%81%8B%27
より


②CK-MBはどこに存在するか??

CK(CPK)は、転移酵素の一つで、呼格筋に最も多く含まれ、次いで心筋、脳などに多く含まれます。

また、CKには細胞内局在の異なるアイソザイムが存在します。
日常検査で測定される血清CKのアイソザイムにはCK-BB、CK-MB、CK-MMの3種類の存在が知られています。

これらのアイソザイムは臓器特異性が比較的高く、

CK-BB:主に脳、子宮、腸管に、
CK-MB:心筋に特異性が高い
CK-MM:骨格筋に多量に存在 
しますが臓器特異性は乏しいです。

http://www.falco.co.jp/rinsyo/detail/060056.html から

参考記事:

アイソザイム:110歯C88改題



2) ASTとALTで、肝特異性があるのはどちらか??

ALTとASTは、肝臓実質組織の障害をみる検査である。
本来細胞内にあるべき酵素が、炎症などにより細胞が破壊されて血液中に流れだすことを、逸脱酵素という。
血中の逸脱酵素の上昇は、体内で細胞が壊れていることを現している。

AST(aspartate transaminase)は、以前はGOT(glutamic oxaloacetic transaminase)と呼ばれていた。
肝臓、心筋、骨格筋、赤血球などに存在するので、肝特異的性は低い。

一方、
ALT(alanine transaminase)は、以前はGPT(glutamic pyruvic transaminase)と呼ばれていた。
主に肝臓に存在するので、肝特異性が高い


管理栄養士 過去問28-32 
血液検査に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。
(1)HbA1cは、過去1~2週間の血糖値を反映する。
(2)CRP(C反応性たんぱく質)は、炎症の指標として利用される。
(3)PSAは、胃がんの腫蕩マーカーである。
(4)ALTは、ASTより肝特異性が高い。
(5)血清アルブミン値は、ネフローゼ症候群で上昇する。

管理栄養士国家試験徹底解説
http://diet2005.exblog.jp/22740547/
参照

上記説明、参考問題ともに 上記サイト から


3) 心音(Ⅰ音、Ⅱ音)について説明しろ!

「心臓」は
「房室弁の閉鎖⇒収縮期⇒動脈弁閉鎖⇒拡張期」
という動きを繰り返している。

「Ⅰ音」⇒房室弁(僧帽弁と三尖弁)の閉じる音で、収縮期の初めにきこえる。
心室が収縮する時に房室弁が閉じ、血流が突然遮断されることに起因し発生するさまざまな要因の音。
ドックンと言う擬音語のドッに相当する。

「Ⅱ音」⇒動脈弁(大動脈弁と肺動脈弁)の閉じる音で、収縮期の終わりにきこえる。
心室が拡張する時に動脈弁が閉じる音。
ドックンと言う擬音語のクンに相当する。

Yahoo 知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10108338895?__ysp=5b%2BD6Z%2Bz77yI4oWg6Z%2Bz44CB4oWh6Z%2Bz77yJ  から

関連記事
2017/10/29 18:47 症候学・内科全般:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: