様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
109F30

72歳の男性。意識障害のため搬入された。
現病歴:1週前から咳と痰とがみられた。
次第に元気がなくなり、
今朝から家族が呼びかけても反応が悪くなったため救急搬送された。

既往歴:10歳で虫垂炎。25年前から高血圧症で治療中。
生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
家族歴:父親が心筋梗塞のため83歳で死亡。
現症:
意識レベルはJCSI-3。
身長173cm、体重58kg。
体温38.2℃。脈拍112/分(微弱)、整。血圧86/64mmHg。呼吸数30/分。
SpO2 94%(マスク4 L/分 酸素投与下)。
眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。
甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。
心音に異常を認めない。
右の背下部にcoarse crackles を聴取する。
腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
顔面と四肢とに麻痺を認めない。
腱反射に異常を認めない。
四肢に浮腫を認めない。
排尿がないため尿検査は実施していない。

まず行うべき治療はどれか。

1 アトロピンの急速静注
2 アドレナリンの急速静注
3 ジゴキシンの急速静注
4 生理食塩液の急速輸液
5 副腎皮質ステロイドの急速静注


解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)


解答


72歳の男性。意識障害のため搬入された。
現病歴:1週前から咳と痰とがみられた。
次第に元気がなくなり、
今朝から家族が呼びかけても反応が悪くなったため救急搬送された。

既往歴:10歳で虫垂炎。25年前から高血圧症で治療中。
生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
家族歴:父親が心筋梗塞のため83歳で死亡。
現症:
意識レベルはJCSI-3。
身長173cm、体重58kg。
体温38.2℃。脈拍112/分(微弱)、整。血圧86/64mmHg。呼吸数30/分。
SpO2 94%(マスク4 L/分 酸素投与下)。
眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。
甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。
心音に異常を認めない。
右の背下部にcoarse crackles を聴取する。
腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
顔面と四肢とに麻痺を認めない。
腱反射に異常を認めない。
四肢に浮腫を認めない。
排尿がないため尿検査は実施していない。

まず行うべき治療はどれか。

1 アトロピンの急速静注
2 アドレナリンの急速静注
3 ジゴキシンの急速静注
4 生理食塩液の急速輸液
5 副腎皮質ステロイドの急速静注

正解 4

解説

72歳男性の発熱、湿性咳嗽、意識障害の症例です。
1週間前から咳嗽・痰があり、今朝からの意識障害があったため、救急搬送されたという病歴です。

JCSI-3、呼吸数 30/分、酸素需要は酸素マスク 4L/分、SpO2 94%であり、
右背下部にcoarse cracklesを聴取していることから、肺炎を疑います。
これから画像検査に行くことになります。

頻脈・血圧低下があり、かつ乏尿の状態なので血管内脱水を考え、細胞外液の補充が第一手として適切です。


<選択肢考察>

1 アトロピンの急速静注
アトロピンは徐脈の対症療法で用いることがありますが、本症例は頻脈であり、適応はありません。

2 アドレナリンの急速静注
アドレナリンの急速静注は心肺停止の蘇生時に行われます。
一方、ノルアドレナリンの持続静注であれば、輸液に反応しなかった場合の治療オプションに成り得ます。

3 ジゴキシンの急速静注
ジゴキシンは古典的な薬剤ですが、近年ではrate controlに用いられることが主流です。
強心作用というよりは、頻脈を抑える目的で使用されることが多いです。

4 生理食塩液の急速輸液
上述の通り、細胞外液を急速に輸液することで血管内volumeの確保を図ります。

5 副腎皮質ステロイドの急速静注
副腎不全による血圧低下ないしショックでは副腎皮質ステロイドがkey medicineに成り得ます。


解説:日経メディカル 1日1問 医師国試 から改編


肺音異常のイラスト
Adventitious-Breath-Sounds.jpg 

https://medcomic.com/medcomic/adventitious-breath-sounds/

関連記事
2017/11/12 18:39 総合診療・救急・症候学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: