様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
医師国家試験過去問データベース から引用改編


110D41
75歳の女性。
物忘れを主訴に夫に連れられて来院した。
2年前から物忘れが目立つようになり、
何度も同じことを尋ねるようになった。
買い物で同じ物を買ってくることがあり、
そのことを指摘しても適当にはぐらかすようになった。
また料理も簡単なものしか作らなくなり、
心配した夫に連れられて受診した。
大学卒業後、市役所に勤務し、60歳で定年退職した。
その後、地域の婦人会活動を活発に行っていたが、
最近は外出することがほとんどない。
既往歴に特記すべきことはない。
診察時、疎通性は比較的良好であるが、時間と場所の見当識障害がみられる。
改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)は11点(30点満点)である。
その他の神経学的所見に異常を認めない。
血液生化学所見に異常を認めない。
頭部MRIで両側海馬の萎縮を認める。
この患者に対する治療薬として適切なのはどれか。

a ドパミン受容体遮断薬
b アセチルコリン受容体遮断薬
c アセチルコリンエステラーゼ阻害薬
d 選択的セロトニン再取り込み阻害薬〈SSRI〉
e セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬〈SNRI〉


解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)


解答

75歳の女性。
物忘れを主訴に夫に連れられて来院した。
2年前から物忘れが目立つようになり、何度も同じことを尋ねるようになった。
買い物で同じ物を買ってくることがあり、そのことを指摘しても適当にはぐらかすようになった
また料理も簡単なものしか作らなくなり、心配した夫に連れられて受診した。
大学卒業後、市役所に勤務し、60歳で定年退職した。
その後、地域の婦人会活動を活発に行っていたが、最近は外出することがほとんどない。
既往歴に特記すべきことはない。
診察時、疎通性は比較的良好であるが、時間と場所の見当識障害がみられる。
改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)は11点(30点満点)である。
その他の神経学的所見に異常を認めない。
血液生化学所見に異常を認めない。
頭部MRIで両側海馬の萎縮を認める。
この患者に対する治療薬として適切なのはどれか。

a ドパミン受容体遮断薬
b アセチルコリン受容体遮断薬
c アセチルコリンエステラーゼ阻害薬
d 選択的セロトニン再取り込み阻害薬〈SSRI〉
e セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬〈SNRI〉



解答: c

110D41の解説

物忘れ、改訂長谷川式11点、両側海馬の萎縮、等からAlzheimer型認知症を考える。
HDS-R:20・以下は認知症の疑い


a ドパミン受容体遮断薬
統合失調症に用いる。

b アセチルコリン受容体遮断薬
作用機序的にcと逆である。病態はむしろ悪化する。

c アセチルコリンエステラーゼ阻害薬
正しい
Alzheimer型認知症の代表的治療薬である塩酸ドネペジルはアセチルコリンエステラーゼ阻害薬である。

d 選択的セロトニン再取り込み阻害薬〈SSRI〉
e セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬〈SNRI〉

deは、うつ病や双極性障害等に用いる。


正答率:80.0%

関連記事
2017/11/14 21:31 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: