FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
emergency careに関する問題。
歯科でも出るレベルではあります。


109F11
咽頭痛、喘鳴および呼吸困難を訴える成人が救急外来を受診した際に、
バイタルサインを確認しながらまず準備するのはどれか。

a 気管挿管
b 抗菌薬投与
c 動脈血採血
d 鎮痛薬投与
e 胸部エックス線撮影



解答:MOREへ





関連記事(一部広告含む)


解答


咽頭痛、喘鳴および呼吸困難を訴える成人が救急外来を受診した際に、
バイタルサインを確認しながらまず準備するのはどれか。

1 気管挿管
2 抗菌薬投与
3 動脈血採血
4 鎮痛薬投与
5 胸部エックス線撮影


正解 a


解説

「まず準備するのはどれか」という切り口に注目しましょう。 
ここでは「すぐ実施に移れるように物品・人員を用意する」と捉えます。

今、この時点で行うことではなく、必要に迫られたら
いつでも実行できるように準備しておく事項が正解となります。

成人の咽頭痛、喘鳴、呼吸困難という情報を得た時点で、中枢性の気道閉塞を想起します。 
異物やアナフィラキシー、急性喉頭蓋炎といった生命の危機を脅かす病態が含まれているからです。 

緊急性を考えるにはABCの評価から始めます。
すなわち、Airway(気道)、Breathing(呼吸)、Circulation(循環)をその順に評価します。


<選択肢考察>


a 気管挿管
上述の通り、まずは気道の評価・確保が最優先されます。
今後病状が悪くなり、気道閉塞が考えられるのであれば、
気管挿管、輪状甲状間膜切開、気管切開といった気道確保の手技について準備しておくことが重要です。

b 抗菌薬投与
抗菌薬投与が緊急を要するのは重症感染症(特に細菌性髄膜炎)のケースです。
この患者が、抗菌薬での治療が有効な急性喉頭蓋炎だったとしても、
抗菌薬投与が気道確保より優先されることはありません。

c 動脈血採血
動脈血採血では、酸素化、換気、酸塩基平衡異常、
その他の項目(Hb、Lac、電解質、CO-Hb等)の評価が可能となりますが、
やはり気道確保に優先される項目は見当たりません。
間接的に気道閉塞の結果としての所見を拾い上げることはできるかもしれませんが、
気道閉塞の解除は当然行えません。

d 鎮痛薬投与
安直な対症療法は、根本的な解決につながらないどころか、
病態が増悪したというサインを打ち消し診断を遅らせてしまう可能性があります。

e 胸部エックス線撮影
選択肢cと同様、診断のヒントとなる所見を得る可能性がありますが、
気道確保に直接寄与しないので不適です。


解説:日経メディカル 1日1問 医師国試 から改編

関連記事
2017/11/16 22:23 総合診療・救急・症候学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: