FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
m3ccomクイズ(2017年11月17日 配信)を改編

問題

24歳、女性。
顔面、手掌、足底を含めて全身に痒みを伴う皮疹が出現した。
金属パッチテストでニッケル、クロム、コバルトが陽性を示したため、
全身型金属アレルギーと考え、歯科金属の換装を行う予定である。
患者によると“あるビタミン剤”を投与されているという。
本症の発症誘因となる可能性があるビタミン剤はどれか?

A ビタミンB2剤
B ビタミンB6剤
C ビタミンB12剤
D ビタミンC剤
E ビタミンE剤



解答:MOREへ




関連記事(一部広告含む)


解答

24歳、女性。
顔面、手掌、足底を含めて全身に痒みを伴う皮疹が出現した。
金属パッチテストでニッケル、クロム、コバルトが陽性を示したため、
全身型金属アレルギーと考え、歯科金属の換装を行う予定である。
患者によると“あるビタミン剤”を投与されているという。
本症の発症誘因となる可能性があるビタミン剤はどれか?

A ビタミンB2剤
B ビタミンB6剤
C ビタミンB12剤
D ビタミンC剤
E ビタミンE剤

<答えと解説>
正解 C「ビタミンB12剤」

全身型金属アレルギーは、金属が生体内に吸収されることにより種々の皮膚症状を生じる。
本例のように亜急性痒疹、汗疱様湿疹のほか、多形慢性痒疹、貨幣状湿疹、偽アトピー性皮膚炎、
掌蹠膿疱症、扁平苔癬、紅皮症などがある。

本疾患は、原因となる金属の摂取を制限することにより軽快するため、
金属パッチテストにより原因となる金属をある程度絞り込み、
疑われる金属の摂取を制限するよう患者指導を行うことが重要である。

本疾患の原因となる金属の摂取ルートは、主に歯科金属と食品である。
本例の金属パッチテストで陽性を示したニッケルとコバルトは歯科金属に含まれていることが多いため、
歯科医と相談のうえ換装を進めた結果、皮疹は軽快し再燃はみられない。

多くの食品中に金属が含まれているため嗜好品があるようであれば患者指導が必要である。
ニッケル(缶詰、牡蠣、緑黄色野菜、ココア、チョコレート、紅茶、ナッツ類、豆類、海苔など)、
クロム(海藻、魚介類、肉類、玉葱、紅茶、ココア、チョコレートなど)、
コバルト(キャベツ、レバー、ビール、香辛料、貝類、チョコレート、ココア、豆類、ナッツ類など)
と多岐にわたる。

全身型金属アレルギーに関連のあるビタミン剤として、
ビタミンB12剤を念頭に
置いておく。

ビタミンB12剤であるメコバラミン(商品名:メチコバール)には、
“コバ”から連想されるように金属の“コバルト”が含有されており、
全身型金属(コバルト)アレルギーを生じ得るからである。



関連記事
2017/11/18 19:54 口腔外科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: