様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
109G41
84歳の女性。
息苦しさと発熱とを主訴に家族に伴われて無床診療所に来院した。
昨夜から元気がなかった。
今朝から息苦しさと発熱とが出現したため受診した。
5年前と2年前とに脳梗塞を発症し、
要介護2と認定され訪問診療と訪問介護とを受けている。
1日のほとんどを自宅内で過ごしており、排泄、
入浴および着替えには一部介助が必要である。
最近は食事のときにむせることが多くなった。
体温38.6℃。脈拍104/分、整。血圧88/54mmHg。
呼吸数22/分。SpO2 89%(room air)。
口腔内と皮膚とは乾燥し、右前胸部にcoarse crackles を聴取する。
まず行うべき対応として正しいのはどれか。

a  胃瘻を造設する。
b  在宅で点滴治療を開始する。
c  適切な食事形態を指導する。
d  地域医療支援病院へ紹介する。
e  地域包括支援センターに連絡する。



解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答

84歳の女性。
息苦しさと発熱とを主訴に家族に伴われて無床診療所に来院した。
昨夜から元気がなかった。
今朝から息苦しさと発熱とが出現したため受診した。
5年前と2年前とに脳梗塞を発症し、
要介護2と認定され訪問診療と訪問介護とを受けている。
1日のほとんどを自宅内で過ごしており、排泄、
入浴および着替えには一部介助が必要である。
最近は食事のときにむせることが多くなった。
体温38.6℃。脈拍104/分、整。血圧88/54mmHg。
呼吸数22/分。SpO2 89%(room air)。
口腔内と皮膚とは乾燥し、右前胸部にcoarse crackles を聴取する。
まず行うべき対応として正しいのはどれか。

a  胃瘻を造設する。
b  在宅で点滴治療を開始する。
c  適切な食事形態を指導する。
d  地域医療支援病院へ紹介する。
e  地域包括支援センターに連絡する。

正解  d


解説

来院前日の夜から活気が乏しくなり、呼吸苦・発熱を主訴に来院した84歳女性の症例です。
この患者に、無床診療所の医師としてどのように対応するかが問われています。

2回の脳梗塞の既往歴があり、
最近は食事のときにむせ込みを指摘されています。

呼吸器症状から肺炎が疑わしく、特に誤嚥性肺炎を積極的に考えるケースです。

A-DROP(肺炎の重症度分類)では、
年齢、脱水、呼吸、血圧の4項目を満たしており、
入院加療の適応となります。


A-DROPとは5つのチェック項目の頭文字をつなげたものであり、
スコア0を軽症(外来治療)、
1~2を中程度(外来または入院治療)、
3を重症(入院治療)、
4~5を超重症(ICU治療)
として推奨される治療環境を簡便に判断できるようにしています。

日経メデイカル 1日1問医師国試 からの解説

A-DROPシステム

A(Age):男性70歳以上、女性75歳以上
D(Dehydration):BUN 21mg/dl以上または脱水あり
R(Respiration):SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下)
O(Orientation):意識障害あり
P(Pressure):血圧(収縮期)90mmHg以下
---------------------------------------------
軽症:上記指標のいずれも満足しないもの
中等度:上記指標の1つまたは2つを有するもの
重症:上記指標の3つ以上を有するもの。
ただし意識障害・ショックがあれば1項目のみでも重症とする
超重症:上記指標の4つまたは5つを有するもの

http://www.kensin-kensa.com/archives/cat31/_cap_a-drop/ から


関連記事
2017/11/22 06:00 総合診療・救急・症候学 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: