FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
USMLE Step 1 Qbank
https://www.medbullets.com/step1-oncology/10054/colorectal-cancer-crc から

英語というだけで、簡単な問題

Question

A 72-year-old male visits his gastroenterologist for a check-up one year
following resection of a 2-cm malignant lesion in his sigmoid colon.
Serum levels of which of the following can be used in this patient
to test for cancer recurrence?

1. Alpha-fetoprotein
2. Carcinoembryonic antigen
3. Cancer antigen 125 (CA-125)
4. Gamma glutamyl transferase
5. CA-19-9 tumor marker


解答:MOREへ



関連記事(一部広告含む)


Answer

A 72-year-old male visits his gastroenterologist for a check-up one year
following resection of a 2-cm malignant lesion in his sigmoid colon.
Serum levels of which of the following can be used in this patient
to test for cancer recurrence?

S状結腸に生じた2cm長の悪性腫瘍切除後、1年に一度胃腸科を受診している72歳の男性。
本患者において、癌の再発を調べるために適した血液検査の指標はどれか?

1. Alpha-fetoprotein
2. Carcinoembryonic antigen
3. Cancer antigen 125 (CA-125)
4. Gamma glutamyl transferase
5. CA-19-9 tumor marker


正解 2 CEA


colon_cancer.jpg 
本患者の摘出病理標本:2箇所にポリープと1か所に進行癌を認めた。



間違い選択肢について

1. Alpha-fetoprotein
AFPは肝がんのマーカー

3. Cancer antigen 125 (CA-125)
卵巣腫瘍の治療のたまえのマーカー

4. Gamma glutamyl transferase (γ-GTP)
胆道の閉塞やアルコール肝障害のマーカー
肝細胞においてよく評価される。

5. CA-19-9 tumor marker
膵がんのマーカー

関連記事
2017/12/28 22:41 消化管・肝胆膵 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: